これぞ和のおもてなし!屋久島サンカラホテルのサービス


旅といえば、やはり宿や食事が大事な要素です。


私が11月に行った屋久島は、お客様も大満足をいただけたツアーでした。

その大きな理由の1つが、連泊したサンカラホテルの存在。


とにかくサービスが素晴らしかったです。

スタッフは名前で呼んでくれるだけではなく、部屋毎の予定もしっかり把握してくれています。

タクシー会社やバス会社とも連携をしていて、大きなバスは敷地内に入れないのですが、ホテル外の停車口までお迎えのゴルフカートが待っていてくれます。

トレッキングやハイキングの後には、湯船にお湯を張っていてくれていて、疲れた体をすぐに温めることができます。

お部屋に屋久島名産の茶葉の用意があるのですが、持ち帰りたい場合にはその旨をコンシェルジュに伝えると、専用のお土産袋を用意してくれます。


屋久島_サンカラホテル_亀

(お部屋の外にこの陶器でできた亀を置くと「Don't Disturb!」 洒落っ気ある演出も素敵でした。)


食事も朝からコース仕立て。

パンはホテル内で焼いていて、目移りするほどのたくさんの種類が食べ放題。

ついつい食べ過ぎてしまいます。

3泊以上する場合には、和食への変更も可能です。

屋久島_サンカラホテル_朝日

(サンカラホテルからは朝日を見ることができます。)


夕食は2種のレストランがあります。

okasはオープンキッチンの創作フレンチが魅力で、屋久島で獲れた魚介類や野菜などを使用し、上手に計算されていて、とにかく美味しいのです。

ついついお酒も進み、長居をしてしまいました。

屋久島_サンカラホテル_okas

(オープンキッチンのokas 美味しかった!)


マイナスイオンをいっぱい浴びて、歩いて、疲れた体を居心地の良い宿で美味しい食事を食べて休める。

この感覚は、以前、パタゴニアのチャルテンに行った時の感覚にどこか似ているな、と感じたのでした。


また、こちらはふるさと納税の対象となっています。

ふるさと納税のご案内はこちら>>



岡田彩(おかだ あや)

中学生の頃から夢みた職業が添乗員。「お客様と一緒に旅を楽しむ」をモットーに、添乗業務にあたっています。 美味しいごはんと美味しいお酒があれば幸せ。添乗歴は80ヵ国以上、得意エリアはイスラム圏。

他の記事を探す

書いた人から探す