期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

タンザニアでの素晴らしい日々

2017年10月18日

木の下で休むライオンたち(撮影:岩井)
先日、タンザニア旅行より戻りました。
今回はサファリドライブを楽しみ、宿泊地でくつろぐのんびりとした日々でした。

ンゴロンゴロでは、世界遺産に登録されているクレーターを眺められるロッジに宿泊。
テラスからドリンクを片手に眺めるクレーターは絶景でした。
セレンゲティではお客様全員のご要望によりホテルをランクアップ。
観光後、こちらでもまたゆっくりくつろぎました。

今回の旅は多くの動物たちを見ることができました。
何よりもライオン!これだけたくさんライオンを見る機会に恵まれたのは初めてでした。
また、木にエサを運び、優雅に眠るヒョウ、
池の中でカバが喧嘩を始め、外に飛び出したり。
更にダチョウの求愛物語が2回ありました。
最初のダチョウはフラれ、次のダチョウはうまくいきました。
うまくいったダチョウを見て皆で絶叫!

余談ですが、今回キリンを見るたびに「ヨシダ〜!」と皆で叫びました。
既にご存知の方もいるかと思いますが、
京都の動物園にヨシダという名のキリンがいます。なので、ヨシダ。
元々京都の吉田山から付いた名前のようです。
ちなみに私の隣の席も吉田。
でもこちらは漢字なうえ、叫んだ瞬間どうなることやら。

また、今回は皆、日替りで同じシャツを着て楽しみました。
シャツの図柄は日ごとにモアイ、ゴリラ、アメフトチーム、ライオン、数字の順でした。
改めてありがとうございました。
象の群れ(撮影:岩井)
暑さをしのぐハイエナ(撮影:岩井)
木の上で眠るヒョウ(撮影:岩井)
ヨシダたち(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年10月18日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

たくさんの動物たちに興奮!

2017年10月12日

チーター(撮影:岩井)

タンザニアのセレンゲティに来ています。
今回はいろいろな動物に遭遇する機会に恵まれていて、ビッグファイブと呼ばれる、
象、ライオン、バッファロー、サイ、ヒョウの全てを見ました!
また、これほど毎日たくさんのライオンを見るのは初めて!というほど、ライオンたちを見ます。
さらにガゼールを狙うチーターまで!ガゼールはチーターを振り切って逃げましたが。

毎日いろいろなドラマがあって充実した日々を過ごしています。
ライオンなど他の動物たちの写真は帰国後に!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年10月12日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

タンザニアで野生の動物を

2017年09月25日

象の群れ(撮影:岩井)
10月7日よりタンザニア旅行に行かせていただきます。
タンザニアはご存知のとおり、多くの野生の動物がいます。
今回はどのような動物にお目にかかれるのか、大変楽しみです。
みなさま、よろしくお願いいたします。
出てきておくれ~(撮影:岩井)
寝転んでいるライオン(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2017年09月25日 13:00 ) |  メッセージを送る(0)

夏は「うるせえんだ!?」

2016年08月02日

ブータンの「ウルセエンダ」(撮影:岩井)
最近、東京では湿気ムンムンの暑い日が続いています。
心の中では、湿気は肌の保湿に良いなど思い、納得させています。

夏になるといつも「うるせえんだ」という言葉を思い出します。

「暑いな~」
「暑いって?、いちいちうるせえんだよ」
という意味では決してありません。

実はこの言葉、ルワンダ語で、唐辛子やスパイスの意味です。
(ルワンダはアフリカ東部にある国)

暑い日が続きますが、敢えて発汗作用を活用して、
身も心も元気であり続けたいものです。

では、食事で「ウルセエンダ」を使ってみようと思います。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2016年08月02日 13:00 ) |  メッセージを送る(0)

ヌーの川渡り、見ました!!!

2013年07月23日

ヌーの川渡り(撮影:岩井)

連泊でめぐるタンザニア・ケニア旅行より戻りました。

この時期のケニアで目玉といえば、何といっても「ヌーの川渡り」。

ビッグ・ファイブと呼ばれる野生の動物鑑賞に負けず劣らずのイベントです。

場所はマサイマラ公園。

 

マラ川周辺にヌーがたくさんいるのでおやっと思い、少し彼らから遠ざかってみると、

ヌーの群れが続々と集まってきました。その数はゆうに1000頭以上いたと思います。

シマウマはおらず、ヌーのみ。一種類だけの動物をこれだけ見るだけでも大迫力。

あるお客様が「まるでライオンキングの世界!」と仰いましたが、適当な言葉。

そして、一頭が川に飛び込み始めると一斉に他のヌーが続きました!

 

川を渡る音は、まるで川が滝が流れる音のような感じ。

この状況は10分以上続いたでしょうか。

過去に何度か見ましたが、これだけの川渡りは初めて。本当に幸運でした。

ヌーの川渡り(撮影:岩井)

みなさま、ご参加をいただき、誠にありがとうございました。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2013年07月23日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「皆で旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・ドリフターズ好き
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと

■恒久的マイブーム
・くまモン