期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

小笠原に癒されて

2018年04月13日

初寝浦を眺めて
小笠原の父島に来ています。
360度大自然に囲まれた地。
日常の喧騒から離れて、ふと力を抜く。
普段、無意識にどれだけ力んでいたのかな。
のんびりしようよ!
美しい景色からの囁きに、皆でのんびりとくつろぐのでした。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年04月13日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

ヴィーナス誕生の地にいます

2018年03月15日

ヴィーナスは奥の岩付近で生まれたとされています ギリシャ神話に出てくるヴィーナスには、きちんと生まれた場所があるのをご存知でしょうか。意外かもしれませんが、地中海に浮かぶキプロス島にあります!ポカポカした春の陽気のなかキプロスを楽しんでいます!
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年03月15日 13:00 ) |  メッセージを送る(0)

今のグリーンランドを表すと

2018年02月14日

まつ毛が・・・
写真のような感じで、日本では体験できない世界を楽しんでいます。
詳しくは帰国後に!
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年02月14日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

世界最古のパレスチナ地図

2017年12月31日

パレスチナのモザイク地図
ヨルダンのマダバに来ています。
町のセントジョージ教会には世界最古のパレスチナ地図があります。
6世紀の作品ですが、天然石をパズルのように組み合わせたモザイク画のため、
欠けてしまった部分を除き、今も綺麗に残っています。
死海とヨルダン川。魚の向きに注目
地図は左側が北を向いていて、上部が今のヨルダン、下がイスラエルです。
湖は死海ですが、当時から浮く証拠として、舟には大きな石が置かれています。
死海の左手にはヨルダン川。泳ぐ魚は各々を向いています。
死海からヨルダン川に戻っている魚は、死海に着いた時、
その塩分濃度に「しょっぱい!」と反応して戻っているお茶目な姿。
事情を知らないもう一方の魚はこれから同じ思いをするのでしょう。
イスラエル側のエルサレム
丸い形をしたものは城壁に囲まれたエルサレム。
町の中央にはカルド(南北を結ぶ道路)があり、建物も密集しています。
中央下にある大聖堂はゴルゴダの丘の地に建てられた聖墳墓教会。
こうしたひとつひとつが貴重な資料となっています。

200万ピースで作られたモザイク地図に歴史を感じながら、
まもなく迎える2018年は自分たちが新たな歴史を刻むぞと思うのでした。
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年12月31日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

アンコールワットのタプロムにて

2017年12月12日

がじゅまるの樹
今、カンボジアのアンコールワットに来ています。
気温は毎日30度ほどで、日本の寒さを思えば贅沢すぎるほど暑いです。
アンコール遺跡群にあるタプロムは寺院にがじゅまるの樹木が絡まり、物凄く趣きがあります。
心地よい汗を掻きながら、建築と自然とが調和したこの雰囲気を存分に味わっています。
建築と自然との調和これはもう芸術作品!?迫力満点です!
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年12月12日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン