期待を超える「感動」がある。

ツアー責任者ブログ

期待を超える「感動」がある。

黒石智之ブログ

世界を舞台に活躍する、JTBグランドツアー ツアー責任者(添乗員)のブログです。
ご旅行に参加される皆様へのメッセージ、おすすめの海外旅行情報などをお届けします。

レバノン シューフ山地の変な館

2018年09月05日

そろそろネタが尽きてきました。

今日は苦し紛れのネタ。
(某大手旅行会社の"変な"シリーズとの関連性はありません)

ちなみにレバノンの商品化は着々と進んでおり、グランドツアーニュース、ウェブの商品ページ、メルマガで随時発表していきます。
興味のある方がいらっしゃるようであればご覧ください。

まずは11月と3月のみの設定です。

さて本題。

レバノンの南寄りにシューフ山地と呼ばれている山岳部があります。

サイダを訪れる際にセットで訪問。

通常はベイト・エッディーンという見ごたえのある館がメインなのですが、今回は違う場所にも試し立ち寄ってみました。

その館の名は「ムーサ・キャッスル」。
Googleマップで表示されていて、なんとなく興味があったので日程に組み込んではみたものの、これは一体何なのかまったくわかっていませんでした。

商品化してもみなさまをご案内することはありません。
間違いなくないです。

館の入り口
この館、ムーサさんという男性が中学校時代に「こんな家を建てた~い」と思ったことがきっかけ。

授業中に家のイメージがひらめき、ノートにその絵を描いていて先生にこっぴどく叱られたのだとか。

石材の切り出しからなにからをすべてひとりでおこなって、完成までに60年。

同行してくれたガイドさんは「・・・」。
「いろいろ伝わっていることはあるけど、どれもまゆつばっぽい」。

なるほど。

それはそれでまあいいとします。
百聞は一見にしかずですので、自分の目でどんなところか確かめてみる必要はあるでしょう。

にぎわってますね~
肖像権の心配が・・・
ないわ!
謎のステンドグラス
増築された新館の出口に近づくときれいなトイレがいっぱいあるので安心です♪
(たぶん二度といきませんけど・・・)

  • ツアーを探す
  • メルマガ登録
Posted by 黒石 智之 ( 2018年09月05日 11:55 ) |  メッセージを送る(0)

メッセージを送る

パンフレット請求

ツアー責任者(添乗員)

ツアー責任者(添乗員)

黒石智之

(くろいしともゆき)

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索

黒石智之 プロフィール

地球を舞台に遊びつくす「地球旅」のメンバー。運営するハイキング倶楽部がいつしか登山部となりつつあることに悩む総務担当でもある。富士山のお膝元、静岡県富士市出身。
------------------------------
■添乗モットー
お客様と添乗員の旅ではなく、旅仲間同士として旅を楽しみたい

■好きな国・地域
北アフリカ、中近東などのイスラム圏。旧東欧諸国、特にルーマニア。トゥルヒーヨ、チクラヨを中心とするペルーの北部海岸地域(以前行った時には完成していなかったシカン博物館にどうしても行ってみたい)。大自然系ではチベットのヒマラヤ山脈、ギアナ高地、ナミブ砂漠、南極、死ぬまでにもう1回訪れたい思い出の国はポルトガル。

■趣味・特技
昔は空手(極真)、今は山歩き(昔は嫌いだった)と資格取得。ただ、熱しやすく冷めやすい性格なので、長続きしないことが多いです・・・