【2020年11月出発】添乗員同行の少人数ツアーで、秋の四国に出かけませんか?


大歩危①

大歩危小歩危峡(イメージ) 写真提供:徳島県・(一財)徳島県観光協会


木々が鮮やかな秋色に染まる頃、四国を訪れてみるのはいかがでしょうか?

四国をめぐる旅のベストシーズンは山や渓谷の紅葉や旬のグルメが味わえる秋がおすすめです。


この度、ベストシーズンの四国4県の見どころを効率よく周れる、ギュギュっといいとこどりしたツアーを企画いたしました!


大歩危②

大歩危小歩危峡(イメージ) 写真提供:徳島県・(一財)徳島県観光協会

大股で歩いても小股で歩いても危険ということからその名がついたと言われている徳島県・祖谷の大歩危小歩危峡。

2億年余りの長い歳月をかけて結晶片岩が水蝕されてできた渓谷は、まるで大理石の彫刻がそそり立っているかのようでその自然の雄大さに圧倒されます。 

のんびりと川下りをしながら、ダイナミックな渓谷美と紅葉を是非間近でご体験ください。


スクロヴェーニ礼拝堂

スクロヴェーニ礼拝堂(※写真は大塚国際美術館の展示作品を撮影したものです。)

国内最大級の陶板名画美術館「大塚国際美術館」では、陶板で原寸大に再現された数々の西洋名画をゆっくりとお楽しみいただけます。


鰹のたたき

鰹のタタキ(イメージ)写真提供:公益財団法人高知県観光コンベンション協会

高知のグルメといえばなんといっても鰹のタタキは外せません!

鰹の旬は春の初鰹(3~5月)と秋の戻り鰹(10~11月)と言われていますが、エサをたっぷり食べて戻ってくる秋の戻り鰹のほうが、より脂がのってもっちりとしたトロのような食感が味わえるそうですよ。


芸術と食欲の秋を存分に味わいつつ、温泉もあって大自然にも触れられるグランドツアーならではの四国旅。

日頃のお疲れを癒すリフレッシュ旅として、是非ご参加をご検討くださいませ。


●四国ツアーの詳細はこちら 

>>11/1(日)、11/17(火)出発「錦秋の四国4県 いいとこどりの旅5日間」


(文:中村)

JTBグランドツアー&サービス編集部(旅にでかけたくなる情報を日々発信中)

 

他の記事を探す

書いた人から探す