期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

山名敦子ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

アマンで癒されたい!

2016年02月29日

ルアンパバン・アマンタカ(提供:アマン)

最近、個人旅行だけでなくアジア方面全般を担当することになり、
世界のセレブさま御用達のリゾート、アマンにご宿泊いただくコースを拡充させていただきました。

グランドツアーで行くアマン宿泊ツアーといえば、世界遺産の街ゴールの"アマンガラ"に宿泊するスリランカ!
2名様でご出発いただける「ザ・グランシェルジュ」もございます。

【スリランカ】
添乗員同行コース:
憧れの"アマンリゾーツ"に泊まる スリランカ夢紀行 8日間
2名催行 ザ・グランシェルジュ
憧れの"アマンリゾーツ"に泊まる スリランカ 8日間

そして、今回追加で発表したのは、人気のアンコール遺跡群をめぐるツアーと、のどかな雰囲気がすてきな世界遺産の街・ラオスのルアンパバンに滞在する2コースです。
これらは、いずれも「ザ・グランシェルジュ」シリーズですので、お好きなときに出発可能!
ご希望により、旅程のアレンジも承りますので、お気軽にお問い合せください。

【アンコール遺跡群】
"アマンサラ"に宿泊し優雅に愉しむアンコール遺跡めぐり 6日間

【ルアンパバン】
"アマンタカ"に3連泊し古都ルアンパバンを愉しむラオス 6日間

さて・・・、アマンって何?という方には、お勧めのランチ会があるんです!
詳しくは、下記リンク先をご覧ください。
【好評につき追加設定】アマン東京で開催!8名様限定の特別ランチ会

先週、第一回が大好評で終了したこちら、3月9日(水)開催で残席わずかです。
都内の高層ビルの上とは思えない空間で、優雅なランチをお召し上がりつつ、旅行のお話で盛り上がりましょう。
お申し込み、お問い合せ、お待ちしております!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山名敦子 ( 2016年02月29日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

過去からの手紙 ~インド編~

2014年03月28日

ガンジス河の沐浴風景、これは変わらないはず(撮影:柏木)

旅行業界に入る人は少なからず旅行好きで、就職前にも旅行を楽しんでいた人が多いのではないかと思います。
ご多分にもれず、私もその1人。

先日、実家で母の机周りを漁っていたら、2枚の絵はがきが出てきました。
大学時代、長期休暇のたびに格安航空券(このことばも最近あまり聞かなくなりましたね)を買って旅行をしていた私が、両親に送ったはがきです。

1枚は南アフリカから(「喜望峰にて投函」と書いてあります)、もう1枚はインドの聖地・ベナレスから送ったもの。
小さな文字で長々と旅の報告をしていました。

われながらおもしろかったので、ちょっと抜粋してここに書いてみようと思います。

(略)
ここはそういう場所柄ツーリストが多く、日本語もあちこちで聞かれますが、とりあえずツーリスト向けの安くておいしいレストランがあるのでインド料理で疲れた胃には嬉しいです。
泊まっているゲストハウスはガンジス河に面しているので眺めがすばらしいです。
明日の朝ネパールのポカラに向けて発ちます。
ネパールではインド料理だけでなくチベット料理も食べられるようなで嬉しいです。
(略)
電話代=1日の生活費くらいなので多分もう帰国までかけません。

食べ物の話ばかり、そしてなんという親不孝!
当時は携帯電話も今ほど発達しておらず(もちろんスマートフォンもなんてものもなく)、インターネットカフェも多くはなく、インドではいわゆる公衆電話屋さんが全盛。
物価も安かったので、電話する分を宿代に・・・、食事代に・・・、なんて考えていました。

若かった私。こんな手紙が届いたら、母は相当心配しただろうなぁ。
年を取っても、旅するココロは忘れずにいたいな、と思います。

あ、南ア編は別の機会に。

これがその絵はがき。インドらしくミニアチュールです。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山名敦子 ( 2014年03月28日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

かわいい子には・・・

2014年01月16日

昨年、年に一度のお休みをいただいたことを前のブログに書きました。
今年度もまもなく、今月末にお休みをいただく予定です。

2010年秋から添乗をお休みしている私、毎日海外旅行の仕事をしていれば欲求不満になるというもの。
ついでにブログのネタ探しにも苦労しております。

旅先はネパール。
目的は、譲り受けたベビーキャリア(スイスなどでご覧になったことがある方もいらっしゃるかも・・・ザックの上に子どもを乗せることができるいわゆる背負子です)を使うこと。

プライベートでも添乗でも訪れたことのある国で、企画手配には断続的に携わっていますが、久しぶりの訪問。
今からとても楽しみにしています。

マチャプチャレ(撮影:佐藤)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 山名敦子 ( 2014年01月16日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

山名敦子

(やまなあつこ)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

山名敦子 プロフィール

お伺いしたお客様の好みやご要望を最適なカタチに組み立て、ご案内するのが得意。幅広い知識を生かし、中南米・アフリカ・アジア・中近東方面の個人旅行を担当する。東京郊外出身。

------------------------------
■添乗モットー
ご一緒したツアーでなくては得られないような経験をしてもらうこと。添乗先の雰囲気にどっぷり浸かるため、毎回大量の本を買い込んではノートを作るのも楽しみです。我が家の本棚、旅行図書館状態です。

■好きな国・地域
地域:南アジア、中近東 国:インド、ブータン、ナミビア

■趣味・特技
映画鑑賞、読書、ヨガ、茶道、ドライブ