期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

写真も絵になる中欧

2017年07月27日

ブダペスト・マーチャーシュ教会(撮影:岩井)
ツアー責任者として、いろいろな地域にご案内させていただきますが、
JTBグランドツアーは私たちがパンフレットを作成しているため、
よく写真撮影をしている姿を見かけられるかと思います。

みなさまと同様、少しでもよい写真が撮れるようがんばっています。

景色の写真が得意な方、人物像が得意な方、食べ物の写真が得意な方、
いろいろあると思いますが、客観的に綺麗な写真が撮れるのは中欧かもしれません。

そもそもの私の技術レベルが低いため、「・・・」と思われるかもしれませんが、
以下、中欧で撮影したものです。
ウィーンのリングにて(撮影:岩井)
プラハ城(撮影:岩井)
プラハの旧市街広場にて(撮影:岩井)
いかがでしょうか。これらはすべて中欧の写真です。
8月など晴天率が高くなるので良いかと思います。

8月11日(金)出発 日本航空チャーター便で往く 完全連泊でめぐる中欧4ヵ国 9日間
こちらはいかがでしょうか。まだ席のご用意ができます!



[一緒に旅に出かけませんか?] こちらのツアーは岩井がご案内する予定です。

10/24(火)発 あのフェラーリに試乗する名車と美食と芸術の北イタリア 10日間【催行決定】


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年07月27日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

バルト3国とポーランドより

2017年05月31日

ワルシャワの旧市街(撮影:岩井)
先日まで、バルト3国とポーランドに行かせていただきました。
異常気象のお陰といえば語弊があるかもしれませんが、一部を除いて天候に恵まれました。
その一部とは、アウシュビッツ観光のとき。あれだけの雷雨も今となれば思い出です。

ポーランドは、両隣の大国に挟まれて、いろいろと辛酸をなめてきた国。
特に第二次世界大戦時は戦場の舞台と化し、現在首都のワルシャワは90%の建物が焼け落ちました。
しかしポーランドの凄いところは、過去に描かれた絵画や人々の見識で見事なまでに再建させたこと。
戦火に見舞われたワルシャワの旧市街広場も、現在、世界遺産に登録されています。

人々の活気に元気をいただく日々。
雰囲気よし、治安もよし、食べ物もよし!と毎日が充実していました。
またご参加いただいたみなさま、お疲れはいかがでしょうか。改めてお礼申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年05月31日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

エストニアのタリンより

2017年05月18日

今、エストニアのタリンに来ています。
少し曇っているためか気温は少し低めで15度くらい。
写真はパトゥクリ展望広場から望むタリンの旧市街の町並みです。

海も見える穏やかな雰囲気に、みなで和んでいます。

これから旧市街にいきます。
ゆっくり楽しみたいと思います。


タリンの町並み(撮影:岩井)
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井麻紀子 ( 2017年05月18日 11:50 ) |  メッセージを送る(0)

バルト3国とポーランド

2017年05月01日

エストニア・タリンの町並み(撮影:岩井)
今月16日より、バルト3国とポーランドに行かせていただくことになりました。
連泊する町のすべてで世界遺産を訪れます。

また、宿泊はしませんが、日帰りで訪れるのがリトアニアのカウナス。
こちらには世界遺産はありませんが、世界遺産に匹敵するものがあります。
それは杉原千畝さんが人道愛を貫き、6,000人のユダヤ人を救った舞台である
旧日本領事館です。

住宅街の一角に佇んでいますが、当時の情勢の中で、
ここで行われたことを考えると、熱い思いになります。

他にも見所がたくさんある旅行ですが、毎日がのんびりした日になるかと思います。
ご参加いただくみなさまにはゆっくり、そしてお楽しみいただけるよう、精一杯努めます。
よろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年05月01日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

素敵な地、東部ドイツ

2016年07月25日

ドレスデンの劇場広場からの光景(撮影:岩井)
先日、日本航空チャーター便を利用した東部ドイツとプラハの旅行より戻りました。
今回はドイツでも東部の世界遺産を中心にめぐる旅でした。

ドイツといえば、ロマンチック街道やライン川クルーズなどのイメージが先行しますが、
今回の行き先はこれらとはまったく違う場所。

ベルリン、ライプツィヒ、ドレスデン、ポツダムなど、大きな都市のほか、
世界遺産のルターの故郷ヴィッテンベルク、ゲーテの町ヴァイマール、
陶器で世界的に有名なマイセン、ヨーロッパ大陸最初の英国式庭園ヴェルリッツ庭園、
少しドイツを飛び出して、隣の国チェコのプラハなどをめぐりました。

一言でいうと、のんびり優雅な日々。

しかし、それぞれの町に目玉があり、世界遺産もたくさん。さすがに奥が深い。
そんな有意義な日々でした。

今後、どこか旅行を検討されている方には、ぜひ、一度!と思える、オススメの地ばかり。
来年も東部ドイツ旅行を企画する予定です!
ライプツィヒ、トーマス教会のバッハ像(撮影:岩井)
ヴァイマールのゲーテの家(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年07月25日 16:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン