期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

スペイン語、ポルトガル語を使ってみよう!

2018年04月07日

ポルトガル、リスボンの発見のモニュメント
かつて「太陽の沈まぬ国」と称されたスペイン、そのスペインと大航海時代の覇権を競ったポルトガル、
中南米方面に行くとスペイン、ポルトガルの往時の栄華を改めて認識します。

スペイン語、ポルトガル語の発音はともに日本語のようにはっきり言うので、聞き取りやすいです。

ではどんな感じか・・・とあれこれ考えてみたところ、
日本語と同じ発音をするのに意味は全く違う単語が幾つかあることに気付きました。
今回は少しだけ言葉遊びをしてみます。

まずはスペイン語から。
居酒屋のことを「Taberna タベルナ(食べるな)」と言います。
居酒屋を前に「食べるな」と言われたら・・・。
また食卓の主役であるニンニクを「Ajo アホ」、雌牛を「Vaca ヴァカ(バカ)」と言います。
「バカじゃないよ〜、アホだよ!」と言ったら、
「雌牛じゃないよ〜、ニンニクだよ!」と通じるかも。
また「Casa カサ」は家、「Mono モノ」は猿、「Cara カラ」は顔という意味ですが、
発音は日本語の「傘、物、空」と同じです。

ではポルトガル語はどうでしょうか。
まず、「セン」という数字はポルトガル語では1,000ではなく100を意味します。
ポルトガルで「セン ユーロ」と言われたら間違えて1,000ユーロを出してしまいそうですね。
他に「Come コメ」は食べろ!、「Na cama ナカマ」はベッド、「Sem pai センパイ」はお父さんがいないなど。
やはり発音は日本語の「米、仲間、先輩」とほぼ同じ。
現地で注意したい言葉は「Mate マテ」。意味は何と、殺せの意味。
「こら待て〜」とは冗談でも言えませんね。

このようにスペイン語とポルトガル語を両方試せる直近の旅先はこちら。

■No2626 6月5日発は催行予定
情熱のスペインと郷愁のポルトガル大周遊 15日間

ぜひ、現地で言葉遊びをしてみてください。待て以外。
スペイン、コルドバのメスキータ
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年04月07日 13:00 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き