期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

中東のパリ ベイルートの今

2018年08月23日

考えてみたら、王道のレバノンの紹介をまだおこなっていませんでした。

今日はベイルートからいってみましょう。

と、思ったところで写真を確認したところ・・・

なんだか数が少ない!

まあいいでしょう。

今回の旅では、まず最初にベイルート2泊。
ここでは下町の雰囲気を見てみるためにイスラムの方が多い西ベイルートのハムラ地区に宿泊。

ホテルの部屋からハムラストリートを見下ろしてみました
部屋から撮影してみたのですが、なんだかよくわかりませんね。

ここは繁華街ですので、夜でも人通りが多いです。

周囲には軽食のレストランなどがいっぱい。

町並みはお世辞にもきれいとはいえず、下町アラブの雰囲気が漂います。

途中にカディーシャ渓谷の宿泊を挟み、2回目はダウンタウンエリアに宿泊。

そして!

写真が1枚もありません・・・

う~ん。

レバノンでは1975年から1990年にかけて、キリスト教マロン派とイスラム教徒の間の争いが内戦に発展し、ベイルートの町は破壊されました。
そのときの建造物は今でも負の遺産としてベイルートのあちこちに残されています。

私が最初に訪れた1999年には、キリスト教徒とイスラム教徒のエリアを隔てる「グリーンライン」も見学にいっていました。

内戦前は中東の金融センターとして栄え、旧宗主国であるフランスの影響が美しく整備されたベイルートの町は「中東のパリ」と呼ばれていました。

その雰囲気を、ベイルートのダウンタウンエリアは完全に取り戻そうとしています。

通りには高級レストランが並び、外のテラスで食事をする人々の姿はまさにヨーロッパで見かけるような風景そのもの。

人々は高級外車で店を訪れ、食事を楽しんでいました。

高級マンションもずらりと建ち並んでいます。

かつてのスークは真新しいショッピングセンター「ベイルートスーク」に生まれ変わり、高級ブランド品店がテナントとして入居。

かろうじて、夕食で訪れてみたダウンタウンのレストランの内部だけ写真がありますのでご覧ください。

好きな魚を選んで調理してもらえます
ベイルートスークに隣接するシーフードレストラン。

刺身もありました。

カマスや、なんだか色白な真鯛も。

地中海の海の幸、間違いないです。

食事も楽しめるのがレバノンがほかの中東地域と違うところ。

ダウンタウンにはローマ時代の名残も。

アル・アミーン・モスクとローマ遺跡
この写真もそうですが、奥に建設中のビルが見えています。

こういった光景は国中で見られ、内戦と、2006年に勃発したヒズボラとイスラエルの争いによるダメージから、ものすごい勢いで立ち直ろうとしている様子をうかがい知ることができました。

定番のスポットとしてはこんなところも。
鳩の岩
どちらかというとハムラ地区に近い西ベイルートにある鳩の岩。

特になにということはないのですが、必ず立ち寄って写真だけ撮る定番スポット。

あとは、ダウンタウンのエトワール広場(ネジメ広場)。
ちょっと写真が斜め?
時計塔の右から背後が国会議事堂。

左は金融庁。

この奥にはかつての金融センターの名残ともいえる銀行街、その上には首相府と開発復興庁。

簡単に徒歩で観光できるエリアに見所が集まっています。

町には警察や軍隊が多く配備され、万全の治安維持体制なので散策も安心。

ダウンタウンの近くに泊まっていれば、朝の散歩がてら足を延ばすことも可能。

地中海性気候でマイルド、かつ、どこにいってもそれはそれは美しい地中海とのコントラストが見られ、一言で表すと「とってもいいところ」。

本日、商品発表に向け、見積もり用の日程を作成しました。

秋と春設定でまず発表しようと思っています。

お楽しみに♪

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2018年08月23日 15:09 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

黒石智之 プロフィール

地球を舞台に遊びつくす「地球旅」のメンバー。運営するハイキング倶楽部がいつしか登山部となりつつあることに悩む総務担当でもある。富士山のお膝元、静岡県富士市出身。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・