8月13日は、函館夜景の日!


神戸、長崎と並んで、「日本三大夜景」のひとつと言われている函館の夜景。

旅好きな皆様なら、一度は訪れたことのあることも多いのではないのでしょうか。


今日、8月13日は、函館夜景の日なんだそうです。


なぜ、今日なのか?

「や」→「8」

「けい」→「K」→トランプのキング→「13」という語呂合わせから生まれたそう。

なかなかおもしろい発想ですね。


夜景って、暗いときには見ればいつでもいいと思っていませんか?

実は、「トワイライトタイム」と呼ばれる、日没後間もない暗くなりかけた時間帯が一番キレイなんだそうです。

マジックアワーと言われることも。この街や空が美しいわずかな時間帯を狙って夜景撮影に挑むカメラマンも多いそうです。


日本_北海道_函館_夜景


せっかく現地を訪れるなら、その時間帯に函館山からの絶景をじっくりと楽しみたいもの。

弊社の函館ツアーでは、夜景観光にもこだわっており、出発日によって日の入りの時間を確認しながら、夜景観光の時間帯も細かく調整しています。


「百万ドルの夜景」なんて言われますが、その由来は、実際に神戸の夜景に関わる電気代を電力会社が計算した表現なんだそうですね。


ちなみに…「海外旅行のJTBグランドツアー」としては、「世界三大夜景」の話をしないわけにはいきません。


世界三大夜景は、諸説ありますが、

「函館・香港・ナポリ」の3つの説をよく聞きます。


3つの都市の共通点は、港があること!

船でそれぞれの町を訪れた人たちが、きらめく夜景を眺めつつ、自分の故郷や大切な人がいる場所に思いをはせる、なんて場面もあるのかもしれないですね。


海外旅行に行くのを心待ちにしている皆様の好きな夜景は、どの国のどんな景色でしょうか…?

また添乗員にもインタビューしてみたいなぁと思います!


(文:長谷川)

JTBグランドツアー&サービス編集部(旅にでかけたくなる情報を日々発信中)