こんなことやってます~第3回


ゆるく続けていきたいと考えているこのシリーズ、第3回はエクセルです。


前回、エクセルよりも使いやすいからとBIツールをご紹介しましたので、今さら感があるかもしれませんが、ほとんどの方はエクセルの機能の数%くらいしか使いこなしていないと言っても過言ではありません。


たとえば、毎日同じようなエクセルを同じように加工(並び替えや計算、コピーなど)したりしていませんか?

この操作をすべて自動化してしまうのです。


これを実現するのがVBAです。

「マクロ」といった方がピンとくる方は多いかもしれません。

プログラミング言語を書くので敷居は高いかもしれませんが、決して難しくはありません。

VB(Visual Basic)という言語をエクセル操作に特化させた簡略版で、始めてみると英語とおなじようなものです。


自分では書けなくても、「この操作をマクロでできないだろうか?」という視点を持てるようになればしめたものです。

あとは書き方を調べて、きちんと動くようになるまでテストを重ねます。


たとえば、どんな会社でもつけている現金出納の内訳表は、エクセルで作っている方も多いでしょう。


IT_エクセル


このエクセルを開いて毎日おこなう作業は以下の通りです。


①前日のシートをコピー

②日付を当日に変更

③シートの名称を当日の日付に変更

④左下の現金残高明細の入力内容をクリア

⑤右側の入金・出金の入力内容をクリア


これを1クリックで完了することができます。

このケースでは短縮できる作業時間はわずかですが、日付の変更漏れなどの作業ミスを撲滅することができます。


これをVBAにするとこのようになります(一部です)

右側のフィールド内の緑色の文字が動作内容、アルファベットがVBAです。

文法を覚えてしまえば、さほど複雑なものではありません。


日常の作業でエクセルを使っている方はぜひトライしてみてください。


IT_エクセル2



私たちは旅好きの旅行屋集団で、旅を通じてお客様の人生に寄り添うことを使命としています。

しかし、「旅」でなくても寄り添うことはできるのではないかと思うようになりました。


旅でお客様の声に耳を傾け、要望の実現に邁進することは、ある意味での課題解決なのだと思います。

ステイホームを通じて、私たちは旅以外でもお客様の課題を解決するお手伝いができるようになった気がします。


株式会社JTBグランドツアー&サービスの「&サービス」に込められた想いは、創業から15年の暗中模索の時を経て、実現可能になったのかもしれません。


もしエクセルを用いた業務について、なんとかできないかと思っているようなことがあれば、まずは私たちにお声がけください。

お問い合わせはこちら>>

IT活用担当(旅行と関係ないことしか書きません)

エクセルやBIツールの活用など、ちょっとした工夫で業務効率が改善できます。 当社で取り組んだ実例を紹介していきます。お楽しみに。