期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

ペルー夢紀行の旅より戻りました。そして、やはりオススメです

2019年05月13日

サンクチュアリーロッジ(撮影:岩井)
先日、ペルー夢紀行 9日間の旅より戻りました。
今年のゴールデンウィークの旅は、令和への改元に伴い、奇跡的な10連休。
そのため出発前はこのペルーに限らず、どれもこれも何もかもがバタバタ。一部は日程変更も・・・
例年ゴールデンウィーク前はバタバタするものですが、今年はその3倍以上のインパクトはあったでしょうか。
バタバタの連続で、ご希望を叶えられないこともあり、心残りもありますが、
そんな出発前までの数ヶ月間だったかと思います。

そんな経緯のなか、私はペルーに行かせていただくご縁をいただきました。

こちらのタイトルにもありますように、マチュピチュでは、マチュピチュ遺跡前の
サンクチュアリーロッジにも宿泊する旅でした。その恩恵効果はすぐにあらわれ、
今回、オプショナルでワイナピチュ峰、マチュピチュ峰の登山にご参加をされた方は、
山登りの後、村へ戻らずすぐにチェックインをすることができました。そしてお食事は飲み放題。
そんな中、みなさまの峰へのトライアルを内心羨ましく尊敬する自分がいました。
またロッジの朝はとても静かで、テラスに行くとハチドリがいたり、ほっこりしました。
アルマス広場(撮影:岩井)
そのほか、世界遺産にも登録されているリマ旧市街、
こちらも世界遺産に登録されているナスカの地上絵も迫力がありました。
今回、ナスカの地上絵では私は見送り組でしたが、あの世界をご覧になっているのかと思うと、感慨深くなりました。
また世界遺産クスコでは標高が高いため、高濃度酸素を供給するお部屋をご用意。こちらも非常に助かりました。
ナスカの地上絵のハチドリ(撮影:平野)
今回はいろいろと物知りな方、優しくて思いやりのあるご夫婦、
若くて元気なこどもたちと、こどもたちに愛情を注ぐご両親たちから元気をいただきました。
ご参加いただいたみなさまからへは、感謝とともにこの場で改めてお礼を申しあげます。
また、同じコースですと下記の出発日が催行決定しています。

No3120 7月13日出発は催行決定しています。
高濃度酸素供給のお部屋に宿泊
あのサンクチュアリーロッジに泊まる ペルー夢紀行 9日間

改めてオススメです。いかがでしょうか。
マチュピチュ遺跡(撮影:青沼)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2019年05月13日 16:00 ) |  メッセージを送る(0)

ウユニ塩湖での4コマ漫画

2018年04月23日

南米のウユニ塩湖は360度見渡してみても何もなく、遠近法がなくなることや、
白い湖面の反射等を利用して面白いトリック写真を撮ることができます。

そこで以前みなさまと楽しんだ写真を利用して、
ちょっとしたストーリーを作ってみました。テーマは「怪獣退治」
怪獣イワゴン登場。へっへっへ・・・みなを捕まえたぞ~
あとで食べるために入れてしまえ
怪獣が寝ている間に、みな脱出。
最後はやはりこうなる。。。ごめんなさ~~~い
ウユニ塩湖、まだまだ人気です!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年04月23日 15:00 ) |  メッセージを送る(0)

チーム・モアイ結成!

2016年03月24日

アフ・トンガリキのモアイ像(撮影:岩井)
先日、南米イースター島とウユニ塩湖の旅行より戻りました。
今回のご旅行は出発当日、東京方面にて滅多にない濃霧が発生し、
出発できない事態を含めて、数名様に大きな影響が起きてしまいました。

しかし、それを取り戻すべく、現地ではチーム・モアイを結成!
ご参加できたお客様全員がモアイのTシャツをご購入。
そして、ウユニ塩湖で合流されたお客様も含めて全員がモアイ・シャツを着用!!
チーム・モアイは日々躍動しました。

飛行機がただでさえ早い時間フライトなのに、急遽更に早まったり、
ホテルが当日、突然キックアウトを食らってしまったり、
飛行機移動の予定がバス移動になったり、
飛行機の乗り継ぎ時間が短くてバタバタしたり・・・
ああ、南米だなと思う出来事がたくさん起こりました。

しかし、強固なチーム・モアイはトラブルにも揺るがず、
様々なキャラクターが躍動!旅行中盤より、Sちゃん降臨!!楽しい日々となりました。

旅の想い出を本日発送させていただきました。
このご旅行の思い出になりましたら幸いです。ありがとうございました!
アフ・タハイでの夕日(撮影:岩井)
ラノ・ララクでのモアイ像(撮影:岩井)
ウユニ塩湖のインカワシ島より(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年03月24日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

再び、南米大陸へ

2016年01月08日

イグアスの滝、アルゼンチン側悪魔ののど笛(撮影:黒石)
2月は年末年始に続き、南米大陸に行かせていただくことになりました。
行き先はイグアスの滝とボリビアです!

■2月1日ご出発
「イグアスの滝と雨季のウユニ塩湖をめぐる 13日間」

イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンをまたがる世界三大瀑布のひとつとして有名。
特にこの時期は雨季なので、水量が多いです。ボートにも乗りますので、濡れましょう!

ボリビアは、最初は町の観光。しかも、東部の都市サンタクルス(標高約400m)、
憲法上の首都スクレ(標高約2,750m)と、徐々に高度順応をしながら、
ウユニ塩湖、ラパス(ともに富士山とほぼ同じ)へと向かいます。

一面塩に囲まれたウユニ塩湖は、みなさまが楽しみにしているトリック写真撮影スポット。
現在、雨季の到来が遅くなっているとは年末の話。この1ヶ月の間に降って欲しいかぎり。
ちなみに下の写真、実物と反射した姿を逆にしていますが、分かるでしょうか。
このような写真も撮りたいものです。

よろしくお願い申しあげます。
水面に反射したウユニ塩湖。雨よ、今のうちにたくさん降ってください!(撮影:岩井)


  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年01月08日 12:00 ) |  メッセージを送る(0)

美しきボリビアの絶景

2015年08月17日

ラパス市内とアンデスの山(撮影:岩井)

今、ボリビアの首都ラパスにきています。
すり鉢状の形をした都市。上からの写真はこのとおり!
アンデスの山と町との調和が美しいです!

また、先ほどまで人気絶頂のウユニ塩湖にいました。
幸い天気にも恵まれました。
世界は広い!と実感するひと時でした。

ともにずっとここにいたいと思わせる期待以上の光景に、
しばらく皆で酔いしれました。

ウユニの朝日(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2015年08月17日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き