「オーストリア・リーデルグラス紀行」帰国レポート


特別企画「リーデル・ルームでの優雅な夕食と工場訪問も楽しむ オーストリア・リーデルグラス紀行」から帰国しました。


オーストリア_リーデル_ワインとグラス


私の1,300日間の海外添乗経験の中で、ワイングラスでこれほど食事の印象が変わるツアーは初めてでした。

一番印象に残ったのは、2日目のホテルグレイルでの夕食です。


リーデル本社すぐ近くにあるこのホテルグレイルには「リーデル・ルーム」というレストランがあり、

すべてのワインをリーデルのハンドメイド・デカンタでサーブをしてくれます。

基本的に、グループ予約を受け付けていないのですが、今回特別にリーデル・ルームでの夕食とご宿泊が実現しました。


お食事の内容をご紹介します。


①温・冷トマトスープ

オーストリア_リーデル_料理スープ


②ポーク

オーストリア_リーデル_料理ポーク


③子牛

オーストリア_リーデル_料理ビーフ


④マスのグリル

オーストリア_リーデル_料理魚


⑤鹿肉

オーストリア_リーデル_料理鹿



⑥りんごのスイーツ



日本人にはとても嬉しい、少量ずつのコース料理全6品をお召し上がりいただきました。


それぞれの食事に合うワインをホテルスタッフが選んでくれるのも嬉しいですが、

この夕食が驚きなのは、このワインの味を引き立たせてくれるリーデルグラスも一緒にセットされることです。

さらにホテルオーナー自ら料理やグラスの説明があり、食事の随所に嬉しいサプライズが隠されています。


オーストリア_リーデル_グラスとテーブル


食事の期待値が高いイタリアやフランスのツアーにも引けをとらない、

美味しい食事とワイン、そしてグラスを楽しめる充実の8日間でした。


ワイングラスによって、こんなにワインの味が変わるのか?と目から鱗でした。

ワイン好きの方、ぜひこのツアーにご参加ください。


◎このツアーにご参加いただいたお客様の声はこちら>>


◎各出発日、10名様限定!2020年出発のツアー詳細はこちら>>



\2020年1月31日(金)にイベントを開催します/

ワイン好きの方向けに、旅に行きたくなるテイスティングセミナーを開催します。

グラスの違いによるワインの味わいの変化をぜひご自身で体感してみてください。

当日は、実際に現地を訪れたことのある添乗員がツアーの内容について、詳しくご案内する予定です。

詳細はこちら>>

久保池豊(くぼいけ ゆたか)

自他ともに認める話し好きで、ツアー中も笑いが途切れない。得意な地域は、スイスとアイスランド。そして20回以上添乗しているオーロラツアーでは、鑑賞のコツを熟知。カレーライスが好きな東京・目黒生まれの世田谷育ち。