期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

百聞は一見にしかず~宮ヶ瀬ダム放流カレー~

2017年10月27日

おはようございます。

好天の予報を見ていてもたってもいられなくなり、予告通り昨日宮ヶ瀬の下見にいってきました。

感想(1)登山 楽しい!思っていたよりはるかに良かった!
感想(2)カレー ・・・

です。

なにからいきましょうか。

タイトルがカレーなのでカレーにしますか。

「野菜をどかしていただくと、放流の様子がよくご覧いただけます♪」と説明されます
ご指示の通り、野菜、ハムをすべてどかしてみました。小皿は自分で取りに行きます
このソーセージを抜くとカレーの放流です
じゃ~ん、放流成功!
この余興のためにご飯をぎゅうぎゅうに固めてあります。

個人的にはそれが好みに合わず・・・

量は多くなく、カレーは少し甘みがあり、値段は1,000円。

「せっかくなので記念に・・・」という目的ならいいと思いますが、黒石は1回で十分。

でも、どのダムにもダムカレーがあり、そこに関心をもった人たちがダムカレー協会というような団体を設立しているようですので、またどこかで見つけたらチャレンジします。

さて、山のレポートに進みましょう。

どのルートにするか色々迷って迷って迷いまくった結果、宮ヶ瀬湖の西側の仏果山登山口から高取山に登り、東のダム側に下りるルートを選んでみました。

登山口から眺める宮ヶ瀬湖
バスを降りる「仏果山登山口」バス停
登山口
木に隠れてしまっている登山道案内図。宮ヶ瀬越、高取山経由、ダムに下りるルートを選択
高取山頂まで2.5km。近い
と、こんな感じで登山がスタートします。

ざっくり下見の所要時間をご案内しておくと・・・

08:40 登山開始(標高約300m)
09:55 宮ヶ瀬越(標高633m)
10:10 高取山頂(標高705m)※所要1時間30分 2.5km
10:30 山頂出発(下山開始)
11:20 宮ヶ瀬ダム(下山完了)※所要50分 2.1km

となりました。

途中の短い休憩や山頂で展望台に上がっていた時間を含めても全行程で2時間40分。

お客様と歩く場合、登り、下りでそれぞれプラス1時間が目安かなと思いますので、5時間程度だと思います。

登山道は、登り始めてすぐに、恐らく先日の台風の影響だと思われる崩れた箇所があったり、最大の難所となる50mくらい高度を一気に上げる場所があったりはしますが、全体的に非常にやさしいルートです。

下山は、下り始めてすぐにやせ尾根があり、一部補助ロープを設置してある場所がありました。

また、一番最後は階段状になった道を150m弱、一気に下ってダムに出ます。

若干注意がいるのはその程度でしょうか。

あとは・・・

いたるところに「山ビル注意」の看板がありますので、丈の長いしっかりしたトレッキングパンツ、膝下までくる厚みのあるトレッキング用の靴下、最低でもくるぶしは隠れるトレッキングシューズはあった方がいいと思います。

では、続けて山行の様子です。

やさしい登山道
この先に高さ50mほどの唯一の急登あり
途中にテーブルやベンチがあったりします
高取山の山頂
さすがに山頂は標高705mしかありませんので樹林帯であまり見晴らしがよくありません。

この標高ではミズナラもなく(なかったと思います)、ブナもまだですね。

でもいいものがありました。

展望台、天気が良かったら絶対に上るべき
山頂の展望台。

これはかなりのお勧めです。

天気が良かったらぜひ上がってください。

すばらしいパノラマが広がっています。

左端の大山から丹沢最高峰の蛭ヶ岳(右のとんがり)あたりまでの丹沢山塊
丹沢山塊北側。左手前のピークは日本百名山の丹沢山
北の秩父方面と宮ヶ瀬ダム
相模原、町田方向
まさかこんな景色が見られるとは思っていませんでした。

通勤で使う最寄り駅の新百合ヶ丘から本厚木は急行で所要23分。

本厚木から登山口まではバスで約50分。

かなり気軽かつ手軽の来られるエリアでこの景色。

まだ登山、ハイキングのルートはあるので、来年のハイキング倶楽部にむけてもう少し時間をかけて掘り下げてみたいと思いました。

冬でも来られますしね。

最後はダムを少しだけ。

真上から見下ろしたところ
真ん中あたりの展望台より(ランドマークタワーが確かに見えていました)
ど真ん中、よ~く見るとランドマークタワーあり
下から見上げるダム
以上です。

ダムの上で2組3名の方が長さ50cmに達するかというくらいのなが~いバズーカのようなレンズを装着したカメラを森の方向にむけていました。

「何の撮影ですか?」とたずねたところ、「鷹ですよ」とのこと。

鳥マニアの方にもいいかもしれません。

さて、ここまで読んで「歩いてみようかな~」と思った方は、以下のページからお申し込みを。

【催行決定】神奈川県の水源 秋の宮ヶ瀬湖・高取山ハイキング

今回、志波さんは同行しません。

スタッフは黒石と、あと1名、会社で最も若いスタッフをハイキング倶楽部の新メンバーとして連れて行きます。

お客様とご一緒するのは初めてのスタッフですので、ぜひぜひみなさまにもご指導、ご鞭撻をお願いいたします♪

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2017年10月27日 08:21 ) |  メッセージを送る(0)

11月11日(土)宮ヶ瀬湖ハイキングやります!

2017年10月25日

恒例(?)の本文とまったく関係ないネタからとなります・・・お付き合いください。

川崎の沖堤防にて かなり小さいシーバス
10/22 横浜の一番奥にある堤防にて 49cm
10/22 横浜の一番奥にある堤防にて 60cm
海の中ではだいぶ魚の活性が上がっているようで、コンスタントにシーバス(スズキ)が釣れるようになってきました。

さて本題。

釣りは雨でも強行できるのですが、ハイキングの下見はどうしてもできないので長らく延び延びになっていた、11月11日(土)の神奈川県丹沢エリア、宮ヶ瀬湖のハイキング。

という名の、高尾山程度だろうと思っている登山。

様子はよくわかっていないのですが、とにかく実施をすることに決めました。

概要は以下のページからご確認ください。
【催行決定・まもなく詳細発表】神奈川県の水源 秋の宮ヶ瀬湖ハイキング

お客様の参加人数に関わらず、とにかく1名でも参加していただけるのであれば(といいながら実は4名の方からすでにお申し込みが)やります。

参加費用は2,000円でお願いします。

この週末には必ず下見を、と思っていたのですがまたまた微妙な天気予報になってきてしまったので、思い切って明日(10月26日)、会社を休んで歩いてきます。

カレーも食べてきます。

実際に見てきた結果、内容が変わる可能性はありますことをご承知置きください。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2017年10月25日 14:42 ) |  メッセージを送る(0)

金峰山 2日目

2017年10月12日

金峰山2日目。

を、レポートしようと思うのですが、その前に最近驚いたことをひとつ。

黒石が所属する総務部門の女性スタッフが足首の骨折(3ヶ所)により松葉杖の生活を強いられています。

手術と入院を経て出社はしているのですが、かなり大変そうです。

そして驚いたことというのは・・・

松葉杖をつくような状態であっても電車で優先席を譲られることはほぼないというのです。

そればかりか、慌てて電車に乗ってきた方が松葉杖を思い切り蹴飛ばすようなこともあるのだとか。

このことは病院でもあらかじめ予告されていたとのことですので、たまたまではないようです。

席を譲る義務があるわけではないとはいえ、もう少し思いやる気持ちをもてる人が増えるとより良い日本になるのになぁと感じた次第です。

と、脱線はここまで。

2日目の行程は以下の通りでした。

6:19金峰山小屋出発~7:13砂払いの頭(この先から樹林帯)~8:16大日岩(おにぎりタイム)~10:17富士見平小屋(トイレとおにぎりタイム)~11:20瑞牆山荘

朝食は雑炊
ちょっと暗かったのでうまく写真が撮れていませんが、朝食は雑炊(しょうが汁?)、ピータン、漬物、オレンジの軽いもの。

これをお腹に入れ、昼食または行動食となるおにぎりを受け取って小屋を出発。

準備運動後に1枚。雲上に南アルプスと中央アルプス
左は南アルプスの鋸岳(右)甲斐駒ケ岳(真ん中の三角)、仙丈ケ岳(左の三角)、真ん中奥が中央アルプス、右の奥に御嶽山も。

良い天気♪

最高です。

歩き始めてすぐに今度はこちら。

奥が八ヶ岳、真ん中に雲をまとった瑞牆山
すばらしい。

ブラボー♪

ほんとにこの日を選んで良かったです。

小屋を出て前日と同じ道を大弛峠に戻るという選択肢もあり、そちらの方が楽なルートではあります。

しかし、こちらの方が眺望がいいという志波さんのお勧めで選んだルート。

その選択は正しかった!

稜線上から南アルプス
南アルプスの北中部
ヤツ
奥の霞の中に北アルプスの後立山連峰
よっ!日本一!(静岡側の方がいいですよ♪)

志波さんありがとー!

山"も"いいね~♪

このあと、軽い鎖場も通過しながら高低差約1000mの道をひたすら下山。

日本アルプスの1000mはもっと傾斜がきつかったり岩が多くて歩きにくかったりするのですが、このルートはそんなこともなく。

楽しい山歩き。

色づくナナカマド
モミジの仲間
砂払いの頭から樹林帯に入ると視界がなくなりますといわれていましたが、所々山が姿を見せてくれます。

南アルプスがど~ん
下ってくると登山道はさらに幅も広く歩きやすくなってきます。

これならどなたでも楽しめそうですよね
そして「あの」富士見平小屋。

小屋の建物
小屋前のテント場
小屋がどうの、ということはないのですが、2014年10月25・26日に実施したハイキング倶楽部で瑞牆山に登った際、小屋近くの水場のすぐ上で用を足してしまった男性ファミリーがいて、小屋のご主人が激怒し怒鳴り倒していました。

そのことを覚えている方もいて、何回か話題になっていたため、「あの」になったわけです。

今回は平和な空気が流れていましたのでご安心ください。

山行が終わりに近づくころ、尾根から瑞牆山が姿を現しました。

かっこいい
見た目は岩だらけですが、登るのは大変ではありません。

ここからは尾根を離れ、林道を横切りながら瑞牆山荘をめざしさらに歩きやすい道へ。

いよいよ1泊2日の山行も終わり。

このルートのいいところは、ゴールの瑞牆山荘にごほうびがあること。

それがこれ。
名物レアチーズケーキ
名物手ごねハンバーグ(手作りなのに手ごねじゃないハンバーグってあるの?)
本日のパスタ(しめじとナスと・・・なんだったかな)
瑞牆山荘
山荘のテラスに座って料理を待つ間、心地よい風に吹かれながら志波さんとともに「いいですね~」としみじみ。

前夜、小屋の角材に尾てい骨を強打しずきずきと痛みを抱えていたことを忘れ、ひとときの山の時間を楽しみました。

なお、瑞牆山荘から韮崎駅までのバスでは座れたのですが、韮崎から立川までの特急あずさでは席がなくデッキで1時間20分立ちっぱなし。

乗り換えたJR南武線も立ちっぱなし。

そして最後、某駅からバスに乗る前、ベンチの席を空けてくれて私に座ることを勧めてくれた親子連れの方に、「ありがとうございます、でもお尻が痛いので座らなくて大丈夫ですよ」といってしまったことを今でも後悔。

痛恨の極み。

くしゃみをするだけで激痛が走るほど尾てい骨が痛いので硬いベンチに座りたくなかっただけ!

でもたぶん、「お尻が痛い」と聞いたら誰でも「この人、痔なんだわ・・・」と思いますよね・・・

違うんです、尾てい骨が痛いんです!

恥ずかしい・・・

本日現在、急に立ち上がろうとしたりすると「ずきんっ」と痛みます。

くしゃみをすると「いて~~っ!」と声が出るほど。

ひびでも入ってるのかな。

週末は雨予報で11月のハイキングの下見ができないので2週間ぶりの釣りに東京湾の沖堤防にいこうと思ってるのに、これじゃ堤防の上り下りができないじゃないか・・・

と、釣りのことを心配しているハイキング倶楽部の黒石でした♪

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2017年10月12日 11:41 ) |  メッセージを送る(0)

金峰山 1日目

2017年10月11日

まじめに山行をレポートします。

1日目、集合はJR中央本線の塩山(えんざん)駅。

いつもは南口ロータリーの集合が多かったのですが今回は北口だったためとまどう方がちらほら。

また、行きは塩山駅、帰りは韮崎駅からという変則的なルート(航空業界でいうところのオープンジョー)で一応ご案内はしていたつもりだったのですが塩山往復で特急券を予約されているお客様もちらほら。

もっと丁寧にご案内すべきだったと真剣に反省しつつ、「志波さんが選んだルートだったんです♪」と人のせいにしてみたり(もちろん冗談です)。

9:00に塩山駅を出発。

10:00過ぎに大弛峠に到着。

前日の雨から天候が回復していることもあってか峠は駐車場に停め切れなかったたくさんの車が路上に駐車。

ちょうど混んでいる時間にあたったようで女性用トイレは長蛇の列。

用を足してからいつもの準備体操をして、いざ出発となりました。

厳しい指摘をされていた車がありました
鳥瞰図で全体の行程を確認
登山道へ
【初日の行程】10:46大弛峠出発~11:40朝日峠~途中でお昼休憩~12:53朝日岳~14:40金峰山頂~五丈岩~15:25金峰山小屋到着

上記が1日目のタイムスケジュール。

峠から金峰山まで通常のコースタイムは2時間30分ですが、早く着き過ぎないように志波さんがペース調整をしたことでちょうどいい時間に小屋へ到着できました。

昨日のブログでもご紹介した通り、このルートはとても歩きやすいのであまり経験がない方でも問題ないと思います。

ただ、すれ違う他の登山客で非常に軽装の方やダウンジャケットを着て歩いているような方が結構いらしたのは気になりました。

初心者でも歩けるルートとはいえ、濡れた木の根や岩の上はジョギングシューズやスニーカーではつるっつるに滑ります。

ダウンジャケットは通常、稜線上などで休憩する際に体が冷えないように着るもので、歩きながらでは暑くて汗をかいてしまい、その後体温が奪われることになるので適しません。

もう少し心構えと準備が必要なのではないか、と感じた次第です。

さて、登山道。

こんな感じです。

スタート直後
朝日峠から朝日岳の途中
朝日岳(視界なし)
朝日岳からの下降(朝日岳前後だけ岩場あり)

五丈岩(真ん中上左の突起)と金峰山頂が見えてきました
左にレタス栽培の川上村
いかがでしょうか。

この日の山行中は夕方まで雲とガスで視界があまりなく、特に山梨県側が見えていませんでした。

金峰山頂が近づいてくるとハイマツに囲まれた視界の開けた場所に出ます。

そこからは宿泊の金峰山小屋も視界に。

あと少しで到着だと思うと晴れ晴れした気分になってきます。

右に小屋が見えています
そして、いよいよ山頂。

若干ルート選択を誤って岩場を乗り越える形になってしまったのですが、無事登頂。

ガスがひどい...
シンボルの五丈岩は山頂からほんの少し下に。

慌てて撮ったので曲がってしまった...
しばらく時間を過ごしたあと、山頂から下って小屋をめざします。

最後の下り
そして、小屋に到着。

金峰山小屋(撮影は夕方)
小屋は収容60名ほどでこの日はほぼいっぱいの状態。

若いご夫婦が2人で切り盛りをしているので食事などは完全セルフサービスです。

夕食は2回制で1回目は17時。

我々は2回目の18時からなので、その時間まではいつもの宴会。

1回目の食事が始まると団らん室から出なければいけないのですが、ちょうど日没の時間。

しかも雲海のから山の姿が見えていたので全員で外へ。

すこにはすばらしい景色が広がっていたのでした。

遠くに甲斐駒の山頂付近がにょきっと姿を見せています
そして八ヶ岳
この日の夕食はチキンソテーがメインでお米とサラダが添えられたワンプレートディッシュ。

ご飯のおかわりに合わせてカレーも用意してくれています。

が!

しかし!

食べるのに夢中で写真を撮り忘れました!

小屋の消灯は20:30。

かいこ棚の就寝スペースで個室でもないですし男女の区別もなく寝るのはどこの山小屋も同じ。

ですが、なんと1人1枚の布団が確保されているためだいぶ快適に夜を過ごすこともできました。

まあ、20:30に消灯ですから、最初に目が覚めたのは1:47だったのですが。

これも山小屋あるあるですね。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2017年10月11日 09:36 ) |  メッセージを送る(0)

10月8日ハイキング倶楽部 金峰山

2017年10月10日

個人的な最大記録更新です

おはようございます。

10月8・9日の2日間で約1年振りとなるハイキング倶楽部の国内登山を実施しました。

といいながら、冒頭は9月最終の土曜日の釣果から。

誰も興味はないと思いますが、57cmのシーバス(スズキのサイズまであと3cmのフッコ)が釣れました♪

さて本題。

秋の3連休。

本来であれば土日の2日間での山行を選択し、祝日の月曜日は休養にあてるところではあるのですが、志波さんのガイド業のスケジュールとの兼ね合いで日祝での開催。

土曜日は午前中が雨でしたので結果的にはこれが大正解。

久しぶりではありながらも本当に楽しい2日間となったのでした。

今回選択したのは山梨と長野の境にある日本百名山の金峰山(きんぷさん)。

自家用車でアクセスできる日本最高所の大弛峠(おおだるみとうげ)まで貸切のジャンボタクシーを手配。

そこから朝日岳を通過しつつ金峰山をめざし、山頂直下にある金峰山小屋(きんぽうさんごや)で1泊。

翌日は同じルートではなく登頂ルートの反対側の稜線付近を下って瑞牆山荘(みずがきさんそう)をめざしました。

このルート、なかなか良かったです。

なんといっても初日の登りは高低差が235m(実際はアップダウンがあるため延べの高低差はもっとあります)、かつルートも歩きやすく、下りも山頂直下に岩場、ルート上に軽い鎖場が3ヶ所ありますが全体としては歩きやすくなっています。

山行数日前の冷え込みで一部の木々は色づきはじめ、まさに初秋といった景色に浸ることができました。

参加されたのは10名の方々。

夏のスイスのブログをみなさまよく見てくださっていたようですし、来年は利尻山のリベンジを!というご要望や、山でよく見かける某社の大きな山歩き団体では参加しづらいのでハイキング倶楽部で山に連れて行って欲しいというお声など、うれしい言葉をたくさんいただきました。

下山後はバスを待つ間、晴れ晴れとした青空を眺めながら山の涼しい空気に包まれつつ、瑞牆山荘でチーズケーキやスパゲティ、手ごねハンバーグを堪能。

とても心地よい時間を過ごすことができ、志波さんともども山の良さを改めて実感。

できる限り長く続けなければと思いを新たにしたのでした。

ということで、明日から山行のレポートをしていきます。

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2017年10月10日 10:12 ) |  メッセージを送る(0)

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

黒石智之 プロフィール

地球を舞台に遊びつくす「地球旅」のメンバー。運営するハイキング倶楽部がいつしか登山部となりつつあることに悩む総務担当でもある。富士山のお膝元、静岡県富士市出身。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・