期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

青沼潤ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

エルドアンさんに会ってきました!

2018年05月15日

最近、複数のテレビ番組で紹介されていたシャーヒ・ジンダ廟
5日(土)に、ウズベキスタンより帰国しました。

ウズベキスタンとトルコの大統領がブハラを訪れていたのですが、
タキ(バザール)の近くでその一行とすれ違い、エルドアンさんに「ウェルカム」と言ってもらえ、
ミルズィヤエフさんに手を振ってもらえたのはいい想い出です。

個人的に一番印象に残ったのは、ブハラで訪れたイスマイル・サマニ廟の管理人さん?
の一言でした。

廟内にとても可愛くて人懐っこいネコがいたのですが、私がそのネコの頭をなでていると
にっこりと笑って「 私のよ 」 と言ったのです。

きっと彼女はそのネコのことが凄く大切で、可愛くて、彼女にとって自慢のネコなんだと思います。
私がそのネコを可愛がっていたから、彼女も嬉しかったのかな~なんて勝手に想像しました。

そして、自分は「 これは私のもの 」 と言えるものを何1つ持っていないことにあらためて気付きました。
何も持っていない、そんな生き方も悪くはないと思いますが。

彼女が発した何気ない一言ですが、この旅の中で一番印象に残った場面です。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼 潤 ( 2018年05月15日 08:00 ) |  メッセージを送る(0)

ゴールデンウィークは素敵な青の世界・ウズベキスタンへ。

2018年03月30日

サマルカンド、レギスタン広場のシェルドル・メドレセ(イメージ)撮影:青沼


本日は2017年度最終営業日。
カンボジアで新年を迎え、アンコールワットで初日の出を眺め、
帰国して 「 さあ、新年が始まるぞ!! 」 と思ったばかりなのに、
早いものでもう3月も終わりですね。

どこもかしこも桜が満開、ここ数日のポカポカ陽気、
まるで、今この時、日本にいる全ての人々が(お散歩中のワンちゃんや野良猫たちも)、
桜を愛でながら春の訪れをお祝いしているかのようですね。

グランドツアーにも新しい仲間が加わり、新たなスタートを切る、始まりの季節。
一方で、凄くお世話になったり、凄く迷惑を掛けたり、
それなのに全然恩返しをできなかった方が異動になってしまったり。
そんな、ちょっぴり切なく、ちょっぴり寂しい季節でもありますね。。。


ヒワのイチャン・カラ(内城)をのんびり散策しましょう(イメージ)撮影:青沼
さて、私の新年度1本目の海外旅行は
4月27日(金)から9日間、ウズベキスタンへご一緒させていただきます。
※一部日程に変更があり8日間→9日間になっています。

2016年9月以来、約1年7ケ月ぶりですが、
私の大好きな青・青・青! の世界、 悠久の歴史を感じるシルクロードの世界を
再び訪れることができるのを、とても楽しみにしています。

~ ご参加いただく皆様、どうぞよろしくお願いいたします。 ~

青く美しいタイルが続く、サマルカンドのシャーヒ・ジンダ廟群(イメージ)撮影:青沼


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼 潤 ( 2018年03月30日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

トルコより戻りました。

2015年01月07日

ローズバレーの夕暮れ(撮影:青沼)
4日(日)、無事にトルコより戻りました。
グランドツアーの添乗だけでも15回ぐらい?トルコを訪れておりますが、この時期は初めてでした。

エフェソス遺跡では激しい雨、パムッカレでも曇天、乗り継ぎ時のイスタンブールでは雪が降っていましたが、
旅のメインとも言えるカッパドキアでは、見事、晴天に恵まれて、ローズバレーでは
綺麗な夕陽を見ることができました!

6泊8日という短めの日程と日没が早い時期ということもあり、日程をあれこれアレンジするのは難しかったのですが、
大型バスでゆったり移動し、私たちだけのテーブルでゆっくり美味しいものを食べて、
最後のイスタンブールではチュラーン・パレスの素敵なお部屋にお泊りいただき、楽しい旅になりましたね。

この時期にご参加いただくお客様の多くは、ゴールデンウィークやお盆、年末年始など
限られたお休みの海外旅行を楽しみにしてくださっている方々です。
普段いろいろお忙しくしていらっしゃるからこそ、旅行中はのんびりとリラックスして
過ごしていただけたら嬉しいですが、いかがでしたでしょうか。

たくさんある年末年始のツアーの中で、グランドツアーのトルコを選んでいただき、
ご一緒していただいて有難うございました!
また次のご旅行までお元気で! お仕事等、頑張ってくださいね!


◆カッパドキアの年越し◆

 ガイドさんからは「イスタンブールは賑やかだけど、カッパドキアでは特に何もないよ・・・」と聞いていましたが
日付けが変わるころ、あちこちから花火が打ち上げられました!!
私たちが泊まっていたホテルのすぐ裏手からも、ギョレメの町中からも、ウチヒサールの高台からも。
寒空の中でしたが、思わず部屋の外に出て、眺めてしまいました。
新年を迎えたという気分になれて、やっぱりいいですね。


◆カッパドキアのハトの谷◆
その名の通りハトがたくさんいましたが、同じくらいスズメもたくさんいました。
羽を膨らませて着膨れしている感じが可愛かったです!

ハトとスズメがたくさん!(撮影:青沼)実はスズメもかなり好きです(撮影:青沼)
◆エフェソス遺跡の野良猫たち★
相変わらず、たくさんの野良猫たちがたくましく生きていました。
激しい雨と風にも関わらず(そんな中だからこそ)、観光客から食べ物をもらおうと近寄ってくるのですが、
なつっこいところも、知らん顔してちょこんと遺跡に座る姿もやっぱり可愛かったです!
(今回は写真なしです・笑)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2015年01月07日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

新パンフレットに関するお詫び

2014年12月01日

表紙は乾季のウユニ塩湖です(撮影:青沼)
先日、11月25日(火)に納品された
「2015年4月~10月出発  中南米・アフリカ・トルコ・中近東・アジア」パンフレット。

印刷工程に不備があり、一部のページでツアータイトルの文字が薄くなっていたり、
写真が白っぽくなってしまっています。

再印刷・再納品することになりましたが、パンフレット完成にあわせた一斉発送のスケジュールの関係で
再納品を待つことができませんでした。

皆様のお手元に届くパンフレットに上記のようなページが含まれてしまっていることにつきまして、
このパンフレット制作担当者の1人として、お詫びを申し上げます。

大変申し訳ございませんでした。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2014年12月01日 13:00 ) |  メッセージを送る(0)

カッパドキアで年を越し、新年はボスポラス海峡から!

2014年11月26日

こんな素敵な景色を見られるでしょうか?(3月青沼撮影)
年末年始の添乗予定が決まりましたので、お知らせします。

12月28日(日)出発  
わずか18室の洞窟ホテルとチュラーン・パレスに泊まる
アナトリアの大地に優雅な時を刻む トルコ夢紀行 8日間

何度も訪れているトルコですが、年末年始に訪れるのは初めてです。
年越しは、キノコ岩など世にも珍しい奇岩群を見ることができる世界遺産のカッパドキア、
昨年のマチュピチュに続き、今回も世界遺産で1年を終え、新たな年を迎えます!

写真は数年前、3月に私が撮影したカッパドキア(ギョレメ野外博物館)の雪景色です。
真っ白でも絵になるカッパドキアの大地。もしかしたら、こんな風景に出会えるかもしれませんね。

トルコは"アジアとヨーロッパの架け橋"と呼ばれるだけあって、
いろんな文化が混ざり合う活気とエネルギーに満ち溢れた国。
そして、海に囲まれたイスタンブールは、私の大好きな街の1つです。

1月1日はカッパドキアからイスタンブールへ移動し、ボスポラス海峡をクルーズ予定。
アジアとヨーロッパに挟まれた海原を航海するなんて、なんだか新しい年の始まりにピッタリですね。
来年は、少しはいいことがあるかな・・・(笑)

これまた世界遺産のパムッカレで、温泉(温水プール)へ入るのも楽しみですね。
水着をお忘れなく!

ご参加いただく皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

ギョレメ野外博物館の雪景色(撮影:青沼)アジアとヨーロッパの架け橋 (11月青沼撮影)

 

 

 

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by グランドツアー ( 2014年11月26日 21:30 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

青沼潤

(あおぬまじゅん)

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

青沼潤 プロフィール

仕事中は超ストイックだが、プライベートは野良猫のように自由気ままで動物と出会える旅が好き。鋼のような腹筋と体力を維持するために、今でも打撃系格闘技の修行を続けている。
------------------------------
■添乗モットー
添乗員としても、旅人としても、初心を忘れずにいること。

■好きな国・地域
大自然を感じられ、生き物が見られる場所ならどこでも大好きです。一番印象に残っているシーンは小笠原の父島で巨大なマッコウクジラの群れに、水中でわずか10mほどの距離まで近づいたこと!感動&恐怖心で興奮しっぱなしでした。天国だと思える場所はタヒチ・ボラボラ島のラグーン、自分の死に場所と決めているのは、知床岬先端の大草原。オホーツクに沈む夕日を眺めながら、静かに目を閉じたい。

■趣味・特技
趣味は打撃系格闘技をやること&観戦すること。高校時代は空手部所属。現在はムエタイ&キックボクシングの修行中(修行歴10年)。雑貨屋めぐりも好き。特技は野良猫と仲良くなること。