この秋、紅葉に染まる白川郷へ出かけてみませんか?


1995年に世界文化遺産に登録された白川郷は、日本の原風景が広がり、まるで故郷に帰ってきたかのような、どこか懐かしさを覚える場所です。


紅葉する秋の白川郷集落(イメージ)写真提供:岐阜県白川村役場



例年、10月中旬頃から山々が色づきはじめ、10月下旬~11月上旬には見頃となる白川郷の紅葉。

飛騨の山々に囲まれた白川郷一帯が鮮やかに染まった美しい風景をご覧いただけるおすすめの季節の週末に、出発日を設定しました。


大きな茅葺き屋根が特徴の合掌造りの家屋が赤や黄色の紅葉で一面に染まった様は、この時期にしか見られない絶景です。





秋の恵那峡と遊覧船(イメージ)写真提供:(一社)岐阜県観光連盟


日本百景にも選ばれた景勝地「恵那峡」では、珍しい形の岩が両岸に立ち並ぶ壮大な渓谷美と紅葉を、遊覧船からゆっくりと楽しみます。



飛騨亭花扇の露天風呂(イメージ) 写真提供:飛騨亭花扇


宿では、柔らかくとろみのある美容液のような飛騨高山温泉と、滑らかで刺激が少なく体にやさしい下呂温泉を心ゆくまでご堪能ください。


この秋、夏の疲れをリセットしに、心も体もほぐれる2泊3日の小旅行に出かけてみませんか?


●秋の白川郷ツアーの詳細はこちら

>>10/28(木)、11/4(木)出発「秋色に染まる 世界遺産・白川郷を訪ねて 3日間」

JTBグランドツアー&サービス編集部(旅にでかけたくなる情報を日々発信中)

 

他の記事を探す

書いた人から探す