期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

イタリア、ラヴェンナもめぐる旅

2017年10月20日

サンタポリナーレ・イン・グラッセ聖堂(撮影:龍谷)
24日よりフェラーリにも乗車する北イタリアのツアーに行かせていただきます。
主にイタリア北部のエミリアロマーニャ州をめぐる旅です。

訪問地のなかにラヴェンナという町があります。
このアドリア海寄りの町はビザンチン時代に繁栄を極め、今もこの遺構が残る町。

古代ローマ帝国が東西に分かれた後、西ローマ帝国のホノリウス帝が
ローマからラヴェンナに首都を移したことによります。

今は陸地のこの場所もかつては沼地で、海と沼地に挟まれていました。
敵がなかなか侵略しづらいというのが、ここに町が建設された理由です。
一度東ゴートによってラヴェンナは奪われますが、その後ビザンチン帝国の
ユスティニアヌス帝によって取り戻され、国は繁栄します。

ラヴェンナではビザンチンの名残が残るサンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂や
サン・ヴィターレ教会などを訪れます。今回はどのような旅のドラマがあるのでしょうか。

精一杯努めさせていただきます。よろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年10月20日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

タンザニアでの素晴らしい日々

2017年10月18日

木の下で休むライオンたち(撮影:岩井)
先日、タンザニア旅行より戻りました。
今回はサファリドライブを楽しみ、宿泊地でくつろぐのんびりとした日々でした。

ンゴロンゴロでは、世界遺産に登録されているクレーターを眺められるロッジに宿泊。
テラスからドリンクを片手に眺めるクレーターは絶景でした。
セレンゲティではお客様全員のご要望によりホテルをランクアップ。
観光後、こちらでもまたゆっくりくつろぎました。

今回の旅は多くの動物たちを見ることができました。
何よりもライオン!これだけたくさんライオンを見る機会に恵まれたのは初めてでした。
また、木にエサを運び、優雅に眠るヒョウ、
池の中でカバが喧嘩を始め、外に飛び出したり。
更にダチョウの求愛物語が2回ありました。
最初のダチョウはフラれ、次のダチョウはうまくいきました。
うまくいったダチョウを見て皆で絶叫!

余談ですが、今回キリンを見るたびに「ヨシダ〜!」と皆で叫びました。
既にご存知の方もいるかと思いますが、
京都の動物園にヨシダという名のキリンがいます。なので、ヨシダ。
元々京都の吉田山から付いた名前のようです。
ちなみに私の隣の席も吉田。
でもこちらは漢字なうえ、叫んだ瞬間どうなることやら。

また、今回は皆、日替りで同じシャツを着て楽しみました。
シャツの図柄は日ごとにモアイ、ゴリラ、アメフトチーム、ライオン、数字の順でした。
改めてありがとうございました。
象の群れ(撮影:岩井)
暑さをしのぐハイエナ(撮影:岩井)
木の上で眠るヒョウ(撮影:岩井)
ヨシダたち(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年10月18日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

たくさんの動物たちに興奮!

2017年10月12日

チーター(撮影:岩井)

タンザニアのセレンゲティに来ています。
今回はいろいろな動物に遭遇する機会に恵まれていて、ビッグファイブと呼ばれる、
象、ライオン、バッファロー、サイ、ヒョウの全てを見ました!
また、これほど毎日たくさんのライオンを見るのは初めて!というほど、ライオンたちを見ます。
さらにガゼールを狙うチーターまで!ガゼールはチーターを振り切って逃げましたが。

毎日いろいろなドラマがあって充実した日々を過ごしています。
ライオンなど他の動物たちの写真は帰国後に!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年10月12日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

不思議な石像モアイ

2017年10月05日

アフ・トンガリキのモアイ像(撮影:岩井)
11月20日出発のイースター島とタヒチ、ボラボラ島に訪れる旅行が催行決定となりました。

◆11月20日出発 【催行決定】
特別チャーター便で往く、神秘のイースター島と太平洋の楽園タヒチ、ボラボラ島 8日間

この旅行はチャーター便なので、パペーテを乗り継いでイースター島へ。
何よりもこれだけ楽にイースター島に行けることが凄いです。
というのは、通常は飛行ルートでは南米大陸を経由していくため、
日本~北アメリカ~南アメリカ~イースター島というのが通常ルートだからです。
この通常ルートの約半分の時間で行けてしまいます。

モアイ像は全部で約400体あります。
いろいろな表情の姿があります。上の写真をみて私が思ったのは、
甲子園大会で勝った学校の生徒たちが校歌斉唱をする姿。

いろいろな場所にモアイ像があるので、
私のように自分のお気に入りもモアイ像を探したり、お楽しみいただけます。

その後はかつて画家のゴーギャンが訪れたタヒチへ。
ボラボラ島でリゾート気分。改めて魅力的なコースです。
ラノララクのモアイ像(撮影:青沼)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年10月05日 13:00 ) |  メッセージを送る(0)

食欲の秋はイタリアで

2017年10月04日

白トリュフのパスタ(撮影:龍谷)
自称、最近、少し痩せました。
とはいえ、このように主張しても誰も気付かない程度なので、最初に言ってみました。
これからは食欲の秋という素敵な修飾語が躍動する季節。

ということで、10月に行かせていただく北部イタリアのコースで
食べられそうなものを想起してみました。

◆10月24日発
あのフェラーリに試乗する 名車と美食と芸術の北イタリア 10日間

ボローニャはボロネーゼ、パルマに行けば生ハム、リミニはアドリア海。
フェラーリの他にもある隠された魅力、それが美味しい食事の日々。
秋到来!いろいろと美味しいお店にご案内できるよう、探し始めたいと思います。
プロシュート(生ハム)(撮影:岩井)
カラマリなど(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年10月04日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン