南米チリとアルゼンチンでみつけた素朴なパン


ペリトモレノ氷河とマーブルカテドラルで絶景を楽しんだあとの話です。


南米のお母さんの味

不便なところへ行くからには、帰路も長いものです。

まずはこの日の宿泊地までの途中、本当の意味での「家庭での昼食」をお召し上がりいただきました。

(現地会社との契約レストランではありますが)


チリ_マーブルカテドラル


ペリトモレノ氷河とマーブルカテドラルと青の競演を満喫いただき、

あとはおまけのような心持ち。


そんなタイミングで家庭の味に出会い、なんとなくほっとした瞬間でした。


チリ_マーブルカテドラル_素朴な家庭のパン



南米のソウルフードといえば・・・

続けてご紹介するのは、

南米のソウルフードともいえるエンパナーダ。


アルゼンチン_カラファテ_エンパナーダ


アルゼンチンのカラファテの街でも何度かお召し上がりいただきました。

個人的には、小さめのエンパナーダを二、三種類食べるのが好みです。



>中南米の旅へ

山本光一(やまもと こういち)

マリ、ダナキル砂漠など含む、訪問国は120ヵ国以上。豪華客船クルーズ乗船経験は20回以上あり、社内で一番詳しい。趣味は、四国の自然を歩くこと。長野生まれ埼玉育ち。