グランドツアーを知る ツアーを探す イベント・旅行説明会 特集 お客様の声 旅達人ブログ お知らせ
ツアー責任者ブログ グランドツアーニュース マスコミ掲載 旅情報・リンク一覧 過去の更新情報
ホーム > お知らせ >

マスコミ掲載

 
マスコミ掲載

JTBグランドツアーはアクティブシニア世代を中心とした「豊かな時間を望むお客様の、価値ある時を創造する」ための「海外パッケージツアー」を造成および販売をしております。
「製販一体」にとことんこだわった、いわば旅行業の原点を追求する会社として、マスコミ各社に大変注目されております。
下記にて取材の一部をご紹介させていただきます。

入賞

2012年3月16日   メルコスール観光局のエコツーリズム賞を受賞しました。2008年度から4年連続受賞です。詳しくはこちら>>
2008年12月4日   メルコスール観光局のメルコスール(ブラジル・アルゼンチン・ウルグアイ・パラグアイ)ツーリズム賞にJTBグランドツアーが輝きました。詳しくはこちら>>
2007年12月28日   オーストラリア・ノーザン・テリトリー政府観光局のツアー・プランニング・コンテストでJTBグランドツアーが見事、最優秀賞に輝きました。受賞コースはこちら>> 受賞式の記事はこちら>>
2006年7月27日   「2006年度関空利用促進ツアーコンペ」にて、JTBグランドツアーの人気コース 「 ベビーラッシュとヌーの大移動のシーズンに行く ケニア・タンザニア、野生動物追跡とマサイ族との交流13日間」が優秀作品に選ばれました!
2006年3月9日   日経産業新聞にて 旅行商品としては唯一、「第一四半期新製品ランキング」で、5位に選ばれました。

テレビ・ラジオ

2012年9月21日
  テレビ東京「たけしの新・世界七不思議」にて、弊社の世界遺産ランキングが紹介されました。詳しくはこちらから。
2011年12月18日
  日本テレビ「シューイチ」にて、当社ツアー責任者・岩井がブータンツアーについてコメントしました。詳しくはこちらから。
2011年11月9日
  RKBラジオ「中西一清 スタミナラジオ」の「世界文学散歩」特集にて、当社ツアー責任者・岩井が取材を受けました。詳しくはこちらから。
2011年10月1日   日テレ「世界!弾丸トラベラー」にて、弊社の世界遺産ランキングが紹介されました!詳しくはこちらから。
2011年7月31日   TBSラジオ「旅ノチカラ」にて、弊社ツアー責任者・関根新吾が「イタリア古都めぐり 10日間」について紹介しました。詳しくはこちらから。
2010年4月21日
  bay fm「POWER BAY MORNING」にて、ラジオパーソナリティーの斉藤りささんによる弊社ツアー責任者・関根新吾のショートインタビューが放送されました。詳しくはこちらから。
2008年11月25日   フジテレビ「百識王」にて、トルコの温泉が紹介される際、添乗員ブログ「あっこの世界見聞録 空飛ぶ絨毯〜マジック・カーペット・ライド〜」の写真が使用されました。
2007年10月11日   テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」にて、当社表参道のオフィスで行われた、オーロラ旅行説明会の様子が紹介されました。詳しくはこちらから。
2007年4月11日   NHK「ゆうどきネットワーク」にて、中国・青蔵鉄道の特別旅行説明会の模様が紹介されました。
2007年1月17日   名古屋テレビ「どですか」の旬の話題や流行を紹介し、それがいくらするのかを検証する「どですかハウマッチ」というコーナーで当社のツアーが紹介されました。
2007年1月6日   フジテレビ「目覚まし土曜日」にて、「団塊世代の退職後」特集で「したいことNo2が旅行」というアンケート結果を受けて、アクティブシニアのお客様を中心とした海外旅行専門会社の当社が取り上げられました。「感動体験実現の旅」、「出発前アンケート」についてはこちらから。
2006年12月6日   チバテレビ「ニュースC−MASTER」で12/1に行われた「ギリシャ特別説明会」、「グランドツアーのセールスポイント」が放映されました。
2006年10月4日   10月4日放送の日本テレビ系「ズームインSUPER」にて、「団塊世代の旅行ビジネス」の特集でグランドツアーが取り上げられました。
2006年8月14日   関西テレビ「ニュースアンカー」にてグランドツアーのユニークな説明会が紹介されました。
2006年7月7日   ラジオ日本の「おはよう 鶴蒔靖夫です」に 当社JTBグランドツアー社長 田島幸郎が出演しました。会社のコンセプト、セールスポイント、おすすめのツアー「涙のアンコールワット」「森林ロッジに宿泊し、動物観察!マサイ族との交流とケニア4大国立公園巡り9日間」などインタビューされました。
2006年5月30日   フジテレビ「特ダネ」にて「団塊世代の動向」特集でグランドツアーの取り組みが紹介されました。
2006年4月8日   フジテレビ「めざまし土曜日」にて「マサイ族とバーベキューをする」という体験型企画として当社アフリカ商品が紹介されました。
2006年2月26日   NHK「経済羅針盤」にてJTBの今後の取り組みの一つとして、当社が団塊の世代へ新鮮な感動を与える旅を提供する会社として紹介されました。
2005年11月4日   テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」にて、活動的なアクティブシニア向け旅行会社が新規発足という内容で当社が紹介されました。

新聞

2013年12月8日   日経流通新聞にて、事前にきめ細かく要望を聞くなど、パッケージツアーと個人旅行の要素を備えたのが特徴と紹介されました。
2012年12月7日   日経流通新聞にて、ツアーの募集人数を最大15名とし、添乗員が参加者一人ひとりの要望に応えられるような旅行を提供する会社と紹介されました。
2012年11月29日   日経新聞朝刊にて、弊社の南米・アフリカツアーが紹介されました。
2012年11月10日   日本経済新聞朝刊、「達人のこだわり」コーナーにて、弊社ツアー責任者(添乗員)が紹介されました。詳しくはこちら>>
2012年7月3日   東京新聞・中日新聞朝刊にて、団塊の世代向けのこだわり海外旅行として、当社が紹介されました。
2012年5月17日   東京新聞・中日新聞朝刊にて、ツアー人数が最大でも15名であり、出発前アンケートで個別の要望を伝えることのできる旅行会社として掲載していただきました。詳しくはこちら>>
2012年4月26日
  日本経済新聞にて、お客様のご要望にお応えして誕生した「半日専用ガイドプラン」が紹介されました!
2012年2月24日
  日経流通新聞にて、従来型のツアーに満足していない団塊・シニア層を顧客対象にしている旅行会社として、当社が紹介されました。
2011年11月29日
  日本経済新聞夕刊にて、国王夫妻の来日によって注目を浴びたブータンの記事の中で、年末年始の当社のツアーが紹介されました。
2011年8月22日   日経流通新聞にて、グランドツアーの「オーロラ延泊プラン」が紹介されました。
2011年8月22日   読売新聞にて、「認定コンシェルジュ」が同行する「ハワイ」と「アジア」が紹介されました。
2011年8月16日   日本経済新聞にて、グランドツアーの「オーロラ延泊プラン」が紹介されました。
2009年4月8日   日本経済新聞にて、遺跡修復工事を見学するグランドツアーのカンボジアの商品が、海外の体験型ツアーとして紹介されました。
2008年12月4日   日経産業新聞にて、グランドツアーの2009年春からの海外旅行商品が紹介されました。
2008年10月18日  
フジサンケイビジネスアイにて、当社の環境配慮型商品(ニュージーランドのコース)が取り上げられました。
ニュージーランドのコースのパンフレット
2008年7月12日   日本経済新聞、快適な旅の「七つ道具」のコーナーで、当社ツアー責任者(添乗員)関根新吾のコメントが掲載されました。詳しくはこちら>>
2008年3月7日   毎日新聞・読売新聞・フジサンケイビジネスアイにて、「カーボンオフセット」型の海外旅行商品が取り上げられました。ニュースリリースについてはこちらから。
2008年1月19日   釧路新聞・福島民報にて、パッケージツアーの形は取りながら、できるだけ個人的な目的をかなえられるよう、プロのノウハウを提供するツアー会社として当社が紹介されました。
2007年12月14日   日本経済新聞夕刊にて、サンタクロースが登場した、当社のオーロラ旅行説明会の様子が取り上げられました。説明会の詳しい様子は「彩の酔いどれ添乗日記」で紹介しています。
2007年12月8日   日本経済新聞にて、ツアー責任者が旅行の申し込みから添乗までを担当し、中南米、中東、アフリカなど情報が少ない地域も充実している旅行会社として当社が紹介されました。詳しくはこちらから。
2007年12月3日   日経MJ(日本経済新聞)で、団塊の世代向けの海外パッケージツアーとして当社が紹介されました。詳しくはこちらから。
2007年7月18日   交通新聞にて、アクティブ層向けの新会社として当社が紹介されました。
2007年7月6日   日経流通新聞で、添乗中の体験談や企画中のこぼれ話を披露するブログとして「旅達人ブログ」が紹介されました。
2007年6月30日   朝日新聞にて、旅行通のシニアも満足させられる15人までの限定のコースとして、グランドツアーの旅行が紹介されました。
2007年6月21日   日刊工業新聞にて、出発前に利用客にアンケートを行い希望を事前に伺うなど、個人旅行の要素を取り入れた団体旅行を提供しているとして当社が紹介されました。記事に掲載された「8つの世界遺産をすべてまわるチュニジアのツアー」「南米大陸7,000キロを縦断するツアー」はこちらから。
2007年6月16日   日刊ゲンダイにて、お客様1人に添乗員が1人でも催行されるツアーを発表したとして、当社の「一組限定ツアー」が紹介されました。
2007年5月5日   日刊工業新聞にて、「一組限定ツアー」が「業界初!添乗員同行1人でも催行ツアー」と紹介されました。団塊の世代のための『秘境の旅など「個性」を競う 』とし、パプアニューギニアマダガスカルブータンチベットが紹介されました。
2007年4月27日   日経MJ(日経流通新聞)にて、『団塊向け旅行「グランドツアー」が人気』と紹介されました。グランドツアーの取り組み、特徴「ツアー責任者体制」「出発前アンケート」等も詳しく紹介。記事に掲載された人気のトルコのコースはこちらから。
2007年4月18日   日経MJ(日経流通新聞)にて、募集を先着1組に限定した、「参加者が1人でも催行する添乗同行商品」を発表したとして、当社が紹介されました。
2007年4月15日   毎日新聞にて、「団塊の世代」を主なターゲットとした、「参加者が1人でもいれば実施する添乗員同行のツアー」を発表したと紹介されました。
2007年4月11日   日経産業新聞にて、業界初の「催行中止なし・添乗員同行商品」を発表したとしてグランドツアーが紹介されました。
2007年3月22日   日本経済新聞にて、グランドツアーのこだわりの旅にご参加いただいたお客様の体験談と「最大募集人員15名様限定」をはじめとする特徴が掲載されました。
2007年1月30日   日経産業新聞の「我が社の価格戦略」で、当社の企画担当マネージャー清水がインタビューを受けました。ツアー責任者制度、直販体制、JTBインフラ利用等による経費削減の仕組みと、最大募集15名や出発前アンケートで実現する、満足度の高い旅行についてご案内しています。
2006年10月11日   毎日新聞にて「量より質」、残すと「もったいない」「罪悪感」対策としてお食事の量を控えめに調節できるJTBグランドツアーの「お食事安心サービス」が紹介されました。
2006年10月6日   日経流通新聞にて旅行企画から添乗まで一貫体制でおこなうグランドツアーの特徴、良い点について紹介されました。
2006年9月23日   産経新聞にてサハラ砂漠でのテント宿泊、地元民との交流など、「専門性の高い目的地を対象にしたツアー」を企画する旅行会社としてJTBグランドツアーが紹介されました。
2006年8月14日   日経MJ(流通新聞)にて 少人数でもご出発!「ご出発バックアッププラン」が紹介されました。
2006年8月10日   日刊工業新聞にて JTBグランドツアー「旅達人ブログ」が紹介されました。
2006年7月27日   日刊工業新聞にて 「団塊≠フこだわり 旅に」というテーマでJTBグランドツアーのユニークな説明会、取り組み、特徴が紹介されました。
2006年6月23日   日経MJ(流通新聞)にて 「団塊向け旅行企画の勘所」と題してJTBグランドツアーの「他社との違い」が紹介されました。
2006年6月13日   日本経済新聞にて 「団塊世代旅行需要取り組み」というテーマで、JTBグランドツアーが紹介されました。
2006年6月30日   朝日新聞にて 「人気の旅」として、モーツァルト生誕250周年に沸くウィーンの一都市滞在コース「最高級ホテル「グランドホテル・ウィーン」に5連泊!華麗なる都ウィーンの小路散歩7日間」のが紹介されました。
2006年6月2日   日経産業新聞にて シニア向け海外旅行市場の動向についての、当社JTBグランドツアー社長 田島へのインタビュー記事が掲載されました。
2006年5月17日   日経MJ(流通新聞)にて 「涙のアンコールワット」と題し、水の都アンコールワットが本当の美しさを見せる雨期の魅力に迫る新しい切り口のツアーという内容で、「神秘の遺跡アンコールワット探訪9日間」が紹介されました。
2006年4月26日   日経MJ(流通新聞)にて 分社化するJTBグループの中で、顧客層別マーケティングで成果を上げている企業ということでグランドツアーが紹介されました。
2006年3月9日   日経産業新聞にて 旅行商品としては唯一、「第一四半期新製品ランキング」で、5位に選ばれました。

雑誌

2010年3月4日
  先日、TOTOさんの社内報に弊社龍谷のインタビュー記事が掲載されました。詳しくはこちら>>
2008年8月20日   「eyeco(アイコ)」にて、当社のコース、個人向け「CO2オフセット(相殺)」海外旅行 赤道直下の楽園ガラパゴス諸島探訪の旅 8日間 が紹介されました。
2008年3月14日   「Quality life (クオリティ・ライフ)no.1」にて、当社のコースが紹介されました。詳しくはこちら>>
2007年7月19日   DIME 8/7号にて、JTBグループで最も注目されている会社としてJTBグランドツアーが紹介されました。掲載された南米周遊12日間青蔵鉄道とラサ探訪9日間ギアナ高地9日間はこちらです。
2007年6月15日   Sundari〔スンダリ〕にて、ヒーリングスポットとして、グランドツアーの「アイルランド」コースが紹介されました。
2007年4月14日   週刊ダイヤモンドにて、社員が企画し、営業し、添乗もする会社として、JTBグランドツアーが紹介されました。
2007年4月4日   日経トレンディ5月号にて、添乗員1人とお客様1人の「1対1旅行」もできる商品を企画した、団塊にとことん付き合う旅行会社として紹介されました。
2007年1月31日   「ノジュール」に団塊の世代をお客様の中心とする会社として、当社の特徴中南米のコースが紹介されました。
2006年12月18日   雑誌「プレジデント50+」に、ありきたりの旅では満足しない旅の中・上級者向けのツアーを提供する会社として紹介されました。参加者ひとりひとりの要望を出発前アンケートで把握し、団体旅行でありながら「個の期待」を「やりたかったことを最高の舞台で実現」していく当社のセールスポイントが取り上げられました。
2006年10月12日   日刊ゲンダイに「高級ホテルに連泊でらくらく!」として紹介された「ニュージランド」「タスマニア」コースはこちらです。ツアー企画者が手配も添乗もこなすので「安心この上ない!」と紹介されました。さらにユニークな「特別説明会」、「出発前説明会」でもご案内をしておりますので安心倍増です。
2006年8月30日   日刊ゲンダイにて 「もったいない」ビジネスプランとしてお食事の量を控えめに調節できるJTBグランドツアーの「お食事安心サービス」が紹介されました。
2006年7月8日   週間東洋経済にて 当社JTBグランドツアー社長 田島が、マーケティングの達人として、インタビューを受けました。 内容は、 1.お客様から全てを学びました 2.おしゃれでアクティブな団塊世代のための旅行とは?!など
2006年6月13日   エコノミストにて 活動的で消費性向の高いアクティブシニア向け海外ツアーを企画、販売する企業として紹介されました。
2006年4月13日   マガジンハウス「クロワッサン・プレミアム」にて「JTBグランドツアーの特徴」が紹介されました。
2006年4月5日   日経マスターズにて「ユニークな特別説明会」とツアーが紹介されました。
2005年11月30日   Hanakoにて「普段の生活とは切り離された秘境ツアー」として、当社の「べビーラッシュの時期に訪れるケニア・タンザニア13日間」の旅が紹介されました。
2005年11月28日   日経新商品ウォッチャーにて これまでのシニア向け海外旅行の特徴であった「ゆっくり」「親切」から、「感動」へとコンセプトを変更した新スタイルの旅行として紹介されました。
2005年11月28日   サンデー毎日にて 博報堂が定義するエルダー(50歳以上の世代)向け旅行商品を販売する企業として紹介されました。

インターネット

2008年3月24日   ブリエ生活応援団&OCNトラベルタイアップ企画
特集「世界遺産 絶景を10倍楽しむ旅〜南米・スイス〜」が掲載されました。当社のツアー責任者:岡田彩がナビゲータを務めています。
2008年2月20日   ブリエ生活応援団&OCNトラベルタイアップ企画
特集「世界遺産 絶景を10倍楽しむ旅〜イスラエル・イタリア〜」が掲載されました。当社のツアー責任者:三浦ゆかりがナビゲータを務めています。
2007年8月28日
  ロイター通信(イギリス)にて、団塊世代向けの旅行会社として紹介されました。
2007年4月10日   日経プレスリリース(NIKKEI NET)にて、旅行業界で初めて催行中止なしの添乗員同行商品を発表したと紹介されました。
2007年4月10日   Yahoo!ニュースにて、グランドツアーの「1組限定ツアー」が1人でもOKの団塊向け「秘境」コースとして紹介されました。
2007年3月22日   Yahoo!トラベルにて、グランドツアーとのタイアップ企画「一度は体験したい感動の旅」が公開されました。
2006年7月6日   ふくしチャンネルにて 追加代金を支払うことで最小催行人数未達の場合での催行させる「ご出発バックアッププラン」や「個」に対する対応する旅行商品ということで紹介されました。
 
   
北欧・ロシア 東欧 西欧 アジア・中国 中近東 アフリカ オセアニア・太平洋 中南米・南極 北米・ハワイ