まもなくコロンビア・パナマの旅へ!


パナマ運河にて


26日より、コロンビア・パナマの旅に行ってまいります。


■No3348

パナマ運河クルーズと鉄道を満喫 コロンビア・パナマ周遊 10日間


コロンビアは近年、政府の取り組みが効を奏して、急速に治安が改善されています。

町の雰囲気だけでなく、約800段ある悪魔のタワーを上りきれるかなど、コロンビアを楽しみたいと思います。


パナマでは鉄道にも乗車しますが、やはりパナマ運河。

1ヶ月に1度しか就航しない長距離運河クルーズをお楽しみいただきます。


パナマ運河ができるまでの変遷を振り返ると、何とスペイン、ポルトガルが覇権を争った大航海時代にまで遡ります。

コロンブス、マゼランに始まり、ピサロなどによる南米地域の侵略、彼らを邪魔した海賊の存在。

彼らの野望や希望、苦労が重なり、時代の発展とともにパナマ運河はできました。

このあたりは現地でご案内します。


余談ですが、カリブ海の国々の言語のほとんどがスペイン語であるのに、どうしてジャマイカだけは英語なのでしょうか。


答えは、金銀財宝を積んだスペイン船を襲ったイギリス海賊のアジトの島だったから。


このようにいろんな話をしながら、楽しく過ごせたらと思います。

よろしくお願いいたします。

岩井六朗(いわい ろくろう)

いつも無骨に全力投球。JTBグランドツアーでの添乗回数も多く100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。