【シルバーウィーク出発!】9月18日 (土)発 秋の味覚が愉しめる山口へ!


9/18(土)出発 山口県を訪れるツアーがあと一歩で催行決定です。

・自然・歴史の景観美を訪れる山口の旅 4日間 >>ツアーの詳細は、こちら


今回のテーマ「秋の味覚」

本ツアーでお召し上がりいただける旬の食材のをご紹介します。


①「特選秋会席」を 日露首脳会談の舞台になった名宿・大谷山荘で。

yamaguchi_Otanisanso_specialcousemeal1280

これまでに数々の著名人をお迎えしてきたこちらでは、ご夕食に「特選秋会席」をご用意しております。

秋の深まりを目で楽しませてくれる柿釜の前菜や、きのこや根菜といただく黒毛和牛のすき焼きなど、味わい豊かな品々をお召し上がりいただきます。

ご当地の食材を利用したこだわりの会席料理をお愉しみください。

※食材は仕入れ状況によって変更になる場合がございます。

画像提供:大谷山荘


大谷山荘名物のとらふぐの唐揚げ

yamaguchi_otanisanso_friedglobefish1280

旨みが凝縮された弾力ある肉質のアラ、ふっくらとしていて淡泊な味わいの身、両方をご堪能いただきます。

画像提供:大谷山荘


山口県中部・徳地地方の豊かな自然が育くんだ自然薯とろろ

yamaguchi_otanisanso_tokudigratedyam1280

こちらの地域でとれる自然薯のとろろは粘り気が強いことで有名で、つまむと他の食材も持ち上がってしまうほど。

焼き茄子やトマトとともに生姜酢でさっぱりと仕上げており、口に運ぶとつるっと舌先に滑り込みます。

画像提供:大谷山荘


②秋~春が旬!ふぐ食解禁の地 下関でいただく会席料理

yamaguchi_globefish1280

最後のご夕食には、この時期旬のふぐ会席をご用意いたしました。

ふぐが味わい深く感じられるのは「秋の彼岸から春の彼岸まで」と言われており、一層美味しさを引き立てる柑橘類の旬の時期であることも一因と考えられています。

クセがなく食べやすいといわれるふぐ刺ですが、もみじおろしなどの薬味を使ってピリ辛にいただくのも本場で味わう楽しみではないでしょうか。

画像提供:一般社団法人 山口県観光連盟


③秋が旬の魚介が揃う 関門の台所・唐戸市場

yamaguchi_shimonoseki_karatomarket1280この時期旬この時期旬の魚介は、サバ、サワラ、タチウオ、ウチワエビ。毎朝獲れたてのお魚が店先に並びます。

一般の方にも直接販売を行う全国的にも珍しい市場で、訪れる人との交流を大事にしているところも魅力の1つです。

お土産を選びの際は市場の方にその日のおすすめを聞いてみるのも良いかもしれません。

※品揃えは当日の仕入れ状況によって異なります。

画像提供:下関市観光政策課



【このツアーのホテル、観光情報】 >>詳細はこちら。


実りの秋にふさわしいこの時期ならではの食を味わってみませんか。

9/18(土)出発 山口県を訪れる4日間の旅 >>詳細はこちら

浅沼澄花(あさぬま すみか)

2000年生まれ、入社2年目の社員。西暦の下二桁=年齢を小ネタにしています。 食べることが大好きで、好き嫌いがなく食べられるのが自慢! 小さいころから離島生活を送っており、一番長く住んだのは八丈島。 将来も自然が綺麗な田舎に住むことが夢です!

他の記事を探す

書いた人から探す