期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

青沼潤ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

青!

2018年01月26日

天気が良ければもっと綺麗なんですけどね。

今まで何度も「青好き」を公言し、様々な青に魅了されてきた私ですから、
どれを選ぶか本当に迷いました。

そんな私が選んだのはチベットのヤムドゥク湖です。

ラサから約2時間30分、標高約4,800mのカンパラ峠から見下ろすその姿は、
チベット語で「トルコ石の湖」を意味する名前のとおり、青く輝いています! 
トルコ石の青さも石によって異なりますが、ここは深く、濃い青色ですね。

ここを訪れたら、是非、湖畔まで降りて、水に触れてみてくださいね。

◆ツアー責任者松前が選んだ「青!」はこちらから>>

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼 潤 ( 2018年01月26日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

世界のどこでも、1人でも楽しいこと。

2016年11月04日

ライトアップされた観覧車(撮影:青沼)
ここ数日はめっきり寒くなってきて、街中はクリスマスムードも漂ってきましたね。

私が通っているキックボクシングのジムは水道橋駅近くにあるのですが、
いつも後楽園駅から、ラクーア、東京ドームシティ、東京ドームの横を通って歩いて行きます。

まだクリスマス仕様にはなっていませんが、建物や遊具が色鮮やかにライトアップされ、
夜には多くの楽しそうなカップルで賑わっています。

そんな様子を眺めながら、眩い光に包まれて、ゴングの音、サンドバックやミットを打つ
ドスン、バチーンという音、気合の掛け声が響くジムへ向かい、
そんな様子を眺めながらほてった身体を冷たい空気で冷やし、
痛めた足をひきずりながら駅へ向かう、そういうのがたまらなく心地いいんです(笑)

派手なネオンを眺めながらジムへ!(撮影:青沼)
私は基本的に何でも1人でへっちゃらなので
(まあ、寂しいと思うこともありますが、1人だからといってやりたい事を我慢はしません!)
ここ東京ドームシティの遊園地へ1人で来て、
1人でジェットコースターに乗ったり 1人で観覧車に乗ったこともあります。
観覧車から降りた時、列に並んでいる人たちに「なんでこの人1人なんだろう?」
っていう目で見られて、やや恥ずかしかったですけど・・・(笑)

今年は日本で1回、海外で1回、観覧車に乗る機会がありました。
海外で乗ったのは9月のウズベキスタン添乗、ブハラです。

これはこれで可愛い! ブハラの観覧車(撮影:青沼)
東京ドームシティのそれと比べてしまうとかなり低いですけど、
1周10分ちょっとかけて、ゆっくりとブハラの街が一望できて、
とても気分が良かったです。

ご参加いただいた皆様も
「 観覧車に乗るなんて何年ぶりだろ~。楽しかった~! 」 って、凄く喜んでくださいました。


ライトアップされた巨大な観覧車を見上げながら、そんな事を思い出している
今日この頃です。。。

ブハラの街をゆったりと一望!(撮影:青沼)


【後記】
11日(金)にキックボクシングジムを訪れる際に通ったら、
クリスマス仕様のイルミネーションが始まっていました!
あまりに綺麗だったので、写真を載せておきます(笑)

大きなクリスマスツリーも!
まるで光の天井のよう!今年のイルミネーションはイタリアがテーマだそうです。見てうっとり、歩くと楽しい光の階段!


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 青沼潤 ( 2016年11月04日 22:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

青沼潤

(あおぬまじゅん)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

青沼潤 プロフィール

仕事中は超ストイックだが、プライベートは野良猫のように自由気ままで動物と出会える旅が好き。鋼のような腹筋と体力を維持するために、今でも打撃系格闘技の修行を続けている。
------------------------------
■添乗モットー
添乗員としても、旅人としても、初心を忘れずにいること。

■好きな国・地域
大自然を感じられ、生き物が見られる場所ならどこでも大好きです。一番印象に残っているシーンは小笠原の父島で巨大なマッコウクジラの群れに、水中でわずか10mほどの距離まで近づいたこと!感動&恐怖心で興奮しっぱなしでした。天国だと思える場所はタヒチ・ボラボラ島のラグーン、自分の死に場所と決めているのは、知床岬先端の大草原。オホーツクに沈む夕日を眺めながら、静かに目を閉じたい。

■趣味・特技
趣味は打撃系格闘技をやること&観戦すること。高校時代は空手部所属。現在はムエタイ&キックボクシングの修行中(修行歴10年)。雑貨屋めぐりも好き。特技は野良猫と仲良くなること。