期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

川井麻紀子ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

マダガスカルの思い出 モロンダバにて

2018年12月12日

マダガスカルの首都で玄関口になるアンタナナリボより、

チャーター機で移動したモロンダバでは、バオバブを満喫しました!

島国なので、植物、動物ともに固有種が多いマダガスカルですが、

世界で10種類あるバオバブの木のうち7種を

マダガスカルでご覧いただくことができるそうです。

バオバブのジュース、バオバブの実もいただき、バオバブを満喫!

マダガスカル産のグレイワインで夕日に乾杯しました!

女子旅 4人で

グレイワインで乾杯!

並木道

バオバブの実

ガイドも含め5人乗りのチャーター機を予約しておりましたが、

たまたま重なったマダガスカル大統領選挙の候補者が

使用機材を変更したとかで、

私達にアサインされたのが11人乗りでした!

モロンダバまで優雅で快適な時間となりました。

(撮影:川井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井 麻紀子 ( 2018年12月12日 11:45 ) |  メッセージを送る(0)

ケニアの首都ナイロビでサファリ!

2018年11月21日

先日帰国しました個人旅行女子旅のマダガスカル。

あいにく往復ともにお乗り継ぎ時間があまり良くなかったので、

ご一緒させていただきましたお客様と

ご相談しました結果、往路はケニアのナイロビに1泊することになりました。


そうだ!ナイロビにはナイロビ国立公園がある!

ということで、1泊の短い滞在ではありましたが、

せかっくなので、サファリを手配させていただきました。


世界でもめずらしい都会にある国立公園で、

サファリカーよりご覧いただける動物のすぐ奥に高層ビルが並んでいます。

なんとも不思議な光景です。

ナイロビ国立公園にて(撮影:川井)

ナイロビ空港から車で約20分という距離で、

手軽に行けるのもなによりです。

ご宿泊ホテルもこのナイロビ国立公園に隣接する場所にしました。


正直、お客様もあまり期待していなかったサファリですが、

多数の動物もご覧いただけ、大変充実したナイロビになったようです!

白・黒両方のサイにも遭遇しました。

ケニア航空(撮影:川井)さて、いよいよケニアからマダガスカルに入ります。

続きは次回で。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井 麻紀子 ( 2018年11月21日 16:49 ) |  メッセージを送る(0)

ベローシファカ 飛びまくり!

2018年11月07日

個人旅行女子旅のマダガスカルより帰国しました。

フォールドファンより、相当なデコボコ道を4WD車で約3時間移動。

苦労してたどり着いた先、ベレンティー保護区で出会えたベローシファカです。

ジャンプ!

ジャンプ!

ジャンプ!

横っ飛びの姿が本当にかわいらしかったです。

ツアーの様子は、後日アップしていきます。

(撮影:全て川井)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井 麻紀子 ( 2018年11月07日 16:58 ) |  メッセージを送る(0)

マダガスカルへ、サル達に会いに行きます!

2018年10月15日

来週より、アフリカへ同行させていただきます。

今回も個人旅行で、行き先はマダガスカルです。

昨年、オカバンゴにご一緒させていただきましたお客様の一部より

今年はマダガスカルへ!とご希望をお預かりしたことからスタートし、

昨年に引き続き女子旅が叶うことになりました!


マダガスカルの玄関口、アンタナナリボへつながる航空路線があまり多くないこともあり、

お客様と相談して、まずはケニアへ入りサファリへご案内、

マダガスカルではチャーター機を利用して国内をめぐり、

旅の最後は、ヨハネスブルグのフォーシーズンズホテルで2泊

のんびりするというプランになりました。


どうしても少ないマダガスカル国内チャーター機や路線の細い定期便、

一番混み合う時期のロッジの手配など、

色々な関門を突破しながら進めてきましたので、

間もなく出発!という嬉しい気持ちと、

もう出発かというちょっと寂しい気持ちが入り混じっています。

もちろん、日程やご旅行代金!!!などご一緒させていただくお客様にも

たくさんご協力いただいたのがこのツアー催行の一番の架け橋です。

皆様には、思いっきり楽しんでいただきたいです。

ベローシファカ(撮影:松前)

 どんな子達に会えるのか、本当に楽しみです。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井 麻紀子 ( 2018年10月15日 16:32 ) |  メッセージを送る(0)

晴天のカナディアンロッキー!

2018年10月02日

2年前にアフリカへご一緒させていただきましたグループの皆様と、

カナダ・アメリカへ再びご一緒させていただき、帰国しました。

完全オーダーメイドのご旅行でした。



ご案内した日程のなかでも、印象的だったのはカナディアンロッキーです。

皆様を快晴で迎えてくれました。

山火事の影響で、天候が良くても、約1カ月もの間

なかなかその姿を見ることができなかったとのことで、

同行していただいた現地のガイドさん達が感激するほど、

こんなにはっきりとご覧いただけるは、本当に久々だった様です。

モレイン湖(撮影:川井)コロンビア大氷原(撮影:川井)

カナディアンロッキー観光の中心になるコロンビア大氷原は、

昨今の温暖化の例にもれず、どんどん氷河が溶けてきており、

現在観光として利用できる雪上車走行を続行するかどうか、

毎年協議されているみたいです。






ところで、旅の最終地はアメリカのシアトルでした。

お客様の中で学生時代をシアトルで過ごされた方がいらっしゃいまして、

今回その足跡をたどりました。

住んでいたマンション、通った学校、過ごした場所など

通常のツアーではなかなかご案内することのない思い出の場所へと

お客様に案内していただきました。




ご一緒させていただきました皆様と、

最初はアフリカ・ビクトリアの滝へ。

今回はカナダ・ナイアガラの滝へ参りましたので、

次は南米・イグアスの滝へご案内させていただきたいと勝手に思っております。

皆様と世界三大瀑布を巡ることができたら、これ以上のことはありません。

またご一緒できる日を楽しみにしております。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井 麻紀子 ( 2018年10月02日 14:39 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

川井麻紀子

(かわいまきこ)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索

川井麻紀子 プロフィール

いざという時に常に走れる肉食系ツアー責任者。イスラエルに1年間放浪した経験をもち、どんなトラブルにも立ち向かう。添乗日数は通算2,700日以上。お酒が好きな秋田県出身。

------------------------------
■添乗のモットー
安心感。信頼感。お客様の雰囲気。

■好きな国
アジア ネパール、ブータン
( 大自然と素朴な人々)
ヨーロッパ イタリア
( 美味しい食べ物とワイン陽気な人々)

■趣味
スポーツジム(エアロビクス、ボクササイズ) 部屋の掃除