早いものでもう2020年もあとわずか。

本日は毎年恒例『今年の1枚』…は残念ながら難しいため、『お気に入りの旅写真』と題してお送りします。

以前のように海外に行けるようになったらご紹介したい場所や、国内で出会った素敵な場所、おいしいものなど…。

さて、どんな写真が登場するでしょうか?


日本編

山形_丸池様

グーグルマップでは辿り着けない丸池様。鳥海山の麓に湧き水だけで満たされた、幻想的なエメラルドグリーン色の池です。地元に帰るたびに癒されにいきます。(山形県)《秋野》


東京_小笠原_見送り

2ヶ月ぶりに再訪した小笠原。島の人たちが「お帰りなさい」と笑顔で迎えてくれました。そして、島を去る日。お見送りの言葉は「行ってらっしゃい」。力いっぱい手を振りながら、必ずまた帰って来よう!そう心に決めた風景です。《佐藤》


富士山_空撮

飛行機の座席は窓際が大好き。空から富士山を独り占め出来てワクワクしませんか?日本に住んでて良かった~!と思う瞬間です。今年はまだ飛行機に乗れていませんが2021年はまた空からの富士山を眺めたいです。《吉井》


日本_四国_香川_食事_お雑煮

「錦秋の四国5日間」でお客様からリクエストをいただいたおかげで食べることができた香川ならではの「あん餅白みそ雑煮」。海外では驚きの食べ物に出会うことはありますが、日本にもまだまだ知らない味が存在するのだなぁと実感しまた。あの美味しさは癖になります!《加藤》


烏帽子岳展望台 対馬 長崎県観光連盟

長崎県対馬市、烏帽子岳展望台からの浅茅湾の眺望です。独特なリアス式海岸を望む360度の雄大な景色は、はるばる訪れてよかったと実感なさるでしょう。訪れた際は、ぜひとも、遊覧クルーズからの眺めもお楽しみください。《池田》


アジア編

ブータン_パロ_空港

世界一着陸が難しい空港の一つとされるパロ空港。山並みを縫って着陸が近づくと、「またここに帰ってこれた…」となぜか懐かしさと涙が込み上げてしまいます。(ブータン)《山名》


ベトナム_ホイアン

ランタンの街で知られるホイアン。黄色の壁の家が建ち並び、ブーゲンビリアの花が咲く旧市街。心弾む、幸せな黄色のホイアンでゆっくりベトナムコーヒーを飲みたい。(ベトナム)《田村》



中近東編

サウジアラビア_マダインサレ_奇岩

荒涼とした砂漠に残るナバテア王国の栄華、マダイン・サレ。墳墓群が圧巻ですが、周囲の砂漠に生える奇岩群も絶景です! 海外旅行が再開されたらまず先に再訪したい!(サウジアラビア)《綾部》



ヨーロッパ編

ノルウェー_ソグネフィヨルド

美しいガラスのような水面は人の心模様を写し出し疲れた心と体を癒してくれます。(ノルウェー:ソグネフィヨルド)《德山》


イタリア_シチリア_タオルミーナ

今年2月に添乗で訪れたシチリア島のタオルミーナ。エトナ山を眺める最高のロケーションに感動しました!大自然と歴史的な世界遺産が集まる島に必ず再訪したいです。(イタリア)《渡部》


スイス_マッターホルン_湖

逆さマッターホルンといえばリッフェルゼーが有名ですが、他の湖でも条件が合えばご覧いただけます。観光客を避けてのんびりしたい場合は迷わずライゼーへ。湖面に映るマッターホルンをおかずにビールで乾杯、ハイキング疲れも吹っ飛び最高の時間です!(スイス)《山口》


スペイン_イビサ島_朝焼け

家族旅行で訪れたイビサ島。頑張って早起きをして朝日を待ちました。とびっきりの景色を見ることができ、とても想い出深い旅行となりました(スペイン)《岡田》



アフリカ編

モロッコ_シャウエン_街並み

素朴な田舎町なのに、彩り美しい雰囲気の裏路地のような道が続くシャウエン。どこか気持ちが和みほっとします。今はこのようなご時世ですが、世界が元に戻ったら訪れてほしい場所のひとつです。(モロッコ)《岩井》


ケニア_モンバサ_ビーチ

ケニアにも白浜の美しいビーチがあります!古くからアラブ人との交易があり、その面影が今でも残るため、こんな不思議な風景が見られます。(ケニア:モンバサ)《川井》



中南米・南極編

メキシコ_チチェンイツァ_ピラミッド

メキシコのチチェン・イツァの春分恒例、降臨現象が今年海外添乗の思い出です。すべて完璧でした。海外旅行再開後も必ずメキシコに訪れたいです。《山本》


ボリビア_ウユニ塩湖

神秘的ともいえるウユニ塩湖の自然美は一度は訪れていただきたい絶景の地です。海外旅行再開後も星降るウユニへご案内できることを楽しみにしています。(ボリビア)《平野》


南極_飛び込む龍谷さん

南極クルーズにご一緒したときの想い出の1枚。南極の海に飛び込み!温暖化が進んでいると言っても、さすがに冷たかったです!《龍谷》



南太平洋編

バヌアツ_エファテ島_ブルーラグーン

お気に入りといえばこの1枚。数メートル上から思い切って飛び込んだのもいい想い出です。バヌアツは、食事もおいしく、現地で出会う人々もとても良い方ばかりでした。また行きたい国のひとつです。(バヌアツ:ブルーラグーン)《長谷川》


皆さまのお気に入りの1枚は、どんな写真でしょうか?

2021年も、たくさんの旅のお手伝いをさせていただくことを、社員一同楽しみにしております。


*弊社は12/29(火)が年内最終営業日となります。年明けは、1/4(月)より営業いたします。

2020年もご愛顧いただきありがとうございました。

山名敦子(やまな あつこ)

19年春に2度目の長期休暇から復帰し、現在添乗お休み中。幅広い知識を生かし、主に北中南米、アフリカ、中近東方面の個人旅行を担当する。お伺いしたお客様のお好みやご要望を最適なカタチに組み立て、ご案内するのが得意。緑の多い東京郊外出身。

他の記事を探す

書いた人から探す