日本全国美味しいものはたくさんあれど、関西出身の私にとっては、京都ほどテンションの上がるところはありません。


創意工夫にあふれた季節を感じる会席料理、

優しい大豆の甘さとなめらかな舌触りの湯豆腐、

きりっと酢〆されたサバ寿司、

おふくろの素朴な出汁染みる野菜の炊き上げなどの各種おばんざい、

お寺や神社でいただく精進料理、

抹茶やお漬物・・・

春のタケノコに、夏の鱧など季節感じる食材の数々。

考えるだけでよだれが出てきます。

いつ行っても、いつも、ワクワクさせてくれます。


京都_おばんざい

京都のおばんざい(イメージ)


ご存知の通り、京都は794年から1869年まで都でした。

公家・武家・僧侶などのしきたりや行事が日常に溶け込み、独自の食文化が育まれ、海から離れているということもあり、野菜中心で、出汁など工夫をすることで美味しいものを作り上げる技術も高まったとのことです。



今回のツアーでは、北部日本海岸も訪れ、日本海側でズワイガニやお寿司、

京都市内では、天ぷら会席やおばんざい、湯豆腐など美味しい京都をいっぱい詰め込みました。

カニ_日本海_城崎温泉

ズワイガニ会席(イメージ)


今回はグルメに絞ってご紹介しましたが、このツアーでは春爛漫・例年の桜の時期にぴったりあてはめました。

春だからこその特別拝観なども盛り込み、魅力いっぱいの旅に仕上げています。


次の春は、京都でお花見にお出かけください。

京都駅を発着地としていますので、東京以外にお住まいのお客様もご参加いただきたいツアーです。


湯めぐりの城崎温泉と春の京都 4日間 

3月28日(日)限定出発です。


岡田彩(おかだ あや)

中学生の頃から夢みた職業が添乗員。「お客様と一緒に旅を楽しむ」をモットーに、添乗業務にあたっています。 美味しいごはんと美味しいお酒があれば幸せ。添乗歴は80ヵ国以上、得意エリアはイスラム圏。

他の記事を探す

書いた人から探す