【新コース発表!】南東北の紅葉をさまざまな角度からご案内します!


山形県出身の秋野です。

旅行会社に入社していつかは地元・山形のツアーを企画してみたい!と思っていました。住んでいるときは観光するところなんて…と思っておりましたが、離れてみるとみなさまをお連れしたい観光地がたくさんあり、盛りだくさんなコースができました。

南東北の紅葉を山頂や舟からご案内する山形・宮城の秋旅です!

こちらのコースは大きく2つのポイントがあります。

<ポイント①>さまざまな角度から宮城と山形の紅葉狩りへ!

宮城県では大谷川沿い約2.5kmの渓谷からなる紅葉の名所 鳴子峡へ。赤や黄色に色づく木々、松の緑、奇岩などが眼下に広がる見晴らし台へご案内いたします。

山形では松尾芭蕉の句で知られる山寺の山頂や最上川舟下りの船上から紅葉狩りをお楽しみください。最上川舟下りでは、雄大な自然を見ながら船頭の舟唄をお聞きいただきます。ゆったりとした癒しのひとときをお過ごしください。

<ポイント②>特徴のある温泉旅館にご宿泊

1日目は蔵王連峰を正面に望む小高い丘に佇む「かみのやま葉山温泉 名月荘」にご宿泊。すべてのお部屋に専用の露天風呂または半露天風呂やテラスがあり、誰にも気を遣うことなくゆっくりとお寛ぎください。

3日目は日本海を臨む、夕陽の美しい湯野浜温泉の中でも日本海庄内砂丘の波打ち際に建つ「游水亭いさごや」にご宿泊。天気に恵まれればお部屋から夕日が沈む様をご覧いただけるよう、早めにお宿にチェックインします。

夕食は日本で唯一「ユネスコ食文化創造都市」に認定された鶴岡の食材を使い、美食家として知られた北大路魯山人のうつし器に盛られた美しい料理をお楽しみください。

例年10月下旬に南東北の紅葉は見ごろを迎えます。
この時期にしか見られない絶景をさまざまな角度からお楽しみください。

秋野空哉(あきの くうや)

初めての携帯はスマホのZ世代。5歳からサッカーをはじめ、今でもサッカーボールと相思相愛の仲。週末はサッカー観戦に没頭。先輩方に教わりながら1日1mmでも成長できるよう日々前進中。田んぼに囲まれ育った山形県鶴岡市出身。

他の記事を探す

書いた人から探す