期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

モロッコは楽しい

2017年01月25日

アイト・ベン・ハッドゥ(撮影:佐藤)
2月はモロッコに行かせていただきます。

カサブランカに始まり、青い街シャウエン、世界最大の迷路の道フェズ、アトラス山脈、
砂漠、映画撮影の舞台にも登場するアイト・ベン・ハッドゥの集落、マラケシュとめぐります。

旧市街の町並みや集落を歩いたり、砂漠でラクダに乗るのも楽しい。
また、山脈や砂漠の景色、市場の雰囲気に酔いしれるのも楽しく、そして醍醐味です。

このように元々見所の多いモロッコですが、
そのうえで、現地ではみなさまにどこで何をしようか?
いろいろ考えてみたいと思います。よろしくお願いいたします。
マラケシュのジャマ・エル・フナ広場(撮影:岡田)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年01月25日 12:00 ) |  メッセージを送る(0)

いよいよパタゴニア

2017年01月19日

アルヘンティーノ湖クルーズにて(撮影:平野)
香港謝恩旅行のすぐあとになりますが、
1月26日よりパタゴニアの旅行にいかせていただきます。

パタゴニア大横断 岩峰と氷河の絶景を求めて 12日間

現在、カラファテに到着した弊社山口によると、
本日の天候は晴れ、日中の気温は高くて19℃あるようです。
我々が訪れるときはどうなることでしょうか。

大自然のなか、不便なことも多々あるかもしれませんが、
自然で便利だとかえって不自然ですね。
氷河を中心に、大自然を堪能したいと思います。

よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年01月19日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

香港の謝恩旅行に向けて

2017年01月18日

香港の夜(イメージ)(撮影:関根)
明後日より羽田空港から出発するチームの添乗員として、お世話になります。
21日の夜に開催する謝恩パーティー。
お世話になっておりますみなさまへ、少しでも感謝の気持ちをお伝えできればと思います。

あとは天気のみ。
香港はもちろんですが、出発当日の羽田空港の天候も気になります。
でもここはスカッと晴れることを願って。

よろしくお願いいたします!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年01月18日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

オーロラ、花火、アイスランドの正月!

2017年01月06日

レイキャビックでのオーロラ(撮影:岩井)
先日、年末年始特別企画 アイスランドとオーロラ 7日間旅行より戻りました。
この旅行の目的はオーロラです。街から外れた奥地にも行き、オーロラ鑑賞をトライしました。

今回の旅行ですが、雨、曇り、晴れとすべてありました。
雨ならばまだ諦めもつきますが、雲は意外と「オーロラ?」と誤解する場合もあり、期待した分、
がっかりした日もあります。そんな中、3日目にしてオーロラをご覧いただくことができました!
みな、感激!

意気揚々、更に綺麗なオーロラを見たい思いが強くなった状態で、翌4日目に首都レイキャビックへ。
大晦日にあたるこの日は幸いにも、一番綺麗なオーロラがご覧いただけました。

本当に綺麗なオーロラでした。しかも少しずつ形を変えたり。
何枚か写真を撮影しました。添付した写真もその1枚です。

でも・・・今更ですがこの写真を見ると、もっと綺麗に撮れたなと。
腕前のせいにせず、カメラを買い換えようかと思いました。

またレイキャビックの年始へのカウントダウンは独特なもの。
各家で打ち上げ花火を買って、23時30分を過ぎると年越しに向けて花火を打ち出すのです。
家庭の花火ですが、手に持つものではなく、それなりにしっかりとした大きな花火です。

カウントダウンに合わせて丘の上に移動。ここから眺めた花火は最高でした。
各家庭から一斉に打ち上げられる花火が360度すべてに轟くのです。
すべての場所から光とともに音もこだまする。これが1時間以上続くのです。
度肝を抜かれるとはまさにこの言葉。本当に凄いの一言でした。

今まで世界中の花火を見させていただきましたが、レイキャビックの花火が一番です!
度肝を抜かれたアイスランドの花火(撮影:岩井)
ご参加いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。
またご一緒して楽しめる日を願っております。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年01月06日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

2017年もよろしくお願いいたします

2017年01月01日

オーストリアのハルシュタット(撮影:岩井)
新年、あけましておめでとうございます。

「世界は広い!」

シンプルながらも、いつも思います。

「今まで行ったところで一番良かったところは?」
と、幾度となくご質問をいただきますが、どこも素晴らしく、
明確にお答えできない理由はここにあるのかもしれません。

どの世界にも溢れる魅力を、そして感動をこれからも
みなさまにお伝えできるよう、
2017年も精一杯努めさせていただきます。

本年もよろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年01月01日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き