期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

大自然小笠原より戻りました

2018年04月18日

集まる魚たち
小笠原の旅より戻りました。
片道24時間の船旅でしたが、一応、東京都から東京都への移動。
しかし、都心とはまったく対照的な自然豊かなところでした。

小笠原の海の色をボニンブルーといいます。
ボニンブルーとは、下の写真の色のように濃い青色をしています。

ボニンブルーの「ボニン」って何でしょう?
元々、無人島だったこの島を、人々は「ムニン」と呼びました。
その後、住み着いた欧米人には発音しづらく、「ボニン」と呼んだのだそうです。
そのため、小笠原には、「ムニン~」「ボニン~」の呼び名が多くあります。

私たちは日中は写真のような大自然の東京の世界を楽しみ、学び、
夜はまた近場の桟橋に行ってサメやエイをみたりして楽しみました。
ご参加をいただきましたみなさま、いろいろとありがとうございました。
ボニンブルーの海と、眺める私たちの影

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年04月18日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

小笠原に癒されて

2018年04月13日

初寝浦を眺めて
小笠原の父島に来ています。
360度大自然に囲まれた地。
日常の喧騒から離れて、ふと力を抜く。
普段、無意識にどれだけ力んでいたのかな。
のんびりしようよ!
美しい景色からの囁きに、皆でのんびりとくつろぐのでした。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年04月13日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

再び、いざ、小笠原

2018年03月02日

展望台から望む島
4月10日より小笠原諸島にご同行させていただくことになりました。
24時間の船旅のあと、父島に上陸したときの人々の歓迎。
あの温かく迎えてくれる彼らのおもてなしには、訪れる度にいつも感動します。

天気が晴れに恵まれることを願いながら、
みなさまと楽しく過ごしたいと思います。
よろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年03月02日 17:00 ) |  メッセージを送る(0)

行こう、小笠原!食べよう、小笠原料理!!

2017年06月02日

名物、島寿司(撮影:岩井)
先日、クジラの写真を掲載しましたが、幸いにも反響をいただきました。

小笠原は動植物ともに生態系が南国区域にあるため、
東京にいながら東京ではない気分を味わうことができる面白い場所。

通常、世界遺産に登録されると、いろいろと守らなければならないルールが発生するものです。
しかし、小笠原は世界遺産というものができる遥か前より、生態系を大切に保護をしてきました。
そのため、審査員がきたときは、すごい!と驚嘆の声があがり、一発合格だったそうです。

食事も日本にいるのでもちろん日本食ですが、
南国にいるからこそ食べることができる料理もあります。
以下、簡単にご紹介します!
ハートロックビレッジの名物、サメバーガー(撮影:岩井)
このサメバーガーはさっぱりとした味。島コーヒーとともに食べると最高です。
ウミガメのお肉(撮影:岩井)
ウミガメの刺身もありますが、こちらは焼いたもの。
哺乳類が少なかったので、ウミガメで栄養補給をしてきた歴史があります。
しかし、動物保護の観点から年間捕獲量は決まっています。
鮮度抜群の魚の定食!(撮影:岩井)
周囲は海なので、魚料理は本当に新鮮です!

お腹がなってきましたので、今回はこのへんで!
後日、またご紹介したいと思います!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年06月02日 17:00 ) |  メッセージを送る(0)

小笠原でのザトウクジラを思い出す

2017年05月09日

ザトウクジラ飛び出す!(撮影:岩井)
先日の小笠原諸島へのご旅行。
現地で撮影したクジラの写真をもっと掲載してほしいというご要望をいただきました。
揺れているボートから、すばしっこいクジラを撮るのは非常に難しかったですが、
何とか取れた写真を何枚か掲載いたします。
ザトウクジラ(撮影:岩井)
とてもきれいに撮れました。ザトウクジラの子供です。
脇にひょいっと!(撮影:岩井)
カメラのズームを一番大きくして、狙い撃ちして撮った一枚。
大きく撮れましたが、やはりずれているしぶれています。
惜しい一枚です!
体をねじっています(撮影:岩井)
ぶれずに撮れました、珍しい尻尾の写真。
親が見守っています(撮影:岩井)
子供のクジラの周りには、親クジラがきちんと見守っているんです。
こちらも何とか撮れました。

撮ったあとに、基本的なあることをしなかったことに後悔しました。
あることとは連写。連写すればよかった・・・
今後、このような機会を持つ方はぜひ、連写がお勧めです!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年05月09日 17:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き