期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

年明け後の旅行、おすすめはネパール

2018年11月09日

エベレスト遠景(撮影:佐藤)
秋も刻々と深まり、表参道のけやき並木も少しずつ色味を帯びてきました。
冬も近いのかな、また寒くなるんだよな・・・など漠然と考えたりします。

冬でも意外と暖かい国があります。それはネパール。
寒い印象のネパールですが、日中の気温が20度近くなることもあります。
また1月は空気が澄んでいるので山の景色も大変映えます。

■1月12日(土)発は催行予定
No2931 お部屋からヒマラヤの絶景を望むネパール 8日間

スワヤンブナート(撮影:岩井)
このコースはナガルコットやポカラにて、ヒマラヤの絶景をいただけるホテルにそれぞれ連泊します。
またエベレストへの遊覧飛行もお楽しみいただくチャンスがあります。
もちろん寺院をはじめとする観光地も欠かせません。

年末年始のバタバタ後、年明け初の3連休を利用して、ネパールはいかがでしょうか。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年11月09日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

美しい壁画に感嘆!

2015年03月16日

シギリヤ・ロックのシギリヤ・レディー(撮影:岩井)
先日、スリランカより戻りました。毎日30度を超すほど天気に恵まれました。
空港に到着した時点で、これは晴れる!と思いました。

スリランカでは寺院をはじめ、数多くの観光地を訪れました。
スリランカを代表する観光地は、やはりシギリヤ・ロック!
ここは世界中の人々のみならず、スリランカ国民も訪れる場所。
訪れた日は、スリランカの連休中と相まって、多くの人々でごったがえしていました。

岩の上に宮殿を建てたこと自体が凄いことです。でも、ここの中腹にあたるところに、
多くの人を引きつけてはやまない美しい女性像の壁画が残っています。
女性たちは肌のいろがばらばらであることから、これこそスリランカが世界各国と
交易をしていたという裏付けなのだそうです。

見とれていたのでずっとゆっくりしていたかったのですが、さすがに人気のスポット、
係員より「止まるな」の号令。残念ですが、指示には従わなくてはなりません。
でも僅かながらの抵抗で、少しでもゆ~っくり歩いて、堪能いたしました。
誰もが一度ご覧になってほしい場所です。

ご参加されたみなさまには、ご旅行中、大変お世話になりました。
また、ご旅行をご検討されている方、スリランカはお勧めです。シギリヤ・ロックのシギリヤ・レディー(撮影:岩井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2015年03月16日 17:00 ) |  メッセージを送る(0)

いざ、シギリヤ・ロックへ!

2015年03月10日

シギリヤ・ロックへ(撮影:岩井)

スリランカに来ています。日本とは違いこちらは夏。
朝にして気温は30度になろうとしています。

これから憧れの世界遺産シギリヤ・ロックに登ります!
報告は帰国後に改めて、いざ、参ります!



  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2015年03月10日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

スリランカまで1週間

2015年02月26日

コロンボのシーマ・マラカヤ寺院(撮影:青沼)
スリランカの旅行まであと1週間になりました。
みなさま、ご準備はいかがでしょうか。私もワクワクしながら準備しています。
準備の段階で雑談みないたことに興味を持ったりして、ついつい楽しんでいます。

たとえば、「スリジャヤワルダナプラコッテ」
かつて、衝撃を覚えた世界で2番目に長い首都名です。
今から約30年前、コロンボから首都を移転しました。
でも、どうしてこんなに名前が長いのだろう?名前を調べてみました。すると、

「スリ」は「聖なる」の意味、
「ジャヤワルダナ」は1985年に首都を遷都したときの「大統領の名前」、
「コッテ」は「15世紀の王国名」と、各々が組み合わさった名前なのだそうです。
名前が長いので、現地では略して「コーッテ」などと呼ばれています。

飛行機もコロンボに到着するように、コロンボが実質首都の機能を果たしていますが、
このように準備のなかでいろいろと紐解いてみるのも楽しいかぎりです。

観光中は、観光にこのような面白話を少しでも含めることができればと思います。

ちなみに、世界で一番長い名前の首都は、バンコクです。
「クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・
ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・
アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット」なのだそうです。
うう、覚えられない・・・すみません、いつか調べてみたいと思います。

それでは、よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2015年02月26日 12:00 ) |  メッセージを送る(0)

神秘の地シギリヤ・ロック

2015年01月30日

シギリヤ・ロック(撮影:青沼)
3月5日よりスリランカに行かせていただくことになりました。
3月5日発「憧れの"アマンリゾート"に泊まる スリランカ夢紀行 8日間」

一番のお勧めはシギリヤ・ロックです。上に登るまで1時間ほど時間がかかります。
しかし、登り切ったときの感動はこの上なく素晴らしいです!
大変かもしれませんが、上る価値はあります!
もちろんゆっくり登りますので、安心して行きましょう!

また、スリランカをご検討の方、ぜひ、ご一緒しませんか?
楽しいご旅行になるよう、精一杯努めます。よろしくお願いいたします!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井六朗 ( 2015年01月30日 12:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き