スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー

ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー

ツアー責任者(添乗員)の素顔に迫る!

JTBグランドツアーのツアー責任者(添乗員)のインタビューです。普段は聞けない生の声を聞くことができます。

今回は、社内の熱い?推薦を受け、岩井 六朗(いわい ろくろう)の登場です。

今回のテーマは「岩井さんの素顔を暴く!」です。よろしくお願いします。

戦々恐々としていますが、よろしくお願いします!

さて、さっそく。客観的には、どんな子供でしたか?

関西風にいえば「いちび」。関東風に言えば「目立ちたがり」・・・、だけどいばらないガキ大将。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
学級委員みたいな?

そういうのはやらない。でも、小学校の頃に転校したことがあって、友達と離ればなれになり寂しい思いをしました。そのことがきっかけで、相手の立場を考えるような子供に変わっていきました。

人の痛みが分かる子供になったわけですね。そこから、添乗員になりたいと思ったきっかけは?

添乗員になりたいというより、海外に対する憧れが昔から強かったんです。自分が4歳から6歳まで親の仕事の都合でタイに住んでいて、当時は周りに海外経験がある人が少なかったので、他の人より知っている!という意識が強かった。それで、自分は将来海外で働ける、と思っていたんです。

その頃から自覚があったんですね。大人だったんだ。

気付いたらいた、という感じではあったけれど、周りの雰囲気や人々の顔つきがちがう・・・という意識はありました。それで、最初の就職は旅行会社ではなく、海外勤務ができるような商社やメーカーを狙って。

じゃ、最初の就職先は・・・、

機械メーカーです。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
旅行会社って、一旦他の業界に行って戻ってくる人が多い気もするんですが、ちょっとめずらしいパターンですね。

メーカーでずっと働いて海外勤務、と思っていたんですが、やっぱり最初は国内の担当。相手が一個人ではなく企業のお客様ということが多かった。それで、そうではなくてもうちょっと1対1の自分の個性を出すかたちでの仕事をしてみたいと思ったんです。そういう中で旅行会社、というのが候補になって、転職することにしました。

デビュー戦はどんな感じだったんですか?

デビューは、チュニジアのツアーでした。

えー!けっこうハードルが高いですね。

何も分からないままチュニジア、と言われて。まったく想定になかった、イメージもなかった国だったけどとにかく嬉しくて。必死に準備したのを覚えています。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
何かエピソードとか?

なにごともなく、まあ、うまくいきました。必死だったけれど。海外でのエピソードを挙げるとするならば、顔が中近東系とよく言われるので、現地の人から現地語で話しかけられる、とか・・・。

え、ほんとに?冗談抜きで。

はい、本当です。あと、他社の日本人のお客様に「こんにちは」と声をかけたら「どうしてこんなに日本語が上手なの?」と言われたり。

あははは。

3回目くらいから、「ニホン、ゴネンイマシタ」などと返すようになりました。

失敗談みたいなものはないんですか?

いやあ、ありすぎるので挙げるのが難しいです。

特にここがオススメ、という国や地域はありますか?

実は最近は特にないんです。というのは、それぞれの国にそれぞれの良さがあり、ツアーごとに深い思い入れや思い出があるので。その中でここという場所を決めるのが難しいんです。

じゃあ、個人的に好きな国や誰にでもオススメできる国、と考えるとどうですか?

昔はカナダとか・・・。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
おお、キレイ系ですね。

似合わないですけど。でも、それぞれの国の良さを知ってからはカナダもたくさんあるうちのひとつでしかなくなりました。だからお客様に「どこが一番良かった?」と聞かれると答えるのが難しいです。

そうですね。よく聞かれますが、難しいです。

そうそう。私にとっては難問なんです。「○○は良かった?」って聞かれる方が答えやすいんです。でも、人生最後の旅先にしたい場所は決まっていて、イスラエル。

それはどうして?

イスラエルは今の世界の政治も経済もすべて動かす原動力、聖書の舞台だからです。別になにかの宗教を信仰しているわけではないけれども。

確かになんというか、磁力みたいなものがある国ではありますよね。

ひとつひとつ、世界の誰もが知っている場所が目の前にあるので。何度か行っているけど、一番奥が深いかな。あと、意外と一度は行ってほしい国は韓国。食べ物も合うし、文化的にも近いし。

旅行会社も何社か経験されていますが、その中で数ある旅行会社の中でグランドツアーを今の職場として選んだ理由はなんですか?

お客様と近い距離で、お客様の意見をそのまま次に反映できる、というシステムが自分には合っているし、お客様にも喜んでいただけるのではないかと思いました。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
実際、他社さんでの添乗業務とは違いますか。

はい、違います。特にそれがパンフレットに反映されるスピードにおいて、グランドツアーは他社を凌駕していると思います。

そうですか。そのあたりは入社する前のイメージとのギャップはなかったですか?

もともと知り合いがいて話は聞いていましたので、違和感はなかったです。

では、もし旅行会社で働かずにいたら何をしていたと思いますか?

多分そのままずっとメーカーでの営業マンをしていたと思います。企業を回って。7年くらいやっていたので。

じゃあ、メーカーで働き続けて海外勤務をしていたかもしれない、と。

そうですね。前の職業が嫌だったわけではないけれど、今の方がもっと良かった。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
話が変わりますが、添乗の際に心がけていることは?

お客様に楽しんでいただけるような空気を引き出すこと。自分が楽しむことでもありますが。

ここは負けません!というところはありますか。

体力!体力だけは社内一です。

社内一ですか。あらまあ。

最近はたるんでいますが、相当自信があります。

高いところなんかも平気ですか?・・・あれ、船が苦手では?

・・・そうです。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
添乗の必需品は?

"マルチプラグ"という、コンセントの形状を変えるプラグ。意外とまだお持ちでないお客様もいらっしゃるので、自信を持って推奨しています。

結構ツアー中お貸ししたりもしますよね。組み合わせていろいろ使えるものも出てきている。

どこでも使えますからね。みんなそれぞれノウハウやアイテムを持っていて、自分もそういうものはありますが、一番はやはり"マルチプラグ"。二番目は"小さいメモ帳"。何かにつけてメモを取れるように。"旅の思い出"もそのときに書いたものが反映されます。

あ、私も持っています。なくなると気が気ではなくなる(笑)。では、ご自身で長所と思うところ、短所と思うところは?

長所は優しいところ。

怒ったりしない?

怒ります。というのは、短所は短気なところ。

相反しますね。

だから短気なところは相当意識して必死で直しています。年齢とともに長所の比重が増えていると信じています。

大人になった。

そうですね、あとは結婚だけですね。

そのネタ、社内で流行ってますね。では、自分はこう思われているけれど本当は違うんだ、というところは?中近東ばかりじゃないぞ、と。

嫌だというわけではないけれど、まんべんなくいろいろなところに行って、お客様により多くの情報を提供したいと思っています。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
ところで、お休みの日は何をしていますか。

時間があるときは知らない道を歩いて、「この道ここにつながっているんだ!」というような新しい発見を楽しんでいます。

そのあたりはツアーにも通じるところがありますね。

半日は寝ていたいんですが、半日は体を動かしたいので。あとはスポーツ。やるのも見るのも。昔は野球をやっていましたが、今はジョギング(冬眠中です)。ポジションはセンター、打順は3番でした。スポーツ全般の結果も気になります。あ、あと、ドリフは社内で一番詳しいです。

今後の目標や夢は?仕事のことでも、プライベートでも・・・結婚?

プライベートは置いておいて。「心豊かな人間になること」。

大きいな!あとは、いつか海外にやっぱり住みたいそうですね。できれば英語圏がいいのだとか。

話せるのが強いて言えば英語なので、ブラッシュアップできるところに。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
では最後に、このページを見てくださった方にメッセージをお願いします。

つきなみですが、これからもよろしくお願いします。添乗中は存在感を最大にします!あ、ただいま減量中ですので、ツアー中に食べきれないものをいただいてもたくさんは食べられません!

本日はありがとうございました。これからも活躍してください!

(インタビュアー:山名)

ツアー責任者ブログを見る

  • ツアーを探す
  • パンフレット請求
  • メルマガ登録

お問い合わせ・お申し込み・ご相談

お問い合わせ・お申し込み・ご相談

パンフレット請求

ツアー検索

  • 北欧・ロシア
  • 東欧
  • 北米・ハワイ
  • 西欧
  • アジア・中国
  • 中近東・中央アジア
  • アフリカ
  • 中南米・南極
  • オセアニア・太平洋

出発月

方面

国・地域

お問い合わせ

03-5766-3300
お問い合わせフォーム

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【3/8(水)発 催行決定!】天空都市マチュピチュと雨季のウユニ塩湖 10日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求