期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

岩井六朗ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

アメリカの大自然の地へ

2018年07月09日

いざ、果てなるアメリカの大地へ!(撮影:佐藤)
まもなくアメリカ大自然の地へご一緒させていただきます。
アメリカは世界の政治経済の中心というイメージが先行します。
これはこれで正しい答えでしょうが、大自然が国土の多くを占め、
それに比例してでしょうか、穏やかで優しい人が多いのも答えです。

今回のご旅行は、そんなアメリカにある大自然が築いた神秘をご覧いただく日々です。
またそこで、穏やかなアメリカの雰囲気を味わっていただきたいと思います。
みなさま、準備はいかがですか?よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年07月09日 18:00 ) |  メッセージを送る(0)

美しきドロミテの世界より戻りました

2018年07月04日

トレ・チメ
先日、ドロミテの旅より戻りました。
お陰さまで天気にも恵まれました。

自然の世界は、天候に大きく左右されますが、ミズリーナ湖をはじめ以下のとおり!
また雲があるときも風がないため、山の稜線が消えることのない美しい光景。

ただでさえみなさまとの楽しい日々に、天候も味方をしてくれた素敵な旅となりました。
みなさま、改めてありがとうございました!
ミズリーノ湖
ポルドイ峠より
フネスの谷
カレッツァ湖

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年07月04日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

まもなくドロミテの旅

2018年06月16日

夜も賑やかなヴェローナの旧市街
先日、大学を卒業して以来の友人がSNSを通じて連絡をくれたり、
高校の違うクラスの同窓会なのに何故か呼ばれたり、
これ以外にもお誘いをいただくなど、ありがたいことが続きました。

また先日の職場にて、緊急の事案を助けてくれた社員がいました。
(青沼のブログでは私の小さなお礼の部分だけをクローズアップしていますが、こちらが事実です。)

先月はヨーロッパ以外のパンフレット作成チームが奮闘作成中、
ヨーロッパチームは裏でいろいろと我々を助けてくれていました。
仕事でも日常でも、いろいろな方々に支えられていることを再認識する機会となりました。

我々の仕事は感謝の積み重ねで成り立っています。
感謝の思いを胸に、これからもみなさまが安心してご旅行を
楽しんでいただけるよう、精一杯努めたいと思います。

まもなくドロミテの旅、よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年06月16日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

クルーズの旅へ

2018年05月02日

チヴィタベッキアに停泊するシルバーシースピリット号(撮影:関根)
みなさま、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。

ゴールデンウィーク終盤の5日からとなりますが、
地中海クルーズの旅に同行させていただきます。

■No2653 5月5日出発限定
6つ星客船で往くコルシカ島、リヴィエラからプロヴァンスをめぐる船旅 10日間

30年以上も前、「ゆっくり、じっくり、マイペース」を自身のモットーにしてみたことがありました。
今思えば、無いものねだりのモットーを掲げていたものでした。
その後に出会う「日々是決戦」の言葉の方がこれまでの日々はしっくり来ます。
(ちなみに某予備校の訓示で、今も気に入っています。)

しかし、今回の気品あるクルーズの旅は、30年前の言葉の方が似合いますね。
この期間は、みなでゆっくり、笑顔で過ごせる日々をご提供できればと考えております。
よろしくお願いいたします。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年05月02日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

大自然小笠原より戻りました

2018年04月18日

集まる魚たち
小笠原の旅より戻りました。
片道24時間の船旅でしたが、一応、東京都から東京都への移動。
しかし、都心とはまったく対照的な自然豊かなところでした。

小笠原の海の色をボニンブルーといいます。
ボニンブルーとは、下の写真の色のように濃い青色をしています。

ボニンブルーの「ボニン」って何でしょう?
元々、無人島だったこの島を、人々は「ムニン」と呼びました。
その後、住み着いた欧米人には発音しづらく、「ボニン」と呼んだのだそうです。
そのため、小笠原には、「ムニン~」「ボニン~」の呼び名が多くあります。

私たちは日中は写真のような大自然の東京の世界を楽しみ、学び、
夜はまた近場の桟橋に行ってサメやエイをみたりして楽しみました。
ご参加をいただきましたみなさま、いろいろとありがとうございました。
ボニンブルーの海と、眺める私たちの影

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 岩井 六朗 ( 2018年04月18日 10:00 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

岩井六朗

(いわいろくろう)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

岩井六朗 プロフィール

いつも無骨に全力投球。グランドツアーでの添乗回数も多く、100回を超える。お客様にお配りする「旅の想い出」のイラストを心をこめてていねいに描く意外な面も。

------------------------------
■添乗モットー
「みなで旅を楽しむ」こと。
旅はトラブルがつきものですが、トラブルとも友達になれば良き思い出になります。

■趣味・特技
・野球を軸にスポーツ全般
 Toronto Blue Jaysファン
・国内旅行
・知らない道を歩いて迷うこと
・くまモン好き