期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

年末年始は優雅なメキシコへ

2018年12月10日

チチェンイッツア遺跡(撮影:柏木)
年末年始はメキシコに行かせていただくことになりました。
この旅行はサブタイトルにもあるとおり、名門ホテルに宿泊する優雅な旅です。
メキシコシティでは3連泊、カンクンでも2連泊しますが、
その宿泊ホテルが、メキシコシティではフォーシーズンズホテル、カンクンではリッツカールトンホテル!
メキシコシティのフォーシーズンズはコロニアル調の洗練された建屋で有名です。
カンクンのリッツカールトンは、ホテルゾーンの中心部に位置していて、目の前はカリブ海!
お部屋はもちろん海側のお部屋をご用意していますので、快適なリゾート気分をお楽しみいただけます!
ご旅行中、植民地時代の大邸宅を改造した高級レストランでのディナーもご用意しています!
年末年始は楽しく優雅な時間をお過ごしください。

もちろんメキシコが誇る遺跡などの観光も欠かせません!
チチェンイッツア遺跡、テオティワカン遺跡、首都の中心地ソカロ広場など、
メキシコに築かれた史跡の数々を是非とも感じてみてください!

12月29日出発
名門ホテルに滞在し、ゆったりめぐる メキシコ夢紀行 8日間

今から楽しみではありますが、何よりもみなさまにとりまして想い出に残る楽しい旅となりますよう
私自身、精一杯努めさせていただきます。よろしくお願い申しあげます!

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年12月10日 17:00 ) |  メッセージを送る(0)

シドニー周辺の楽しい日々

2018年11月27日

ブルーマウンテンズ
先日、優雅なオーストラリア、シドニー周辺の旅より戻りました。
春から初夏にかけて、この時期は気候的に過ごしやすく、優雅な旅をアシストしてくれました。
世界遺産ブルーマウンテンズは、その名のとおり、どこか青っぽい感じがしました。
これはユーカリの木から大気に発出される油分が太陽の光にあたると、
どこか青みを帯びた感じになるのだそうです。
戯れるカンガルー
宿泊したところはどこも素晴らしかったですが、なかでも隠れ家的なヴォルガンヴァレーは、
大自然に囲まれた地。野生のカンガルーがひょっこり現れたりしました。
彼らが写真のように戯れる姿をみると、可愛くて仕方がありませんでした。
ほかにもワラルーをみたり、ウォンバットを探したり。乗馬体験も楽しみました!
シドニーのハーバーブリッジ
もちろん中心部のシドニー市内もめぐりました。お決まりのハーバーブリッジやオペラハウスはやはり迫力がありました!
美味しい食事とともに
また食べものにもこだわって、毎日美味しいものをご提供させていただきました。

帰国してしまうとあっという間ですが、みなさまとともに楽しく過ごした日々を振り返ると、
改めて感謝する自分がいます。みなさま、ありがとうございございました。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年11月27日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

変わらぬ美しきチュニジア

2018年10月31日

バルドー博物館のモザイク「ユリシーズ」
先日、復活したチュニジアより戻りました。
一言で述べると、「昔から変わっていない魅力的な国で良かった!」です。
最初に到着した空港にはじまり、ケロアン、スース、チュニス、シディブサイドの街並み、
人々の優しさや喧騒な賑わいをみせるメディナ(旧市街)、
エル・ジェムやドゥッガ、カルタゴなど古代遺跡の数々、
そしてクスクスやブリックなどの食べ物の味、どこもどれも変わっていませんでした。
強いて言えば、バルドー博物館だけ少し建増しをしていた程度でしょうか。

さて、このバルドーは、チュニジア全土で発見されたものが収集された博物館ですが、
なかでもこれだけのモザイクを展示している場所は世界でもここだけです。
そしてこの美しきモザイクを眺めると、往時の古代ローマ時代に
タイムスリップをしたような気持ちになるのも変わらずで良かったです。

一時は情勢不安とされ、見合わせていたチュニジアでしたが、
どうしてこれだけ変わらず平和なのに?と思わずにいられない日々。
そんな美しき国にみなさまと訪れることができたこと、改めて感謝申しあげます。
そして今後新たな行き先をご検討のかた、チュニジアはオススメです!
古代ローマの円形闘技場エル・ジェム何回食べても美味しいブリック世界遺産ドゥッガ遺跡
  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年10月31日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

年末年始12月27日よりニュージーランドへ

2018年10月05日

マウントクック(撮影:池田)
年末12月27日より、ニュージーランドに行かせていただくことになりました。

■12月27日出発
名峰マウントクックとロトルアの間欠泉 大自然満喫ニュージーランド 8日間

こちらの旅行は8日間、毎日が充実した内容となっています。
南島では、ミルフォード・サウンドではクルーズを楽しみ、
マウントクック国立公園ではマウントクックが見える部屋で宿泊します。

北島では、土ボタルが生息しているワイトモの鍾乳洞、
間欠泉で有名なロトルアを訪れます。

みなさまにとりまして思い出深き日々となるよう、
精一杯努めさせていただきます。

余談ですが、10月6日現在、エコノミークラス、ビジネスクラスのお席があります。
ご興味がある方、ご一緒しませんか。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年10月05日 15:00 ) |  メッセージを送る(0)

復活、チュニジアへ!

2018年09月26日

エルジェム(撮影:岩井)
旅行が復活となったチュニジアに行かせていただくことになりました。

■No.2888 10月18日出発
地中海の美しき街並みと古き良きアラブの小路散歩を楽しむチュニジア紀行 8日間

チュニジア旅行の復活に先立って、8月に弊社綾部が現地視察にまいりました。
こちらの綾部の現地視察のブログをご覧ください! → 綾部チュニジアブログ

こうした裏付けを持って今回の復活に至っています。
私自身、先日ナミビアに行かせていただきましたが、同じアフリカ大陸とはいえ
北部と南部とではまた雰囲気だけでなく、文化も異なります。

チュニジアは国土こそ小国ですが、地中海に面しているためか歴史も古く、
カルタゴ時代、古代ローマ時代、イスラム時代へと変遷があり、多様化しています。
その歴史や文化に触れる楽しみもあり、また、自然も残っている国。
そのチュニジアが復活となり、心から喜んでいます。

この喜びをご参加されるみなさまにも実感していただき、
チュニジアを満喫したいと思っております。

ご出発まで約一ヶ月ですが、ご参加希望の方、今でもお席がございます。
よろしければこの機会にご一緒しませんか。
よろしくお願い申しあげます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年09月26日 11:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き