フランスで出会ったパン


いわずと知れた、パンの本場、フランス。

フランスパンのなかでも、シンプルなバゲットが一番好みです。


まずはパリのパン。

フランス_パリ_ビストロのパン

(あるビストロにて)


フランス_パリ_朝食のパン

(朝食にて)


フランス_パリ_昼食のパン

(昼食のレストランで)


どれも、美味しゅうございました。さすが、パリ。



次に、オーベルジュのパン。


フランス_オーベルジュ_朝食


オーベルジュ ド ノーヴの思い出は、優雅な朝食にもありますね。

豪華というわけではないけれど、これもまた知り合いの別荘 (フランス人の)に宿泊したかのような。



次はアルルのパン。


 フランス_アルルの街角


アルルといえば、ゴッホの跳ね橋やカフェ、闘技場、タンパンで知られる教会など見所はたくさんあるものの、今回は、ガイドさんオススメのとある生地のお店に長居しました!

これもまた少人数旅行の醍醐味ですね。どこにいくべきか!ではなく、どこにいたいか!

写真も有名な観光スポットではなく、あえて街角のパンの籠にしてみました。



お次は南フランスのパンをまとめてご紹介。


フランス_南フランス_パン


フランス_南フランス_パン2


フランス_南フランス_パン3


フランス_南フランス_パン4


フランス_南フランス_パン5


フランス_南フランス_パン6


フランス_南フランス_パン7



最後は機内食のパン。


フランス_機内食のパン


エールフランス航空のエコノミークラス提供のパン。

好みの機内食は某日系航空会社のものですが、エールフランス航空のパンは好みです。フランスを感じる一品です。


いかがでしたか?

フランスの街角で、様々なパンとの出会いを楽しんでみませんか?


>フランスへの旅

山本光一(やまもと こういち)

マリ、ダナキル砂漠など含む、訪問国は120ヵ国以上。豪華客船クルーズ乗船経験は20回以上あり、社内で一番詳しい。趣味は、四国の自然を歩くこと。長野生まれ埼玉育ち。

他の記事を探す

書いた人から探す