期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

大自然ドロミテへ

2018年05月21日

エメラルドグリーンに輝くカレッツァ湖(撮影:佐藤)
6月21日より、イタリア・ドロミテの旅にご一緒させていただくことになりました。
オーストリアのインスブルックを起点にイタリアへと南下する旅です。

オーストリアのインスブルック滞在中は、ドイツの景勝地ガルミッシュ・パルテンキルヘン
オーストリアでは、最高峰グロースグロックナーを眺める展望台へ、
ドロミテでは美しい景色が広がるコルティナ・ダンペッツォで3連泊!と、
素晴らしい景色の連続です!

また、美味しい空気とともに食も進むかと思います。
涼しい場所では冷たい食べ物!ということでジェラートのお店にも立ち寄ってみたいと思います。
(あくまでご希望の方ということで全員にお声がけをいたします)

そして最後はロミオとジュリエットの舞台であるヴェローナへ。
歴史に触れながらの旧市街のホテルに宿泊します。

美しい景色が目白押しのドロミテ地方。
こちらのコースはハイキングではなく、極力散策の旅となるよう工夫をしました。
夏ですが、山ですので気温が急激に下がったりすることもあります。
温かい格好のご準備をお願いいたします。

それでは、よろしくお願い申しあげます。
ヴェローナ旧市街の町並み(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年05月21日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

快適なクルーズの旅より帰国しました

2018年05月16日

シルバーシースピリット号
先日、イタリア、フランス、スペインと地中海をめぐるクルーズの旅より戻りました。
ひと言、本当に快適な船旅でした。

何が快適かと言いますと・・・

船は600名乗りの規模で特別大きいというものではありません。
しかし、部屋は広々としています。船の揺れもほとんどありませんでした。
また町に到着をして外出するときは、混雑しないから慌てることもなく、
また通路等で待ち続けることもありませんでした。
ゆったりとくつろげる部屋
部屋もこのように快適でした。
冷蔵庫の飲み物も飲み放題で、無くなればすぐバトラーが補充をしてくれます。
ちなみに部屋で飲んだのは水、ジュースのみです!アルコールは飲んでいません。
レストランで飲んだだけです!
船内のラウンジルーム
館内はレストランも複数あって充実していました。
特定のレストラン以外はすべて込みのため、自由に頼むことができました。
そのために体重計が頭にちらつく日々となりました。
ラウンジルームではバンドの演奏に酔いしれながら、ゆっくりとしました。
屋外プールも
プールのあるデッキでは日中、日向ぼっこをする人が多かったです。
私個人はこの上のデッキが周回できるようになっているので、
頭から体重計が消えるように何周も歩き続けました。

帰りは飛行機が3時間遅延したため、乗り継ぎの空港ではオリジナル便が既に飛び立って
しまったという事由がありました。そのため、乗り継ぎ地で1泊することになり、
新たな飛行機のチケットも確保されていました。しかし乗り継ぎ地に到着して手続き所に行くと、
何と別の東京行きの便の遅延が発覚!奇跡的にその飛行機に搭乗することができて、
延泊することなく無事に戻ることができました。

じっくり、ゆっくり、最後は少しバタバタでしたが、
みなさま、楽しい日々をありがとうございました。.

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年05月16日 14:00 ) |  メッセージを送る(0)

クルーズの旅へ

2018年05月02日

チヴィタベッキアに停泊するシルバーシースピリット号(撮影:関根)
みなさま、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。

ゴールデンウィーク終盤の5日からとなりますが、
地中海クルーズの旅に同行させていただきます。

■No2653 5月5日出発限定
6つ星客船で往くコルシカ島、リヴィエラからプロヴァンスをめぐる船旅 10日間

30年以上も前、「ゆっくり、じっくり、マイペース」を自身のモットーにしてみたことがありました。
今思えば、無いものねだりのモットーを掲げていたものでした。
その後に出会う「日々是決戦」の言葉の方がこれまでの日々はしっくり来ます。
(ちなみに某予備校の訓示で、今も気に入っています。)

しかし、今回の気品あるクルーズの旅は、30年前の言葉の方が似合いますね。
この期間は、みなでゆっくり、笑顔で過ごせる日々をご提供できればと考えております。
よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年05月02日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

こどもの日からクルーズの旅へ

2018年03月27日

マルセイユの町並み(撮影:岩井)
5月5日よりクルーズの旅にご同行いたします。

■No2653 5月5日出発
6つ星客船で往くコルシカ島、リヴィエラからプロヴァンスをめぐる船旅 10日間

イタリアのローマからコルシカ島をとおり、フランスのコート・ダ・ジュールを寄り道して、
スペインのバルセロナまで船で行く壮大な旅です。

船内は基本ドリンクフリーです。決して呑んべえではない私ですが、
優雅なひと時をみなさまと過ごすことで気持ちが高ぶり、適当な量を飲んでしまうかもしれません。
観光は、いろいろな寄港地に下船して楽しいひと時をご提供したいと思います。

あと1ヶ月ほどですが、少しずつ準備をはじめたいと思います。
よろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年03月27日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

青!

2018年01月26日

青の洞窟(撮影:加藤)
青で真っ先に思い浮かぶのはイタリア、カプリ島の青の洞窟です。
天気が晴れても強風だと入ることができない至難の場所。
それだけに入ることができた時の感動も一入です。

私も何度かこの幸運に恵まれましたが、ボートは揺れるため、いつも写真がぶれてしまいます。
綺麗に撮れた写真を拝借して、この素晴らしさをお伝えしたいと思います。

◆ツアー責任者田村が選んだ「青!」はこちらから>>

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年01月26日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き