期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

綾部正洋ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

【大募集中】 ベストシーズンのスリランカへ!

2018年11月01日

12月8日(土)から8日間で、「憧れの"アマン"に泊まる スリランカ夢紀行」のツアーに同行させていただくことになりました。

スリランカのツアーはたくさんありますが、中でもこのツアーはラグジュアリーなホテルを厳選して組んだ「夢紀行」シリーズの一つで、大変人気があります。

その最大の理由は、最近日本でも話題になっているラグジュアリ-ホテルの代表格アマンに泊まるからです!

海に面したゴールという街にあり、オランダ統治時代を彷彿とさせるコロニアル建築で、優美な内装が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。部屋数はわずか28室!優雅な滞在をお楽しみください。

またダンブッラでは、トロピカル建築の天才として知られるあのジェフリー・バワが設計したリゾートホテル「ヘリタンス・カンダラマ」に連泊します。周囲の大自然と調和した素晴らしい建築で、時が経つのを忘れてしまいそうなほどです。

一昔前までは寺院めぐりが中心だったスリランカツアーですが、このようにラグジュアリーなホテルでの滞在や、アユールヴェーダ体験、紅茶の産地ならではのハイティーなど、オシャレなイメージが定着しつつあります。

年間を通じて暑い国ではありますが、12月ごろからは比較的涼しくなり、一年の中で最も過ごしやすく観光には最適なシーズンになります。

このツアー、催行確定は出たものの現時点でのお申し込み人数が大変少なく、現在大募集中です!

どなたか、ご興味ある方いらっしゃいませんでしょうか?
是非、ご検討ください。

神秘的なシーギリヤロック

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 綾部 正洋 ( 2018年11月01日 10:36 ) |  メッセージを送る(0)

最高の天気でした!

2018年10月22日

ケープタウンのウォーターフロントから見たテーブルマウンテン。今回は頂上からもきれいに景色が見えました!(撮影:綾部)

10月6日出発「南部アフリカ周遊 9日間」に添乗させていただきました。
2日目のチョベから、8日目のクルーガーまで、毎日が快晴!

ここまでお天気に恵まれると、お客様からも「もともとほとんど雨が降らないのでは?」というようなお声が...。

現地での最終日、それは違うということが証明されました。

空港から飛行機に乗って帰国するという日だけが雨!

お天気だけではなく、ビッグ5と呼ばれる動物(ライオン、サイ、バッファロー、ゾウ、そしてヒョウも!)がすべて見ることができた、とてもラッキーな旅でした。

ご参加いただいた皆様、時差ぼけはとれましたでしょうか?

今度は是非、ケニア・タンザニアで!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 綾部 正洋 ( 2018年10月22日 16:33 ) |  メッセージを送る(0)

再びアフリカへ!

2018年10月01日

チョベの夕景(今年5月 撮影・綾部)

今年は5月に南部アフリカのツアーに同行させていただきましたが、今週末から再び、南アフリカ、ジンバブエ、全ビア、ボツワナを周るツアーに行かせていただくことになりました。

日本は記録的な猛暑が続いた夏がようやく終わろうとしていますが、南半球になる南部アフリカ諸国は今ちょうど冬が終わり、これから春を迎える時期です。

今回も、チョベとクルーガーでのサファリや、世界第二位の巨大瀑布ビクトリアの滝、そして世界自然遺産にも登録されている喜望峰等、地球規模の大自然を堪能していただきます。
はたして今回は、どんな動物たちが出迎えてくれるでしょうか。

ご参加いただく皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 綾部 正洋 ( 2018年10月01日 16:01 ) |  メッセージを送る(0)

食べていいの?

2018年09月03日

今日は、実際お客様と一緒に体験したちょっと面白いお話を。
特に南国へ行くと、朝食のビュッフェ会場に、果物や野菜を綺麗に切って飾る「カービング」が置いてあることがあります。
下記の写真は、先日、チュニジアのホテルにあったスイカのカービング。これは一目見て、飾りだと分かりますよね?

チュニスのホテルに飾られていた、スイカのカービング (撮影:綾部)

では、下の写真はどうでしょう?
これは、2年前、ケニアのホテルの朝食レストランに置いてあったスイカです。
うーん、これは難しい...。
実は、これもカービングだったのです!

そうとは知らず、スイカが好きなダンディで素敵なお客様がまず、何も言わずサランラップを剥がしました。
その後ろにいた私も、「美味しそうですね!」と言って、一つもぎ取ろうとしたその時!

レストランのウェイターが、笑いながら「Don't eat this watermelon! This is just a decoration !」と言って私たちのスイカを取り上げてしまいました...。
その一部始終を見ていた女性のお客様も大爆笑...。確かに、飾りを食べたら、怒られますよね。

でもどう見ても、飾りには見えなかったこのスイカ。
ちょうど、「もぎ取りやすいように切られている」と都合よく見えたのは私たちだけでしょうか?

それにしても、スイカを見るたびにどうしても思い出し笑いをしてしまう、とんでもなく楽しい出来事でした!(笑)

こちらはケニアのホテルに置いてあったスイカ。飾りだったそうです...。 





  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 綾部 正洋 ( 2018年09月03日 18:20 ) |  メッセージを送る(0)

【チュニジアだより】バルドー美術館からカルタゴへ

2018年08月10日

シディブサイドにて  (撮影 綾部)

いよいよ現地での最終日。今日は朝から快晴!

ホテルの朝食レストランで席についたら、パンやタマゴをお持ちしましょうか?と聞かれました。
さらに、イスをひいてくれ、ナプキンまでかけてくれましたが、昨日とは明らかに違う対応...。
お皿もすぐに下げてくれるし、コーヒーもジャンジャン注いでくれます。

その後、観光庁が実施しているとかいうアンケートが配布されました。
読んでみると、レストランのサービスは?とか店員の態度は?とかいう項目ばかり。

あ、これか!とは思いましたが、連泊している私は、昨日はコーヒーですら自分で取りに行かされたことを思い出しました!
何はともあれ、相変わらずのんびり、適当なところはちっとも変わっていなくて、なんだかほっとさせられた朝でした。

さて、今日はホテルをチェックアウトして、まずバルドー美術館からスタート。
あの事件後、入口には亡くなった方のモニュメントが造られていました。

もちろん、警備体制もバッチリです。
世界最高と言われるモザイク画の数々が、所狭しと飾られています。

その後、最後の訪問地カルタゴへ。

高台にある博物館、港跡、アントニウスの浴場跡をゆっくり見学し、シディブサイドへ。
パンフレットやガイドブックでおなじみのカフェで、しぼりたてのイチゴジュースをいただきました。
天気が良かったので、カフェからの景色も最高でした!

これぞチュニジア、というような青と白のグラデーションが楽しめるビューポイントです。

今から空港に向かい、丸一日かけて日本に戻ります。
五年ぶりに再訪したチュニジアでしたが、警備体制がより万全になっていたこと以外は何も変わっていませんでした。

チュニジアは、小さな国であるにもかかわらず、サハラ砂漠、保存状態の良いローマ遺跡、
イスラムの世界、美しい地中海、そしてフレンチのテイスト、と、あらゆる要素が凝縮されています。
それに加え、物価が驚くほど安い!
五回に渡って、現地から生の情報をお届けしてきましたが、
次は是非、皆様がこのステキな国の魅力に触れてみてください。

再訪したくなる国になることは、間違いないと思います。

ご一読いただき、ありがとうございました!

チュニジアだより
~完~

視察レポートを最初から読む>>




◆視察報告会を開催します◆

旅行グッズ等が当たる「GO!GO!チュニジア・クイズ」も同時開催!
ブログには書けなかった裏話などもこっそりお伝えします。
ぜひお気軽にご参加ください。

9/11(火)午後開催!祝 ツアー再開!チュニジア視察報告会

詳細・お申し込みはこちら>>


◆弊社でご用意しているツアーはこちらです◆

10/18(木)、11/15(木)発は催行決定
地中海の美しき街並みと古き良きアラブの小路散歩を楽しむ チュニジア紀行 8日間

詳細・お申し込みはこちら>>


◆視察レポート・チュニジアだより 記事一覧◆

8/6(日) カタール航空で出発です! 記事を読む>>

8/7(月) チュニジアに着きました! 記事を読む>>

8/8(火) エルジェムからチュニスへ! 記事を読む>>

8/9(水) 日本大使館でのミーティングと貸切の世界遺産! 記事を読む>>

8/10(木) バルドー美術館からカルタゴへ 記事を読む>>


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by JTBグランドツアー ( 2018年08月10日 14:17 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

綾部正洋

(あやべまさひろ)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索

綾部正洋 プロフィール

ツアー中のサプライズを考えることが大好き。アメリカ・カリフォルニア州に在住経験あり。飛行機や鉄道が大好きで時刻表を眺めているだけで幸せな気分になれる。千葉県出身。
------------------------------
■添乗モットー
添乗は「サプライズ」!! お客様に喜んでいただける「何か」をいつもこっそり隠し持って臨んでいます。

■好きな国・地域
ケニアのマサイマラ国立公園 野生動物の世界に入ると、心が癒され、ホッとします。/ナミビア・ナミブ砂漠風の音しか聞こえない巨大砂丘で、寝袋を敷いて、満天の星空の下で寝る!

■趣味・特技
趣味:お酒!(毎晩必ず欠かさず飲んでいます。)カラオケ、特技:水泳、ピアノ、素潜り。