スマートフォン専用サイトはこちら

期待を超える「感動」がある。

JTBグランドツアー

感動のそばに、いつも。JTB

受付時間:平日 10:00~18:30

ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー

ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー

ツアー責任者(添乗員)の素顔に迫る!

JTBグランドツアーのツアー責任者(添乗員)のインタビューです。普段は聞けない生の声を聞くことができます。

今回はグランドツアーの若手のホープ、池田 明大(いけだ あきひろ)の登場です。

池田さん、よろしくお願いします。
まずは仕事のことから。池田さんが旅行業界に入ったきっかけを教えてください。

大学時代、就職活動をするにあたって何をしたいか考えました。人に幸せを感じてもらい、その瞬間を肌で感じられる仕事と考えたときに、自然と旅行業界を選んでいました。

確かに旅行って人を最も幸せにすることの1つなのかもしれませんね。ということは、就職活動は旅行業界一筋だったのでしょうか?

基本はこの業界だけですね。しかも、企画と販売と添乗のすべての業務に携わることのできる、いわゆる製販一体の会社でしかお客様の幸せを肌で感じられないと考えました。

では、実際働いてみて、どうでしたか?

この業界を選んで正解だったと思っています。私自身にはぴったり合った仕事だと思えるから。添乗をしていて、お客様の笑顔を見る瞬間が、この仕事にやりがいを感じるときです。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
  • キューバ・ハバナ
池田さんは世界中どこへでもオールマイティーに添乗するツアー責任者ですが、最も好きな国や場所はどこでしょうか?

どこも思い出深くて、特定は難しいですが、強いていうなら、キューバでしょうか。新人の頃、3回目の添乗で行きました。何があるってわけじゃないけど、ラテンの空気感がしっくりきたのを覚えています。社会主義のキューバでは、皆、一生懸命働くというよりは、この人生を楽しもうという雰囲気があって・・その頃ちょうどブエナビスタが流行していて、そのメロディーがアメ車の走る町にぴったりでした。自由で適当なところが私にぴったりだったのでしょうね。

そうなんですね。でも池田さんの仕事ぶりは決して適当とは思いませんが・・・

いい加減ということではなく、型にはまらないところは添乗に必要な要素だと思います。だから臨機応変に対応できる添乗という仕事が好きです。

なるほど。確かに、添乗は筋書通りにいかない仕事ですものね。では、添乗に出るのはこわくないですか?

添乗はこわくもないし、億劫ということもありません。ただ内勤の仕事もあるので、その業務との兼ね合いです。

現在、池田さんは社内では航空座席の手配などを担当されていて、替わりをつとめられる人というのはたくさんいるわけではないので、大変ですよね。航空の仕事はご自身で向いていると思いますか?

向いている・向いていないは別として、やりがいを感じています。航空担当になって、約2年間ですが、良い勉強をさせていただいています。企画や添乗をしていても、いろいろな場面において、普段の航空手配の業務で学んだことが生きています。皆が経験できることではないし、私にとってはチャンスだと思っています。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
  • 毎日ベストな席を確保できるよう端末とにらめっこしています。
航空担当に求められるものってなんでしょうか?

正確さと地道さでしょうか?航空座席を確保するのはもちろんですが、それで終わりというわけではなく、どれだけ便利なフライトを押さえられるか、どれだけお客様の希望される座席をアサインできるかなど、日々確認しなければいけないことはたくさんあります。

これからの目標ってなんでしょうか?

航空会社の皆様とよりいっそうの信頼関係を構築することですね。きっと将来につながると思っています。

それでは話題を変えて、池田さんの幼少時代について教えてください。

ワンパク、人好き、運動好き。とにかくよく動いていました。今とそれほど変わっていませんね。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
  • 3歳頃の池田です
運動とは具体的に何をされていたのでしょうか?

球技は得意でした。体育の成績も良かったですね。あと、剣道は3段です。

ワンパクとは、今の池田さんの雰囲気とはちょっと違う気がしますが・・

幼少時代はワンパクで、怪我が絶えませんでした。ブランコから飛び降りて骨折したり、森で転がって栗のトゲで痛い思いをしたりとか・・・(笑)

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
  • 15歳頃です
それでは、大学の頃の池田さんは?

学生時代は、焼肉屋さんで、約3年半バイトをしていました。実はこの焼肉屋には、外国人観光客が多くて、必要にせまられて英語を使って会話するうちに、外国人や英語に対する抵抗感がなくなりました。文法なんて気にせず・・・それが、今の仕事にも生きています。

それは良い環境でしたね。学生時代に旅行はされたんでしょうか。

バイクで1人旅。下道で福岡から東京まで旅をしたことがあります!1週間くらいかけて、友人や知人宅にお世話になりながら・・・学生の間に何かやっておきたいと思い、実現しました。

すごい冒険ですね!楽しそうだけど、体力が必要ですね。若さあってこその体験というかんじがします。海外旅行は?

5万円くらいの現地日本語ガイド付きツアーで友人とタイを訪れました。あとは韓国などにも行きました。

それじゃあ、この業界に入ったとき、聞きなれない国名ばかりで右往左往しませんでしたか?私がそうだったので・・・

それはもちろんです。入社して初めて、お客様からの問い合わせを受けたとき、スイスの"氷河特急"のことを、"銀河特急"と間違えたほどです(笑)

今では考えられないミスですね(笑)では、仕事をリタイアされた後の夢とかってありますか?

そうですね・・リタイアしたら、ニュージーランドでのんびり・・でしょうか?ただそうすると、球場で野球観戦ができないですね・・・

池田さんといえば、言わずと知れた社内一番の野球好きですもんね。休日の過ごし方といえば、やっぱり野球観戦ですか?

そうですね。応援しているチームの試合が東京である場合は、必ず足を運びますね。ただ添乗で不在にしていることも多いので、1~2か月に1回くらいですが・・

そんなに野球にのめりこんだ理由は何ですか?

就職で上京することになり、たまたま訪れた野球観戦で、周りの観客が故郷の言葉(方言)を話しているのを聞きました。まるで里帰りしたような故郷を感じられる空間がそこにあり、居心地が良かったんです。そこからですね。

意外なきっかけですね。あと、池田さんといえばお酒ですよね!

仕事終わりと休日のビールは最高ですね。他にも、食べることが好きなので、ネットや口コミでおいしいといわれるお店には、でかけていきます。

池田さんのお気に入りのレストランとかってあるんですか?

四ッ谷三丁目のイタリアンかな?雰囲気もサービスも抜群でショートパスタは絶品でした。

  • ツアー責任者(添乗員)ロングインタビュー
  • ブータンにて
食べるのがお好きなわりには、太らないですよね。うらやましい。

週に1~2回はジムに通っています。ジム帰りのビールもまた最高なんです!添乗中も、時間に余裕があって治安が良ければ、ジョギングをしていますよ。

結局、おいしいビールのために、運動しているようなものですね(笑)今日は、池田さんの仕事に対する熱意や意外な面も発見できました!これからもますます頑張ってください!ありがとうございました。

(インタビュアー:岡田)

ツアー責任者ブログを見る

  • ツアーを探す
  • パンフレット請求
  • メルマガ登録

お問い合わせ・お申し込み・ご相談

お問い合わせ・お申し込み・ご相談

パンフレット請求

ツアー検索

  • 北欧・ロシア
  • 東欧
  • 北米・ハワイ
  • 西欧
  • アジア・中国
  • 中近東・中央アジア
  • アフリカ
  • 中南米・南極
  • オセアニア・太平洋

出発月

方面

国・地域

お問い合わせ

03-5766-3300
お問い合わせフォーム

ページの先頭へ

JTBグランドツアー&サービス Copyright © JTB Grand Tours&Services.INC. All Rights Reserved.

催行決定・催行予定おすすめツアー

【5/12(金)発 催行決定!】クルーズ船に泊まり、絶景のハロン湾を堪能する ベトナム縦断 8日間

一度は行きたい世界の絶景・写真集

ページの先頭へ

03-5766-3300

受付時間:平日 10:00~18:30

パンフレット請求