期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

ウユニ塩湖での4コマ漫画

2018年04月23日

南米のウユニ塩湖は360度見渡してみても何もなく、遠近法がなくなることや、
白い湖面の反射等を利用して面白いトリック写真を撮ることができます。

そこで以前みなさまと楽しんだ写真を利用して、
ちょっとしたストーリーを作ってみました。テーマは「怪獣退治」
怪獣イワゴン登場。へっへっへ・・・みなを捕まえたぞ~
あとで食べるために入れてしまえ
怪獣が寝ている間に、みな脱出。
最後はやはりこうなる。。。ごめんなさ~~~い
ウユニ塩湖、まだまだ人気です!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年04月23日 15:00 ) |  メッセージを送る(0)

不思議な石像モアイ

2017年10月05日

アフ・トンガリキのモアイ像(撮影:岩井)
11月20日出発のイースター島とタヒチ、ボラボラ島に訪れる旅行が催行決定となりました。

◆11月20日出発 【催行決定】
特別チャーター便で往く、神秘のイースター島と太平洋の楽園タヒチ、ボラボラ島 8日間

この旅行はチャーター便なので、パペーテを乗り継いでイースター島へ。
何よりもこれだけ楽にイースター島に行けることが凄いです。
というのは、通常は飛行ルートでは南米大陸を経由していくため、
日本~北アメリカ~南アメリカ~イースター島というのが通常ルートだからです。
この通常ルートの約半分の時間で行けてしまいます。

モアイ像は全部で約400体あります。
いろいろな表情の姿があります。上の写真をみて私が思ったのは、
甲子園大会で勝った学校の生徒たちが校歌斉唱をする姿。

いろいろな場所にモアイ像があるので、
私のように自分のお気に入りもモアイ像を探したり、お楽しみいただけます。

その後はかつて画家のゴーギャンが訪れたタヒチへ。
ボラボラ島でリゾート気分。改めて魅力的なコースです。
ラノララクのモアイ像(撮影:青沼)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年10月05日 13:00 ) |  メッセージを送る(0)

氷河も食べものも充実、パタゴニアの日々!

2017年02月07日

ペリトモレノ氷河(撮影:岩井)
昨日、パタゴニア旅行より戻りました。
現地では天候に恵まれ、また交通機関の遅延等もなく、
本当にスムーズに事が進んだ旅行だったかと思います。

いくつかの氷河や雪山等をご覧いただきましたが、どれも迫力満点!
日に日に山の稜線がくっきり見えてきたり、本当に感激の日々でした。

食べものもいろいろなものにチャレンジしました。
ウシュアイアではタラバガニ、パイネでは氷塊、エル・カラファテではパタゴニアン・ラム、
どれも美味しかったですね。なかでも、ラムのカルパッチョなどは斬新でした。

みなさま、改めましてご旅行へのご参加、誠にありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしております。
名物パタゴニアン・ラムを堪能!(撮影:岩井)
パタゴニアン・ラム(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年02月07日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

いよいよパタゴニア

2017年01月19日

アルヘンティーノ湖クルーズにて(撮影:平野)
香港謝恩旅行のすぐあとになりますが、
1月26日よりパタゴニアの旅行にいかせていただきます。

パタゴニア大横断 岩峰と氷河の絶景を求めて 12日間

現在、カラファテに到着した弊社山口によると、
本日の天候は晴れ、日中の気温は高くて19℃あるようです。
我々が訪れるときはどうなることでしょうか。

大自然のなか、不便なことも多々あるかもしれませんが、
自然で便利だとかえって不自然ですね。
氷河を中心に、大自然を堪能したいと思います。

よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2017年01月19日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

1月はパタゴニアの旅へ

2016年11月08日

ペリトモレノ氷河(撮影:佐藤)
少し早い話かもしれませんが、
年明けの1月は、26日よりパタゴニアに行かせていただくことになりました。

【催行決定】
1月26日発 パタゴニア大縦断岩峰と氷河の絶景を求めて 12日間


こちらの旅行は、南米ほぼ最南端に位置するアルゼンチンのカラファテ、
ロス・グアシアレス国立公園、チリのパイネなど大自然をめぐります。

南米の最南端まで行くのは遠いかもしれません。
しかし、1月から2月までの短い夏の間だからこそ、ご覧いただける氷河の数々は、
本当に素晴らしいかぎり。目の前の氷河の迫力に圧倒されます!

少しずつ時間をかけて、準備に勤しみたいと思います。

またこの機会を利用してご参加はいかがでしょうか。
楽しい想い出をご提供できるよう、精一杯努めさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
旅行道中のカニ料理(撮影:岡田)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年11月08日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き