小笠原 クジラウォッチングも南島上陸も、叶いました!


小笠原 父島へのツアーからすっかり日に焼けて戻ってまいりました。



午前中に上陸を試みた数艘のボートのうち一艘しか上陸できなかったと聞き、私たちは午後にトライすることに。

願いが通じたのか早めのお昼の後、見事南島に上陸! 手つかずの自然や景色をお楽しみいただくことができました。

お客様の強運に感謝です。

クジラ


今回、イルカとウミガメには出合えませんでしたが、クジラには何頭も出合うことができました。

リラックスして手を振るように胸ビレを動かしたり、背びれをグッと持ち上げてダイナミックに潜ったり…。

アフリカのサファリもそうですが、野生動物の自然な姿には人間を癒す効果があるなと実感しました。


父島を離れる日、島の方々は観光客の私たちにも「いってらっしゃ~い!」と言って見送ってくれます。

また戻りたい、そんな思いにさせてくれる小笠原の魅力は24時間かけてでも行く価値のあるものです。

船旅が苦手な方も酔い止めを手に、小笠原を訪ねてみませんか?


【添乗員がご一緒するパッケージツアー】No.6000 おがさわら丸特2等寝台で往く世界遺産小笠原諸島6日間

【個人旅行】No.8903a2021 世界遺産小笠原諸島6日間

【個人旅行】No8903d2021 7月・8月限定 世界遺産小笠原諸島7日間.

加藤悦子(かとう えつこ)

通算2,000日以上の添乗経験の中で、イタリアの青の洞窟に入れなかったことが一度もない、という強運の持ち主。人々の優しさに癒されるポルトガル・イランが好き。神奈川県出身。

他の記事を探す

書いた人から探す