山本海外回顧録~知られざるアルジェリアの魅力


山本回顧録
この「山本回顧録」はJTBグランドツアー&サービスの添乗員・山本が書きためていた未発表の記事をJTBグランドツアー&サービス編集部が編集して掲載しています。海外旅行の再開を待ちわびながら、当たり前のように訪れていた海外への旅の思い出を振り返りつつ、未来の旅の参考にしていただけましたら幸いです。
不定期ではありますが、可能な限り様々な国の記事を更新して参ります。

知られざるアルジェリアの魅力

2019年5月アルジェリアのツアー企画の販売実施のため視察に参りました。
アルジェリアは、奇しくも弊社の綾部が幻の添乗となった国でもあります。
私自身も100ヶ国以上海外渡航経験があるなかで初めて訪れた国で、北アフリカ諸外国でも唯一の未踏の地。 ちなみに、リビアは近年訪問できませんが、数年前は気軽に訪問できる安全な国の1つでした。

さて、アルジェリアのお話しに戻しましょう。
当時、新しくなったばかりのイスタンブール空港を経由してアルジェリアへ入りました。

経由地イスタンブールの新空港

(写真:経由地イスタンブールの新空港 撮影:山本)

入国時にどんなことが起こるか?初めて訪れる国のワクワクする瞬間でもあります。
入国審査では流暢とは言えない片言の英語とフランス語で、査証情報を見ながらアルジェリア側の迎えがきちんときているか確認してくれるなど、ある意味予想外のスタートだったことを覚えています。

また私が訪れた時期はちょうどイスラム教のラマダン月(断食)でしたので、北アフリカの中でも厳格なイスラム社会のアルジェリアでは、ほとんどのレストランが日没まではお休みの状態でした。(ランチのためのレストランの視察は叶いませんでした)
とはいえ、そんな中感動的だった、サプライズともいえる遺跡内でのピクニックランチやガイドさん宅での食事は忘れられません。なかなかツアー企画では難しい点もありますので、視察をした役得みたいなものです。

ラマダン中のピクニックランチ

(写真:ラマダン中のピクニックランチ 撮影:山本)

ガイドさん宅での食事

(写真:ガイドさん宅での食事 撮影:山本)

視察ならではの訪問先としては、在アルジェリア日本大使館にも参りました。
もちろん事前にアポイントメント申請の上、許可をいただきました。
現地の最新事情や、治安状況など丁寧にご教示いただきました。

在アルジェリア日本国大使館

(写真:在アルジェリア日本国大使館 撮影:山本)

アルジェリアの魅力の一番は、なんといっても素朴なイスラム社会の村々です。もちろん北アフリカ地域に多いローマ遺跡やローマ人たちのモザイクなども秀逸、歌詞ではありませんがアルジェのカスバも独特の世界観で忘れられません。

弊社でも未踏の社員が多数の知られざるアルジェリア。北アフリカやイスラム世界が お好きな方には是非ともおススメです。

アルジェリアの街並み

(写真:アルジェリアの街並み 撮影:山本)

山本光一(やまもと こういち)

マリ、ダナキル砂漠など含む、訪問国は120ヵ国以上。豪華客船クルーズ乗船経験は20回以上あり、社内で一番詳しい。趣味は、四国の自然を歩くこと。長野生まれ埼玉育ち。