期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

春!

2018年03月23日

ウィーンのブルク公園
オーストリアのウィーンにあるブルク公園。
ここを訪れると季節を問わず、いつも春を思わせてくれる場所です。
モーツァルトの像と赤い音符号の中庭、心を癒してくれます。

■No2644 6月19日出発、7月24日出発は催行予定!
チロルアルプスからウィーンへ 連泊でめぐるオーストリア 10日間

◆ツアー責任者関根が選んだ「春!」はこちらから>>

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年03月23日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

楽しく、深いドイツ

2018年03月10日

ドレスデンより

三寒四温の季節になりました。
先日まで毎日10度以下だったのに数日後は20度以上になるとの予報が出ています。
「くしゃみ」の疑いがインフルエンザから花粉症に変わったことも春を感じさせます。

さて、7月12日発の東西ドイツ10日間旅行が催行決定になりました。

■No.2639 7月12日出発
日本航空で往く 東西ドイツ周遊 10日間


実はドイツ、歴史的観点でみるととってもおもしろい国。

簡潔に書きますと、
古くは神聖ローマ帝国という称号を持ち、キリスト教のプロテスタントが起き、
大きな戦争を2回も起こし、国が東西に分断されても蘇り、
現代はヨーロッパを代表する政治経済最先端の国。
ドイツほど世界に影響を与えてきた歴史を持つ国はないと思っています。
当然、観光地も歴史にまつわる場所が多く、ベルリンの壁の跡地などみると、
私たち自身が当時のニュースをリアルタイムで覚えているため、感慨深いです。

また、ライン川下りやロマンチック街道、古城など素敵な観光地もあります。
治安も良いですし、時間も日本同様に正確ですし、ビールやソーセージも美味しい。

いろんな面で楽しいドイツ。
これから海外旅行を検討されている方は、いかがでしょうか。

ベルリンの壁があったところ。ラインを残しています。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年03月10日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

ドイツの3大クリスマス・マーケット

2017年09月30日

ドレスデンのクリスマス・マーケット(撮影:龍谷)
突然ですが、問題です!
Q.ドイツの3大クリスマス・マーケットはどちらかご存知でしょうか。

答えは、
A.シュトゥットガルト、ニュルンベルク、ドレスデンの3つです。

この3つには、それぞれ素晴らしい形容詞があります。
シュトゥットガルトは、世界最大規模のクリスマス・マーケット。
ニュルンベルクは、世界一有名なクリスマス・マーケット。
ドレスデンは、ドイツでもっとも長い歴史を誇るクリスマス・マーケット。

1度、海外でクリスマス気分を味わってみたいなという方に、
1回の旅行で3箇所をすべてめぐるコースを発表しております。
お陰さまで既に多くのお申し込みもいただいています。

◆12月14日出発 【催行予定】
クリスマスのイルミネーション煌く ドイツの美しき古都めぐり 9日間

例年、とても多くの人々がこのイベントを楽しみにしていて、
ドイツ人だけでなく、世界中から多くの人々が集まって賑わいます。
3つのマーケットでは、すべて半日か終日の自由行動をご用意しております。

買ったり、食べたり、飲んだり。ただ眺めるだけでも楽しいです。
またすべて連泊でめぐりますので、休憩もできます。
だからお勧め。よろしければいかがでしょうか。
子供のとき、楽しんで眺めていました(撮影:平野)
かわいらしい商品が並びます(撮影:龍谷)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年09月30日 17:00 ) |  メッセージを送る(0)

ミュンヘンの仕掛け時計

2017年08月23日

ミュンヘン新市庁舎(撮影:岩井)
先日、ドイツ・ライン川下りとロマンチック街道の旅より戻りました。

お陰さまで天候にも恵まれ、気温も25度以上の日々でした。
ライン川ではローレライ、ロマンチック街道ではローテンブルクやディンケルスビュール、
ネルトリンゲンをめぐり、ノイシュバンシュタイン城やヴィース教会をみて、ミュンヘンへと渡りました。

ミュンヘンではアルコ・ピナコテーク、自由行動のときにノイエ・ピナコテークと
アカデミックな時間を過ごしましたが、ミュンヘン新市庁舎にある仕掛け時計も忘れられません。

新市庁舎は1867年から1909年にかけて建てられたミュンヘン市のシンボル。
仕掛け時計は、毎日11時と12時になると、メロディーとともに仕掛け時計が動く仕掛けになっています。
マリエン広場はこの仕掛け時計をみるために、毎回多くの人が集まります。

バイエルン大公ヴィルヘルム5世とロートリンゲン公女レナーテとの結婚式や、
馬上槍試合、ビール樽を作る職人たちが踊りだしたり、楽しいです。
多くの観光客はここで満足して去ってしまうのですが、最後に鳩が鳴きます。
ここまで見るのが通です。お陰さまで私たちは通になりました。

ご参加いただきましたみなさま、このたびはいろいろとありがとうございました。
また今後ともよろしくお願い申しあげます。
馬上槍試合(撮影:岩井)
ビール樽の職人たち(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年08月23日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

晴天のローテンブルク

2017年08月18日

旧市街の中心にあるマルクト広場(撮影:岩井)ドイツのローテンブルクに来ています。 天候には恵まれて晴れ、気温は25度前後を推移しており、落ち着いた感じです。旧市街の中心にあるマルクト広場は、朝から多くの人々で賑わっています。絵になる景観はたくさんありますし、クリスマスのお店やクマのぬいぐるみの店などは朝9時からオープンしています。ここを起点に散策やお買い物を楽しみたいと思います。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年08月18日 14:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン