期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

飛んでる土地

2018年05月08日

さて、旅のレポートをしていきます。

著作権の関係でGoogleマップのスクリーンショットを貼り付けられないのが残念なのですが、ぜひ良かったら下のURLをブラウザの検索窓に貼り付けてみてください。

怪しいサイトではなく、Googleマップです。

https://www.google.co.jp/maps/@25.3724896,56.346918,10z?hl=ja

画面のど真ん中あたりに丸が2つあるのが分かるでしょうか?

ここ外側の大きな丸がオマーンの飛び地で、さらにその中心にUAEの飛び地が入っているのです。

しかも、オマーンの飛び地に入る前はフジャイラ首長国、そこからオマーンの飛び地に入り、抜けて円の中心のUAEの飛び地に入るとそこはシャルジャ首長国。

不思議な不思議な場所なのです。

さて、不思議の不思議へレッツゴー(ださい・・・)!

オマーン国の飛び地マダへようこそ!の看板
国王も盛大にお迎えしてくれます♪
フジャイラ首長国から一路、オマーンの飛び地マダに入るところで、オマーン国の王スルタン・カブースがお出迎えをしてくれます。

写真はありませんがオマーン側にガソリンスタンドがあり、UAEよりも安いということで越境(?)して来る人も多いのだとか(お客様からの情報)。

オマーンの国旗が・・・見えない!!
オマーンの国旗が立つモスクがあったので写真を撮ってみたのですが・・・ちょうど翻ってしまって見えません。

残念!

さらに進むとオマーン国とシャルジャ首長国の境。

この白い柱が国境
アップ
反対側
こんな感じです。

シャルジャ首長国側の町はナワ。

この出たり入ったりだけで、実は携帯の電波もそれぞれの国のものを拾っていることに驚かされます。

携帯のスクリーンショット
分かります?

15:16にオマーンに入ったことで「Welcome」、シャルジャの飛び地から戻って再度オマーンに入ったところで「Welcome back」。

不思議ですね~。

なお、ずっとGoogleマップを見ながら現在地を確認していたのですが、そこにはない道を建設している現場に遭遇。

飛び地を貫く舗装路を整備している現場
ぴっかぴかの道しるべ
現在は途中から未舗装路になってしまい、乗用車か4WDでなければ飛び地を抜けることはできないのではないかと思います。

いつかここが開通したら・・・

また行かないと♪

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2018年05月08日 09:39 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索

黒石智之 プロフィール

地球を舞台に遊びつくす「地球旅」のメンバー。運営するハイキング倶楽部がいつしか登山部となりつつあることに悩む総務担当でもある。富士山のお膝元、静岡県富士市出身。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・