大学時代を過ごした長崎県。

今日は、その長崎県にある五島列島をご紹介します。


長崎港から100km離れた五島列島の一部は、

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として、

世界遺産にも登録されています。


さて、そんな五島列島を訪れる際、ぜひご検討いただきたい点があります。

それは「どのようなルート・交通手段で訪れるか」です。


各地 [航空便] 福岡空港 [航空便] 五島列島

私の一番のお勧めです。

実は、福岡空港から五島列島の福江空港まではたった約40分のフライトです。

スルーチェックインも可能なため、福岡空港ではとてもスムーズに乗り継げます。


各地 [航空便] 長崎空港 [高速道路] 長崎港 [高速船] 五島列島 (大変です)

長崎県ということで、まず長崎空港を目指し、

港から高速船を利用する方も多いですが、あまりお勧めできません。


空港到着後、長崎港までは高速道路を利用して約1時間の移動が必要です。

その後、高速船の乗船手続きを行い、五島列島の玄関口・福江港までさらに約2時間。


長崎空港は内陸側の大村湾、長崎港は外海に面しているため、約40km離れています。

そのため、空港到着から五島列島到着まで合計約4時間は要し、体力的にも負担が大きいのです。

ぜひ、五島列島を訪れる際は、空路で訪れてみてください!


●10月12日出発は催行確定!

チャーター船を利用し世界遺産の教会へ

空路で訪れる、“祈りの島”五島列島4日間


※写真:上から「堂崎天主堂」、「井持浦教会のルルド」。写真提供:長崎県観光連盟

※写真掲載については長崎大司教区の許可をいただいています。

池田明大(いけだ あきひろ)

ヨーロッパから秘境まで50ヵ国以上の訪問歴があり、家族旅行のようなアットホームなツアーを目指す。最近のお気に入りはニュージーランドとバスク地方。野球観戦が大好きな九州男児。

他の記事を探す

書いた人から探す