(写真:北海道の温泉宿・湯宿だいいちの朝食はラップ付の小皿に盛られたビュッフェ形式です。トングを共有しなくて済むように配慮されています)

自由きままに旅が出来なくなって、1年以上が経ちました。

そろそろ、じっと家にこもっているのは耐えられない!
海外は無理でも、せめて国内で旅に出たい!

そんなお気持ちのかたも多くいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、弊社ツアーにご参加いただく際の「感染予防策」について、ご紹介します。

【航空機】

搭乗時の消毒はもちろん、搭乗や降機の際には座席によりグループ分けをして、混雑を避けた案内がされています。
機内では、ドリンクを飲む時以外は、マスクの着用が義務付けられています。

【宿】

各ホテルや旅館では、チェックイン前に検温が実施されます。多くの場合、ロビーでの案内も手短となるよう、到着前にバス車内で添乗員がお部屋番号を先にお伝えしたり、お風呂や夕食についてのご案内もすることがございます。

また、例えばお食事がビュッフェの場合には、取りに行く際のマスクやビニル手袋の着用が義務づけられています。宿によっては、あらかじめ小皿に取り分けた状態で配され、取り分け用のトングを共有しないように工夫されています。

さらに、大浴場では人数制限が設けられていて、規定の人数を超えると、入場制限がかかります。それでも大浴場での入浴に抵抗がある方のために、弊社では、お部屋に温泉を備えたお部屋のアップグレード等のご相談も承っています。

【お食事】

弊社のツアーでは、原則、対面にご家族または同行者以外の方が座ることのないように配慮をしています。多くの場合、テーブル使用率を50%にとどめ、個室が利用できる場合は個室を手配して、感染リスクの軽減に努めています。
また、やむを得ない場合を除いて、お一人お一人に個別に提供ができる「セットメニュー」をご用意しています。

【専用車】

弊社ツアーで利用する専用バスについては、お一人につき2席以上お使いいただけることは当然で、周りを気にすることなくおくつろぎいただけます。また、バス乗車前には毎朝、添乗員はもちろんのこと、お客様お1人お1人の検温と「健康カード」のご協力をお願いしております。

【観光地】

どこへ行っても、消毒液が用意されていて、持参する必要もないくらいです。また、美術館や博物館等においては、「予約制」に切り替えているところも多く、どこもお客様に安心していただくため、最大限の工夫をこらして、お迎えの準備を整えています。

弊社は、お客様の安心、安全を最優先に掲げているJTBグループの会社です。
どんな状況においても、徹底した少人数制であるからこそご提供が可能な、安心、安全で、快適な旅造りに努めて参ります。

編集部 (旅にでかけたくなる情報を日々発信中)