期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

レバノン 海がある景色

2018年08月29日

本日は「海」でいきましょう。

Googleマップでも世界地図でもなんでもいいのですが、レバノンの位置を見ていただけると、そこは地中海の東の外れであることがわかります。

紅海、アラビア海とは違う、ヨーロッパに続く海。

フェニキアの民もこの海に漕ぎ出し、カルタゴと名付けた新しい場所で新しい国家を築き、ポエニ戦争でローマに敗れるまで、地中海の覇権を握っていたことはあまりにも有名。

海、まじきれいです。

ご一緒されたお客様が「レバノンっていいところね~」と仰っていたのも、この海と、海が醸し出す雰囲気があってこそ。

サイダ 海の城塞
トップバッターは南部サイダにある海の城塞(SEA CASTLE)。

レバノンではどこもそうなのですが、町があるところは大抵、もともとフェニキアの民が定着し、ローマが来て、今見られるものは十字軍かオスマントルコの時代のもの。

ここもその例にもれず。

聖地エルサレム奪回のために派遣された第1回十字軍の時代に建造された砦の跡。

サイダのランドマークというか、外せない観光スポットです。

この町の港もフェニキアの時代からのもので、今でも普通に使われています。

そこには魚市場もあり、市場外で黒鯛を売っている光景も見かけました。

サイズは小ぶり
東京湾の堤防際でよく釣られている黒鯛は40cm以上のものが一般的ですが、ここではそれより小さなサイズ。

刺身にするには小さすぎますが、塩焼きだったり、素揚げにするならベスト。

写真下手か!
これがこの日のメイン。

1人1匹黒鯛が出されました。

旅行中でこれがまちがいなく一番おいしかったのに、どうして写真になると貧相になってしまうのでしょう・・・

なお、日本以外の国では頭を右にして皿に置かれる場合がほとんどだということ、ご存知でしたでしょうか?

日本の常識、世界の非常識の一例です。

モスクか教会の建物が見えます
海の城塞の沖には小島があり、人々が海水浴を楽しんでいました。

続いてビブロス。

ビブロスその1
ビブロスその2
世界最古の町シリーズというものがあります。

1. 世界最古の町(人が定着した) イスラエルのエリコ
2. 世界最古の町(人が住み続けている) レバノンのビブロス
3. 世界最古の町(都として存在し続けている) シリアのダマスカス

こんなガイドさんの説明でした。

都市の重要性はベイルートなどに移っていきましたが、人々の営みが途絶えることなく、フェニキアの時代から脈々と引き継がれ、今に至っているのがビブロス。

ビブリオン(本)、ビブル(=バイブル、聖書)という言葉は、すべてビブロスが語源になっているといわれています。

残っている遺跡の姿よりも、歴史上の重要性やベイルート国立博物館で見られる発掘された品々の方が価値があるのですが、美しい地中海と遺跡のコントラストは最高です。

1枚目の写真は元々遺跡の上に建っていた家屋だそうで、周囲の家々は発掘のためにすべて撤去したものの、1軒だけ残してあり、ゆくゆくは博物館にするとのこと。

遺跡の隣には港があります。

ビブロスの港その1
ビブロスの港その2
1枚目の写真、真ん中右よりにある四角い建物が遺跡に残る十字軍時代の砦の跡。

2枚目の写真中央の四角い建造物が・・・確か、元々のフェニキアの港にオスマントルコが造った砦といっていたような。

同行してくれたガイドさんは、「一番住みたいのはビブロス。仕事でベイルートにいくのが大変(渋滞も多い)だから無理だけど」といっていました。

この港の隣には、海に面した雰囲気のいいホテルがありました。

左の建物です
通りを挟んで地中海。

ホテルの施設
このホテル、部屋数が少ないので旅行会社としては使いにくいホテルなのですが・・・

見てしまったからにはどうしても使ってみたく、まもなく発表する商品ではここの宿泊を組み込むことにしました♪

最高だな~

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2018年08月29日 10:41 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索

黒石智之 プロフィール

地球を舞台に遊びつくす「地球旅」のメンバー。運営するハイキング倶楽部がいつしか登山部となりつつあることに悩む総務担当でもある。富士山のお膝元、静岡県富士市出身。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・