音楽がお好きなかたへおすすめのツアー(海外編)


楽友協会(内観)_Wiener-Musikverein-Grosser-Saal_c_Sebastian-Stiphout

みなさま、こんにちは。

観たり聴いたり感じたりする”美しい”を求めてやまない、企画担当の水谷です。


ついに様々な制限も緩和され、海外旅行も内外の音楽会も再開されてきて担当者としてうれしい限りです。お客様からも、音楽会はやっぱり”ライブ”がいい、早くまた本場に音楽を聴きに行きたい!というお声も多くいただくようになりました。今、アーティストの皆さんも、漸く再開した聴衆のみなさんの前で演奏できる喜びをかみしめていると言われます。聴く側と弾く側、そんなお互いの思いが同調したときの音楽会は、特に心揺さぶる感動があるのではないでしょうか。


そこで、今だからこそ、上質な音楽会を愉しんでいただけるお勧めしたいツアーを2本、3月に追加企画しました。連日連夜、素晴らしい音楽会が繰り広げられるヨーロッパの音楽シーンを代表する町、ウィーンとベルリンの「滞在型ツアー」になります。それぞれのツアーでは、滞在中に3回、オーケストラの演奏会やオペラを鑑賞いただきます。


3回のうちの1回は、世界的な日本人アーティストが登壇する音楽会になります。ベルリンでは、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会で、お馴染みパーヴォ・ヤルヴィさんの指揮に、第一コンサートマスター樫本大進さんがソロを務めるプログラムを、ウィーンでは、日本人を代表する指揮者のひとり佐渡裕さんの指揮と、2021年の第18回ショパン国際ピアノ・コンクールで見事2位に輝いた反田恭平さんが共演するプログラムとなります。

2つのツアーは、いずれも音楽会場に近く、感染対策もしっかりしている、当社の基準でLグレードのホテルに連泊いただいて、音楽会を中心に、音楽の町を愉しんでいただこうというツアーになります。

”瞬間芸術”の極みと言われる音楽鑑賞。同じアーティストでも、一つとして同じ演奏はありませんから、その日、その時、その場にいないと、その音は聴けません。そこに居合わせたひとだけの特権です。


上質な音楽に浸り、クラシック音楽の中心地で滞在する旅行は、至福のひと時になるでしょう。

みなさまのご参加をお待ちしています!


★2023年3月1日(水)出発

ベルリン国立歌劇場オペラ公演とベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会

心に響くベルリン 音楽の旅7日間


★2023年3月8日(水)出発

ウィーン国立歌劇場オペラ公演と楽友協会大ホール《黄金の間》演奏会

心に響くウィーン 音楽の旅8日間


詳しくはデジタルパンフレットにて


お申し込み・お問い合わせは

ロイヤルロード銀座本店 海外旅行デスクまで。

TEL:03-6731-7660 営業時間:10:00~18:00(祝日、振替休日、国民の休日、12/30~1/3は休業)

お問い合わせフォーム

編集部 (旅にでかけたくなる情報を日々発信中)