サウジアラビア_マダインサーレ(要クレ)

(画像提供:マダインサーレ サウジアラビア政府観光局)


海外ツアー、再開しました

長らく海外旅行ができず、心待ちにしていらっしゃるお客様も多いのではないでしょうか?

私たちは、2022年7月28日にようやく海外ツアーの販売を再開することができました。

さらに、9月1日にサウジアラビア、エジプト、ウズベキスタン、ネパールなどを追加で発売したところ、多くのお客様から反響をいただいております。

特に、サウジアラビアにつきましてはこれまで観光目的では行くことが難しかった国ということもあり、注目の高さがうかがえます。


旅行イベントも開催します

お問合せの多いサウジアラビアをはじめ、エジプト、ウズベキスタン、ネパールと、新発表したツアーに特化した旅行イベントを2022年9月24日(土)に東京・銀座で開催することにいたしました。

当日は、臨場感あふれる画像と各国の最新情報を詳しくご案内します。

旅行イベントに関する詳細はこちらから⇒旅行イベントページへ


コロナ前の日常を取り戻しつつある世界

「海外旅行は行きたいけど来年かな」「現地はどうなっているのか情報が少ないな」というお客様からのお声を耳にします。

確かに最近は各国の最新情報はあまりメディアでも取り上げられていないように見受けられます。


欧米では旅行がすでに日常に戻っており、例えばフランスでは2022年8月1日に「新型コロナウイルス感染症の拡大に対応するために導入した特例措置を終了する法律」が施行されました。

衛生パスや医療機関や高齢者施設でのマスク着用義務も解除されました。

フランスのみならず、ワクチンパスポートの提示義務など、コロナ対策関連の規制を全面撤廃した国は続々と増えています。

また、日本にはまだPCR検査場が各都市や街中ににありますが、欧州ではPCR検査を受けられる場所が首都に1か所だけという国もあります。


前述のフランス・パリでは客室稼働率が90%を超えているホテルも多く、長らく自粛していた反動もあるようで、自国民による国内旅行やEU圏内の旅行が盛んなようです。

また、イギリス・ロンドンでは先日崩御されたエリザベス女王を追悼に訪れる人々が利用するため、多くのホテルが満室であるという情報も流れています。


ビジネスクラスは争奪戦

観光旅行に加えて、これまで自粛していた「企業による海外出張」が大幅に増えました。以前に比べて飛行機の機材は燃費効率の良い小型化が進んでいるため、座席数が少なくなっています。

また、日本の旅行会社各社が多数のパッケージツアーの販売を開始しており、ビジネスクラスのお席はすでに「取り合い」となってきています。

ツアーによっては満席も出始めておりますので、ビジネスクラスで海外ツアーをご検討のお客様は、ぜひお早めに予約されることをお勧めします。


海外旅行について不安なことは、ぜひお尋ねください!

日本では、2022年9月7日午前0時以降入国の際にワクチン接種3回済みの方は帰国前72時間以内のPCR検査は不要となりました。

さらに、世界各国に出されていた感染症危険情報のレベルも、今まで「3」であった国が「2」に、「2」であった国が「1」へと、段階的に引き下げられています。


このように、ようやく海外に旅行ができる環境が整い始めています。

最新の情報は外務省・厚生労働省のホームページやこちらの記事にて確認いただけますので、是非ご活用ください。


また、ツアーの催行状況はこちらのページからご確認いただけます⇒催行決定・予定ツアー

久しぶりの海外旅行ですので、各国の最新情報についてやご不安なこと等がございましたら、是非お気軽に私たちまでお問合せください。

編集部 (旅にでかけたくなる情報を日々発信中)