期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

まもなくドロミテの旅

2018年06月16日

夜も賑やかなヴェローナの旧市街
先日、大学を卒業して以来の友人がSNSを通じて連絡をくれたり、
高校の違うクラスの同窓会なのに何故か呼ばれたり、
これ以外にもお誘いをいただくなど、ありがたいことが続きました。

また先日の職場にて、緊急の事案を助けてくれた社員がいました。
(青沼のブログでは私の小さなお礼の部分だけをクローズアップしていますが、こちらが事実です。)

先月はヨーロッパ以外のパンフレット作成チームが奮闘作成中、
ヨーロッパチームは裏でいろいろと我々を助けてくれていました。
仕事でも日常でも、いろいろな方々に支えられていることを再認識する機会となりました。

我々の仕事は感謝の積み重ねで成り立っています。
感謝の思いを胸に、これからもみなさまが安心してご旅行を
楽しんでいただけるよう、精一杯努めたいと思います。

まもなくドロミテの旅、よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年06月16日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

アメリカの大自然をめぐる旅

2018年06月11日

大自然に突如として現れる奇岩の数々(撮影:森)
7月10日からアメリカ旅行にご一緒させていただくことになりました。

■No2675 7月10日出発
イエローストーンからヨセミテまで アメリカ6大国立公園めぐり 14日間

みなさまのご旅行が楽しいものとなるよう、精一杯努めさせていただきます。
よろしくお願いいたします。





  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年06月11日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

野生の動物に癒されて

2018年06月08日

仲睦まじいキリン
公園でネコが井戸端会議をしていたので、近寄ってみました。
一匹一匹が可愛らしく、動物っていいなと思うこの頃。
このネコたちは飼いネコか、野良ネコか、なんてことを思っていたら、
沸々とアフリカの大地に生きる野生の動物が頭に浮かんできました。

私のような動物好きな方はもちろんのこと、
そうでない方も、自然界に触れるだけでも意味があると思います。
いやあ、思い出してきました。
象の群れ。子供を群れで守ったり愛が伝わります。暑気払いしている!?ハイエナ木陰で眠るライオンの群れ。
7月に出発するタンザニア・ケニア旅行では、
ヌーの川渡りがご覧いただけるかもしれません。
この機会に野生の動物に癒されてみてはいかがでしょうか。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年06月08日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

7月10日のアメリカに行きませんか?

2018年06月04日

ブライスキャニオン(撮影:龍谷)
大自然をキーワードにした国アメリカ。
アメリカは政治経済において世界を代表する国というイメージが定着していますが、
実は大自然においても世界を代表する国。国土が広いので、迫力も満点!

このアメリカツアーでお勧めのコースがあります。
No2675 アメリカ6大国立公園めぐり 14日間

予定は未定ですが、決まりましたら、こちらに同行をさせていただく予定です。
ぜひ、いかがでしょうか。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年06月04日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

接尾語でみる国名いろいろ

2018年05月29日

イタリアのフィレンツェ(撮影:山口)
世界の国々の名前をアルファベットで表すと、イタリア(Italia)、ロシア(Russia)など、
国名の末尾が「 -ia 」となる国が多いことにお気づきでしょうか。
エチオピア(Ethiopia)、タンザニア(Tanzania)、マレーシア(Malaysia)、ボリビア(Bolivia)など、
地域を問わず世界中にあります。
実はこの「 -ia 」、古代ギリシャ語やラテン語で「◯◯の国」「◯◯の土地」の意味。
またラテン語を系譜とするイタリアでは、今でもフランスのことをフランシア(Francia)、
ドイツのことをゲルマニア(Germania)と呼んでいます。
古代ギリシャ、ローマ時代の影響の大きさが伺えますね。

また「 -stan 」はペルシャ語で同じような意味。
パキスタン、カザフスタン、ウズベキスタンなど呼称エリアが固まっていることからも、
ペルシャの影響を受けた地域の状況が伺えます。

他には、英語の「 -land 」も当然同じ意味合いです。
イングランド、ニュージーランド、スワジランドなど。
おっと、スワジランドは先日国名をエスワティニに変更することになりました。
理由はスイス(英語ではスウィッツランド)と勘違いされるからだとか。
イギリスから独立して今年で50周年にあたるため、タイミングが良かったのかも。

やはり、世界は広いですね。

以下、上記の由来を持つ国々の一部ですが、催行決定や催行予定が目白押し!
ぜひ、いかがでしょうか。

■8/5発【催行予定】 ロシア夢紀行 7日間
ロシアの首都モスクワ(撮影:加藤)
■8/7発【催行決定】 ルーマニア・ブルガリア珠玉の町々からリラの僧院へ 10日間
ブルガリアのリラの僧院(撮影:岩井)
■8/11発【催行予定】 エアーズロックとシドニー、パースをめぐるオーストラリア周遊 9日間
オーストラリアのエアーズロック(撮影:森)
■8/22発【催行予定】 ンゴロンゴロ、アンボセリ、マサイ・マラをめぐる 遥かなる野生の楽園タンザニアとケニア 10日間
タンザニアにて(撮影:吉田)
■9/14発【催行予定】 青き都サマルカンドに3連泊する ウズベキスタン 8日間
ウズベキスタンのブハラ(撮影:綾部)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年05月29日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き