期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

青沼潤ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

写真集にも負けないくらい。

2018年10月26日

ケニアのマサイ・マラで出会った雄&雌ライオン  撮影:青沼


たまに、昼休みにふらっと本屋さんへ立ち寄ることがありますが、
特に目的がなくても、やっぱり旅行コーナーはのぞいてしまいますね。
「 死ぬまでに訪れたい!」 とか、「 絶対行きたくなる! 」とか、
そんな 「 絶景 」 コーナーが人気で、確かにどれも本当に綺麗です。

あと、大自然の風景や野生生物の写真集が並べてある棚も、ついつい見てしまいます。

真っ青なラグーンとか、トロピカルな南の島とか、海中や雪原やサバンナの生き物とか、
野生じゃないですけど野良猫とか。

今は、〇〇映えとか、SNS上で画像を紹介することが主流になっていますけど、
そういうことが流行るずっと前から、私にとっては学生や社会人になりたての頃から、
本屋さんの旅行コーナー、写真集コーナーは、魅力的なたくさんの写真で溢れていたし、
「 いつか自分もこの場所へ立ってみたい!」 「 いつかこの景色を見てみたい! 」
と心をときめかせてくれたものでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんで、こんな事を書いたかというと・・・。
新しいパンフレットにあわせて外務省の海外安全情報をチェックする際、
まだ納品前だったので、校了後の原稿の束にパラパラと目を通したのですが、
その時、素直に、どのページも綺麗だなって思いました。

私がパンフレットを作成していた頃は、他と差別化するために横型でしたが、
約1年半前に、より見やすくするために縦型になり、統一感のある白色になりました。

各コースのメイン写真も、ところどころに散りばめられている写真たちも、
純白のページに映えて、どれも本当に絵になるなと思いました
(写真に対して、絵になるという言い方はおかしいですが・笑)


借り物の写真もゼロではありませんが、そのほとんどが、ツアー責任者が
添乗中に普通のカメラやスマートフォンで撮ってきた写真です。

この写真たちを見ていたら、きっと私も、きっと自分も、
こんな景色を見られるんじゃないか、こんな写真を撮れるんじゃないかって、
思ってもらえるかも知れません。

もちろん、本屋さんに並んでいる写真集やガイドブックにはかないませんけど、
かつて私が本屋さんで心をときめかせていたのと同じように、
このパンフレットを見て、「 ここへ行ってみたい! 」 「 こんな景色に出会いたい! 」
って思ってくださる方がいたら嬉しいなって、思いました。


社内に無数にある象の写真でも、自分で撮ったものはわかるものですね。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼 潤 ( 2018年10月26日 18:30 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

青沼潤

(あおぬまじゅん)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

青沼潤 プロフィール

仕事中は超ストイックだが、プライベートは野良猫のように自由気ままで動物と出会える旅が好き。鋼のような腹筋と体力を維持するために、今でも打撃系格闘技の修行を続けている。
------------------------------
■添乗モットー
添乗員としても、旅人としても、初心を忘れずにいること。

■好きな国・地域
大自然を感じられ、生き物が見られる場所ならどこでも大好きです。一番印象に残っているシーンは小笠原の父島で巨大なマッコウクジラの群れに、水中でわずか10mほどの距離まで近づいたこと!感動&恐怖心で興奮しっぱなしでした。天国だと思える場所はタヒチ・ボラボラ島のラグーン、自分の死に場所と決めているのは、知床岬先端の大草原。オホーツクに沈む夕日を眺めながら、静かに目を閉じたい。

■趣味・特技
趣味は打撃系格闘技をやること&観戦すること。高校時代は空手部所属。現在はムエタイ&キックボクシングの修行中(修行歴10年)。雑貨屋めぐりも好き。特技は野良猫と仲良くなること。