期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

2018年は、ヨルダンのペトラ遺跡からスタート!

2018年01月01日

ペトラ遺跡のエル・ハズネ
謹賀新年!
2018年はヨルダンのペトラ遺跡観光からスタートです。
先日の死海で2017年の垢をきれいに流し、
ミネラル成分でリフレッシュした身体で新年を迎えました!

ペトラ遺跡での第一歩とともに、本年も精一杯努めさせていただきます。

2018年がみなさまにとりまして良い年になりますよう、
本年もよろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年01月01日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

2017年も大変お世話になりました

2017年12月28日

イタリア、ウルビーノにある若きラファエロの壁画
2017年も大変お世話になりました。
新年をアイスランドの花火で迎えたのを皮切りに、
多くの地域でみなさまとご一緒する機会をいただきました。

<2017年、ご一緒したところ>
12月28日 アイスランド・オーロラ 7日間
1月20日 謝恩旅行 香港 4日間
1月26日 パタゴニア大縦断 12日間
2月11日 モロッコ 10日間
4月 8日 小笠原諸島 6日間
5月16日 バルト3国とポーランド 11日間
6月22日 北西フランス 8日間
7月10日 ポルトガル 9日間
8月13日 ドイツ・ロマンチック街道 7日間
9月 1日 アメリカ・イエローストーン 8日間
10月 7日 タンザニア 9日間
10月24日 イタリア・フェラーリ 10日間
12月 7日 カンボジア大周遊 8日間
12月28日 ヨルダン 8日間

旅行でご一緒したみなさまのみならず、お電話、ご来社、メールなどで接した方々を含めて、
本年も多くのみなさまにお世話になった1年でした。

この1年間を振り返ると、いろいろなことがありました。
みなさまと一緒にたくさん笑い、楽しんだことや、逆にご迷惑、ご心配をおかけしたことも。
こうしたひとつひとつが財産になっています。

秋にイタリアのウルビーノにあるラファエロの生家を訪れました。
ご承知のとおり、彼はルネッサンス三大巨匠のひとり。
ここには若きラファエロが描いた愛に満ちた壁画が今も残っています。
幼くして母親をなくした彼の情愛がつまっていて、心を癒してくれる印象的な一枚でした。

今こうして無事に過ごせて、みなさまとお会いできたことに感謝するとともに、
これからも一歩ずつ精進したいと思います。

2018年がみなさまにとりまして、よりよい年になりますように!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年12月28日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

2017年、私の1枚!

2017年12月22日

サン・マリノ共和国の象徴、聳える砦
イタリアの内陸にある独立国サン・マリノ。
イタリアが群雄割拠していた時代、ガリバルディを匿ったり彼を支援したサン・マリノ。
そのお礼でイタリア統一後も独立を確約されて、今に至っています。
周囲を見渡すとすべてがイタリア。しかし、現実はイタリア半島にいながら外国にいる、
どこか爽快な気分になりました!

◆ツアー責任者龍谷が選んだ「2017年、私の1枚!」はこちらから>>

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年12月22日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

人間万事塞翁が馬

2017年12月04日

アンコールワット(撮影:青沼)
「人間万事塞翁が馬」
という言葉があります。

呼び方はご存知ですか?人間は「にんげん」ではなく、「じんかん」、世間という意味です。

これは老人(塞翁)の高価な馬が逃げたとき、人々は気の毒がりましたが、老人は
「そのうち福が来る」と言いました。人々は不思議に思いましたが、
馬は他の馬を引き連れて戻ってきました。

これに人々は「たくさん馬が来て良かったね」と言ったところ、
「これで不幸になるだろう」と言いました。人々は不思議に思いましたが、
すると、息子が落馬をして骨折。

これに人々は「骨折して気の毒だね」と言ったところ、
「これは幸せのもとになるだろう」と言いました。人々は不思議に思いましたが、
1年後に戦争が起こり、多くの若者が戦争に駆り出されて命を落とすなか、
怪我を理由に徴兵を免れて生き延びたのでした。

このような故事から、「幸不幸は予測しがたい」という意味で使われます。


さて、がらっと話は代わり、先日こんなことがありました。一応実話です。

先日、自転車である場所に行こうとしたところ、自転車の空気が抜けていました。
仕方なく歩いていくと、たまたまAの道とBの道が繋がっていることを発見しました。
歩いたからこそ発見したこの偶然に大いに喜びました。
しかし、そんな私の笑顔をみた自転車で横を通りすぎる女子中学生たちが、
「あの人、笑ってる。キモイ!」というケラケラ話題にする声を聞くことに。
この間の悪さに、どこかバツの悪い感じに。

ここで人間万事塞翁が馬であれば次は良い展開があるのですが・・・ありません。
キモイという捨て台詞を女子中学生たちから浴びたまま、何事もなく今日に至ります。

次の良い展開はカンボジアで起こることを期待することにします。
よろしくお願いいたします!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年12月04日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

カンボジア大周遊

2017年11月09日

アンコールワットの夜明け
12月7日より、カンボジア大周遊の旅行に行かせていただくことになりました。

■No2185 12月7日出発
プノンペンから世界遺産のアンコールへ カンボジア大周遊 8日間

こちらは、プノンペンから観光をはじめ、アンコールワットでは3連泊します。
アンコールワットでは朝日と夕日を鑑賞します。
朝日はアンコール遺跡から昇る太陽を眺め、夕日はボートに乗っての鑑賞。
水面に面した光が美しいです。また、食事は同じアジアということもあり、
日本人に合うものが多いです。またダイエットに失敗しそう・・・

楽しい旅行になるよう精一杯努めさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年11月09日 14:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン