期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

ペルー夢紀行の旅より戻りました。そして、やはりオススメです

2019年05月13日

サンクチュアリーロッジ(撮影:岩井)
先日、ペルー夢紀行 9日間の旅より戻りました。
今年のゴールデンウィークの旅は、令和への改元に伴い、奇跡的な10連休。
そのため出発前はこのペルーに限らず、どれもこれも何もかもがバタバタ。一部は日程変更も・・・
例年ゴールデンウィーク前はバタバタするものですが、今年はその3倍以上のインパクトはあったでしょうか。
バタバタの連続で、ご希望を叶えられないこともあり、心残りもありますが、
そんな出発前までの数ヶ月間だったかと思います。

そんな経緯のなか、私はペルーに行かせていただくご縁をいただきました。

こちらのタイトルにもありますように、マチュピチュでは、マチュピチュ遺跡前の
サンクチュアリーロッジにも宿泊する旅でした。その恩恵効果はすぐにあらわれ、
今回、オプショナルでワイナピチュ峰、マチュピチュ峰の登山にご参加をされた方は、
山登りの後、村へ戻らずすぐにチェックインをすることができました。そしてお食事は飲み放題。
そんな中、みなさまの峰へのトライアルを内心羨ましく尊敬する自分がいました。
またロッジの朝はとても静かで、テラスに行くとハチドリがいたり、ほっこりしました。
アルマス広場(撮影:岩井)
そのほか、世界遺産にも登録されているリマ旧市街、
こちらも世界遺産に登録されているナスカの地上絵も迫力がありました。
今回、ナスカの地上絵では私は見送り組でしたが、あの世界をご覧になっているのかと思うと、感慨深くなりました。
また世界遺産クスコでは標高が高いため、高濃度酸素を供給するお部屋をご用意。こちらも非常に助かりました。
ナスカの地上絵のハチドリ(撮影:平野)
今回はいろいろと物知りな方、優しくて思いやりのあるご夫婦、
若くて元気なこどもたちと、こどもたちに愛情を注ぐご両親たちから元気をいただきました。
ご参加いただいたみなさまからへは、感謝とともにこの場で改めてお礼を申しあげます。
また、同じコースですと下記の出発日が催行決定しています。

No3120 7月13日出発は催行決定しています。
高濃度酸素供給のお部屋に宿泊
あのサンクチュアリーロッジに泊まる ペルー夢紀行 9日間

改めてオススメです。いかがでしょうか。
マチュピチュ遺跡(撮影:青沼)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2019年05月13日 16:00 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き