期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

川井麻紀子ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

マラ川を渡るヌー

2019年09月13日

先日、タンザニアとケニアの旅より戻りました。

タンザニアではンゴロンゴロ自然保護区で、

ケニアではアンボセリ国立公園とマサイ・マラ国立保護区での

サファリへご案内する旅です。

今回も幸運なことに、たくさんの動物に遭遇できました!!
ンゴロンゴロにて ヌーの集団

ンゴロンゴロにて しまうまスリーピップスアンボセリにてキリマンジャロの頂上が見えました!今回も訪問しましたマサイ村

捕らえたシマウマを運ぶライオン

その中でもヌーの川渡りはとても印象的でした。

その集団が川の岸に到着すると、渡ろうか、渡らないか迷っている様子でした。

やっぱりここではないかも・・・、と何度も進行方向変えるので、

その方向に集まっているサファリカーも移動していきます。

その様子をしばらく見守っていたら、その時が突然やってきました!

ヌーの集団がものすごいスピードで、マラ川に突進したと思ったら、

マラ川に飛び込んでいったのです。

正確に言うと、残念ながら実際にマラ川を渡っているまさにその瞬間は逃してしまったのですが、

その直前の勢いと言ったら、表現できないほどの迫力でした。
マラ川に集まるヌー

昨今の地球の変化により、10分の1のヌーは川を渡らなくなってしまい、

一年中ケニアに滞在することもあるそうです。

それでも、多くの集団は、6~7月にかけてタンザニアのセレンゲティーからマサイ・マラに移動、

そして8~9月には再びケニアからタンザニアへと戻っていきます。

これもその年の降水量や草の状況などにより変化しているようです。

ケニア国内はセスナ機で移動ご案内しましたコースでは、ケニア国内をセスナ機で移動します。

移動時間を短縮して、サファリの時間にすることができますし、

あのオフロードを長時間移動するのは、結構大変です。

だいぶお体の負担軽減になりますし、

セスナ機からケニアの大地もご覧いただくこともできます。

帰国してからまだ10日ほどですが・・・、すでにアフリカが恋しいです。

また、いつか訪れたいと思います。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 川井 麻紀子 ( 2019年09月13日 12:15 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

川井麻紀子

(かわいまきこ)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

川井麻紀子 プロフィール

いざという時に常に走れる肉食系ツアー責任者。イスラエルに1年間放浪した経験をもち、どんなトラブルにも立ち向かう。添乗日数は通算2,700日以上。お酒が好きな秋田県出身。

------------------------------
■添乗のモットー
安心感。信頼感。お客様の雰囲気。

■好きな国
アジア ネパール、ブータン
( 大自然と素朴な人々)
ヨーロッパ イタリア
( 美味しい食べ物とワイン陽気な人々)

■趣味
スポーツジム(エアロビクス、ボクササイズ) 部屋の掃除