期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

まもなくドロミテの旅

2018年06月16日

夜も賑やかなヴェローナの旧市街
先日、大学を卒業して以来の友人がSNSを通じて連絡をくれたり、
高校の違うクラスの同窓会なのに何故か呼ばれたり、
これ以外にもお誘いをいただくなど、ありがたいことが続きました。

また先日の職場にて、緊急の事案を助けてくれた社員がいました。
(青沼のブログでは私の小さなお礼の部分だけをクローズアップしていますが、こちらが事実です。)

先月はヨーロッパ以外のパンフレット作成チームが奮闘作成中、
ヨーロッパチームは裏でいろいろと我々を助けてくれていました。
仕事でも日常でも、いろいろな方々に支えられていることを再認識する機会となりました。

我々の仕事は感謝の積み重ねで成り立っています。
感謝の思いを胸に、これからもみなさまが安心してご旅行を
楽しんでいただけるよう、精一杯努めたいと思います。

まもなくドロミテの旅、よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年06月16日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

接尾語でみる国名いろいろ

2018年05月29日

イタリアのフィレンツェ(撮影:山口)
世界の国々の名前をアルファベットで表すと、イタリア(Italia)、ロシア(Russia)など、
国名の末尾が「 -ia 」となる国が多いことにお気づきでしょうか。
エチオピア(Ethiopia)、タンザニア(Tanzania)、マレーシア(Malaysia)、ボリビア(Bolivia)など、
地域を問わず世界中にあります。
実はこの「 -ia 」、古代ギリシャ語やラテン語で「◯◯の国」「◯◯の土地」の意味。
またラテン語を系譜とするイタリアでは、今でもフランスのことをフランシア(Francia)、
ドイツのことをゲルマニア(Germania)と呼んでいます。
古代ギリシャ、ローマ時代の影響の大きさが伺えますね。

また「 -stan 」はペルシャ語で同じような意味。
パキスタン、カザフスタン、ウズベキスタンなど呼称エリアが固まっていることからも、
ペルシャの影響を受けた地域の状況が伺えます。

他には、英語の「 -land 」も当然同じ意味合いです。
イングランド、ニュージーランド、スワジランドなど。
おっと、スワジランドは先日国名をエスワティニに変更することになりました。
理由はスイス(英語ではスウィッツランド)と勘違いされるからだとか。
イギリスから独立して今年で50周年にあたるため、タイミングが良かったのかも。

やはり、世界は広いですね。

以下、上記の由来を持つ国々の一部ですが、催行決定や催行予定が目白押し!
ぜひ、いかがでしょうか。

■8/5発【催行予定】 ロシア夢紀行 7日間
ロシアの首都モスクワ(撮影:加藤)
■8/7発【催行決定】 ルーマニア・ブルガリア珠玉の町々からリラの僧院へ 10日間
ブルガリアのリラの僧院(撮影:岩井)
■8/11発【催行予定】 エアーズロックとシドニー、パースをめぐるオーストラリア周遊 9日間
オーストラリアのエアーズロック(撮影:森)
■8/22発【催行予定】 ンゴロンゴロ、アンボセリ、マサイ・マラをめぐる 遥かなる野生の楽園タンザニアとケニア 10日間
タンザニアにて(撮影:吉田)
■9/14発【催行予定】 青き都サマルカンドに3連泊する ウズベキスタン 8日間
ウズベキスタンのブハラ(撮影:綾部)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年05月29日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

今日は金曜日

2018年04月27日

イタリア・フィレンツェのウフィッツィ美術館にある「ビーナスの誕生」(撮影:関根)
ゴールデンウィークを前に、社内でも添乗準備に忙しい社員が多く、
本日まで出社する者、これまでずっと出勤していたので本日は準備のために休み、
明日から出発する者とさまざまです。

さて、今日は金曜日。
昔は花の金曜日を略して「花金(はなきん)」なんて言葉がありました。
英語ではご存知のとおり、Friday(フライデー)と呼びます。
では、どうして金曜日をフライデーと呼ぶようになったのでしょう。

実はゲルマン神話から来ています。
主神オーディンの妻で、結婚を司る愛の女神の名前がフリッグ(Frigg)だったから。
これが英語読みでフライデーになったのですね。意外と単純な根拠でした。

余談ですが、金星のことをビーナスと呼びます。
ご存知のとおり、ギリシャ神話に出てくる愛の神のことです。
これは他の惑星と比べて、明るく優美な金色の光の印象から名付けたといわれています。愛繋がりの話でした。

また、イギリスのデフォーが著した小説「ロビンソン・クルーソー」に出てくる黒人フライデーは、
金曜日に漂着したことから付いた名前です。

金曜日だけでも話を広げてみると結構あるものですね。

私たち社員一同も精一杯努めさせていただきますので、
みなさま、明日から楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年04月27日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

2018年は、ヨルダンのペトラ遺跡からスタート!

2018年01月01日

ペトラ遺跡のエル・ハズネ
謹賀新年!
2018年はヨルダンのペトラ遺跡観光からスタートです。
先日の死海で2017年の垢をきれいに流し、
ミネラル成分でリフレッシュした身体で新年を迎えました!

ペトラ遺跡での第一歩とともに、本年も精一杯努めさせていただきます。

2018年がみなさまにとりまして良い年になりますよう、
本年もよろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年01月01日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

2017年も大変お世話になりました

2017年12月28日

イタリア、ウルビーノにある若きラファエロの壁画
2017年も大変お世話になりました。
新年をアイスランドの花火で迎えたのを皮切りに、
多くの地域でみなさまとご一緒する機会をいただきました。

<2017年、ご一緒したところ>
12月28日 アイスランド・オーロラ 7日間
1月20日 謝恩旅行 香港 4日間
1月26日 パタゴニア大縦断 12日間
2月11日 モロッコ 10日間
4月 8日 小笠原諸島 6日間
5月16日 バルト3国とポーランド 11日間
6月22日 北西フランス 8日間
7月10日 ポルトガル 9日間
8月13日 ドイツ・ロマンチック街道 7日間
9月 1日 アメリカ・イエローストーン 8日間
10月 7日 タンザニア 9日間
10月24日 イタリア・フェラーリ 10日間
12月 7日 カンボジア大周遊 8日間
12月28日 ヨルダン 8日間

旅行でご一緒したみなさまのみならず、お電話、ご来社、メールなどで接した方々を含めて、
本年も多くのみなさまにお世話になった1年でした。

この1年間を振り返ると、いろいろなことがありました。
みなさまと一緒にたくさん笑い、楽しんだことや、逆にご迷惑、ご心配をおかけしたことも。
こうしたひとつひとつが財産になっています。

秋にイタリアのウルビーノにあるラファエロの生家を訪れました。
ご承知のとおり、彼はルネッサンス三大巨匠のひとり。
ここには若きラファエロが描いた愛に満ちた壁画が今も残っています。
幼くして母親をなくした彼の情愛がつまっていて、心を癒してくれる印象的な一枚でした。

今こうして無事に過ごせて、みなさまとお会いできたことに感謝するとともに、
これからも一歩ずつ精進したいと思います。

2018年がみなさまにとりまして、よりよい年になりますように!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年12月28日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き