期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

青!

2018年01月26日

青の洞窟(撮影:加藤)
青で真っ先に思い浮かぶのはイタリア、カプリ島の青の洞窟です。
天気が晴れても強風だと入ることができない至難の場所。
それだけに入ることができた時の感動も一入です。

私も何度かこの幸運に恵まれましたが、ボートは揺れるため、いつも写真がぶれてしまいます。
綺麗に撮れた写真を拝借して、この素晴らしさをお伝えしたいと思います。

◆ツアー責任者田村が選んだ「青!」はこちらから>>

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年01月26日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

スペイン南部の好きな景色

2018年01月18日

サン・ニコラス展望台から望むアルハンブラ宮殿
スペインは景観の良い場所がたくさんあります。ですので、お気に入りのポイントもたくさんです。
そのなかでも個人的に好きな場所は、スペイン南部グラナダにあるサン・ニコラス展望台。

眺める景色が世界遺産アルハンブラ宮殿ということ自体が凄いのですが、
実はサン・ニコラス展望台のあるアルバイシン地区も世界遺産。

画像だけでは分かりませんが、ミュージシャンがいることが多く、彼らがいると
明るくて陽気な音色とともに景色を眺めることができるので、個人的に好きです。

ぜひ、ここで音色とともに景色を楽しんでいただきたいポイントです。

そして、こちらはお勧めコースです。いかがでしょうか?
■3月14日出発 日本航空ビジネスクラス限定・10名様限定
No2802 情熱の国スペインゆったり周遊 10日間

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年01月18日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

遅くなりましたが・・・

2018年01月17日

講演会の準備中
ご連絡が遅くなりましたが、先週土曜日の「JTB旅行文化講演会」、「夜の屋形船」、
翌日曜日の「東京下町の名所」ツアーにご参加をいただきましたみなさま、
誠にありがとうございました。

本当はもっとゆっくり個々にお礼を申しあげたかったのですが、
なかなか時間が取れずすみません。この場でお礼を申しあげます。

現在、2018年5月以降のパンフレットを作成しています。
仕上げに向けて最後の追い込み中。こちらも楽しみにしていてください!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年01月17日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

スペインに残るイスラム文化

2018年01月10日

美の極み!黄金の天井
スペインは温暖な気候とともに人々も柔和。
食べ物も美味しいのでとってもお気に入りの国。
歴史もイスラム文化の時代もあり、多様な文化の名残がある素晴らしい国です。

セビリアにアルカサルという世界遺産があります。
スペイン王室の宮殿ですが、かつてはイスラムの宮殿であったため、
キリスト教建築のみならずイスラムの名残を残しています。このようにスペインで
イスラムの様式にキリスト教の様式が折衷されたものをムデハル様式といいます。

イスラム教は偶像崇拝が禁止されています。
そのため、神聖なるモスクに飾るデザインとして、
草花、幾何学、アラビアをそれぞれ駆使した独自の文様が発展しました。
幾何学文様を駆使した芸術
アルカサルにはこのような文様がいたるところに残っています。
凝視するとひとつひとつが細かくて、彩りも豊かです。
こんなイタズラも
上記の写真は、ちょっとしたイタズラです。
キリスト教時代になっても、大工はイスラム教徒だったため、皮肉のつもりでしょうか。
当時の世相を物語っているように残っています。こちらも隠れた必見!

多様な文化がいろいろなところで彩られているスペイン、こうした視点でみても楽しいです!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年01月10日 12:00 ) |  メッセージを送る(0)

ヨーロッパの駐車事情

2018年01月07日

思い切りぶつかっています
ヨーロッパは車大国。日本車も人気があり、至るところでみかけます。
しかし、駐車事情は日本とは異なり、特に大都市ほど家の駐車場や月極駐車場が少ない現実があります。
国ごとにいろんな対策を講じているようですが、
オランダなどは決まった地区のなかでスペースがあるところに路駐するシステム。
そのため、毎日停める場所が異なるのが日常です。
限られたなかで路駐場所を探すのだから、運転手も必死。
写真はフランスのパリで見かけた路駐。思い切りぶつかっています。
ようやく見つけた狭いスペースに強引に停めたのでしょうか。
でもこれ、ヨーロッパの都市では時折見かける光景です。
身近な日常のことでも国によって事情が異なると、どこか不思議な感じがしますね。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年01月07日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き